日本の教育は「意見を育てる」ことには圧倒的に弱い

非常に面白い記事を立て続けに2つ読んだので少し書いてみたくなりました。 1つは幼児教育、もう1つは中学、高校の教育に関してです。 1 AI時代に「勝ち残る子」を育てる~先生が「教えない」ほうが学力は伸びる 日経ビジネスオ続きを読む “日本の教育は「意見を育てる」ことには圧倒的に弱い”

憲法改正の前に大事なこと

8月30日デュッセルドルフ Black Boxで「不思議なクニの憲法」が上映されます。 英語字幕がつくことになったとのことです。ますます期待が高まります。日本人以外の方でも英語で観ることができるので友人知人をお誘いの上ぜ続きを読む “憲法改正の前に大事なこと”

憲法改正

憲法を改正するということ自体は悪いことではありません。問題はそこではありません。一番問題なのは、多くの国民が無関心でほとんど何も知らない、知ろうとしない今の状況です。 憲法改正の際には国民投票があります。私たち自身のこと続きを読む “憲法改正”

私たちの憲法 大きな転換点にいる私たち

オリンピックまっただ中、メダルラッシュに沸いている日本。 参議院選挙が終わり、しばし憲法改正の話題が出ていましたが、今は小休止? でも、オリンピック後にはまた憲法のことが話題に上ってくることでしょう。 戦後、日本国憲法は続きを読む “私たちの憲法 大きな転換点にいる私たち”

数学:土台となる力をつける

数学が苦手な子は、中1のうちに中3までの計算をしたらよいのはなぜかというと・・・   中学校の数学では、大きく分けて計算と図形、これがほとんどを占めています。 ところが図形でも計算が必要です。 日本の場合は計算続きを読む “数学:土台となる力をつける”

数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?

いいんです。 こどもは色々。状況も色々。みんな一律の枠にはめるのはオトナの都合、教える側の都合です。いい先生なら普通、生徒を不平等に扱います。もとい、子供の違いに応じて変幻自在に対応を変えます。伸びるものはどんどん伸ばせ続きを読む “数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?”

クリエイティブな子供たち6 教育の目的 「学問のすすめ」の70年後

前回までは「学問のすすめ」初篇を紹介しました。本当は全編じっくり扱いたいのですが…… ぜひお読みください。 福沢諭吉は教育の目的をたった一言で言い表すならば、「人類の平安のため」と言い切りました。そして、国民1人1人が賢続きを読む “クリエイティブな子供たち6 教育の目的 「学問のすすめ」の70年後”

クリエイティブな子供たち5 教育の目的 福沢諭吉編2

前の記事から間隔が空いてしまいました。まだ学問のすすめ 初編のしかも途中だったのですが、続き を見ていきたいと思います。さすがに学問のすすめに関しては長くなりそうです。 初篇の続き 人の一身も一国も、天の道理に基づきて不続きを読む “クリエイティブな子供たち5 教育の目的 福沢諭吉編2”

クリエイティブな子供たち4 教育の目的~福沢諭吉編

前回は新渡戸稲造の「教育の目的」を読んでみました。 今回は福沢諭吉です。福沢諭吉と言えば「学問のすすめ」 でも、実際に読んだことがある人は非常に少ないのではないでしょうか。 しかし、これはすべての人に必ず読んでもらいたい続きを読む “クリエイティブな子供たち4 教育の目的~福沢諭吉編”

クリエイティブな子供たち3 教育の目的~新渡戸稲造編

学校、教育、勉強の目的って何でしょうか? 前回、真剣に考えてみませんか?などと言ってはみたもののあんまり真面目くさってもよくないので少し気楽にいきましょうか。 まあ、最近は便利なもので、課題が出されてもグーグル先生に尋ね続きを読む “クリエイティブな子供たち3 教育の目的~新渡戸稲造編”

クリエイティブな子供たち2 根本的に考える

受験と一口に言っても本当に色々です。 すべてをひとくくりにして単純に受験そのものを良い、悪いと判断することはできません。 ただ、全員が全員同じことをやらなければいけないような状況というのは非常に疑問を感じますし、わけもわ続きを読む “クリエイティブな子供たち2 根本的に考える”

クリエイティブな子供たち

随分前、日本に居た頃は某大手中学受験塾で理科の講師をしていました。 たくさんの子供たちを見て色々なことを感じました。 大人の当たり前は子供にとっては当たり前でも何でもなかったりします。 本当に色々な子がいます。 例えば国続きを読む “クリエイティブな子供たち”

日本とドイツの教育?

このところ教育に関連して興味深いお話を聞く機会が立て続けに聞く機会がありました。 日本で生まれ育ってきた人間が外国に住んでみると当然ながら驚くことがたくさんあります。そうしたときに日本の基準を持ち込まずになるべくニュート続きを読む “日本とドイツの教育?”