ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い

ドイツでは、先日やっとレストランの店内営業が出来るようになりました。 と思いきや、感染者率指数が再び35(10万人中)を超えて、店内飲食はワクチン接種の証明書か、コロナテストの陰性証明が必要になりました。 この週末で、1続きを読む “ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い”

本当は何も考えていなかった

結婚して20年になる家内から言われました。 「最近やっと分かってきた…」 「何が?」 今までず〜〜〜っと、「この人(= 私のこと😰)は一体何を考えているのか?」と思っていたそうです。 プロポーズの時以来。 プロポーズの時続きを読む “本当は何も考えていなかった”

坐骨神経痛持ちはボケにくい?

という嬉しいニュースを聞きました。 万物に長短ありとは言いますが、まさか坐骨神経痛に長所があるとは… 神経が常にピリピリしているのでボケにくいそうです。 ひょっとすると神経痛なら、坐骨神経痛に限らず何でもそうなのかもしれ続きを読む “坐骨神経痛持ちはボケにくい?”

マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️

世の中には、とてもお節介な人たちがいます。 例えばマスク警察。 でも今は、マスクはもう世界中で当たり前。 今度はそろそろワクチン警察が現れるのでは? と思っていた矢先… 何と、とんでもない至近距離で現れました。 うちの家続きを読む “マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️”

コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題

トリアージとは何か、先日も書きましたが、千葉県のオフィシャルサイトの説明が分かりやすいので引用します…: 大震災のような大規模災害の時には、多くの負傷者や病人が出ますが、それに十分対応できるだけの薬も設備も人手もありませ続きを読む “コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題”

味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…

ブログ仲間?の「mame58さん」さんのブログで気が付いたことがあります。 腸内環境を良くすると、免疫力が上がるのは今日ではもうかなり知れ渡ったことです。 そこで、その腸内環境を良くする食べ物を食べることが良いとされてい続きを読む “味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…”

とても珍しい、腰の筋肉痛

若い頃から運動中毒な方なので、色々な運動をしていて、軽い筋肉痛はしょっちゅうありました。 筋肉痛ではなくて、筋肉が勝手にピクピクすることもあります。 見ていると面白くて、その部分がピクピクと動くのです。 でもその筋肉痛は続きを読む “とても珍しい、腰の筋肉痛”

ついに「ユーチューバー」としてデビュー

このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む “ついに「ユーチューバー」としてデビュー”

太らない方法があることをご存知ですか?

その方法とは、基礎代謝を上げることです。 基礎代謝とは、身体を動かさなくてもエネルギーを消費することです。 例えば寝たきりの状態。 基礎代謝は、普通の生活のエネルギー代謝の6〜7割だそうです。 つまり寝たきりでも、6、7続きを読む “太らない方法があることをご存知ですか?”

日本とドイツのコロナ事情

情報元は、武田邦彦教授他、コロナの恐怖を煽る大手メディアとは正反対の人たちの意見です。 日本では、コロナによる死者数は、例年のインフルエンザのそれより少ないそうです。 しかも、お亡くなりになるのはかなりご高齢の方が多く、続きを読む “日本とドイツのコロナ事情”

Corona situation in Japan

In Japan, politicians decided to postpone the economical restriction for restaurants for Corona until end of J続きを読む “Corona situation in Japan”

101際の現役サラリーマン

偶然見つけました。 123歳までピンコロ(*)で生きようと思っている私には(実は半分は冗談なので…😅)、驚愕とともに、とても励みとなる人です。 * 寝たきりではなく、ごく普通にピンピン生きて、その時が来たらコロッと逝くこ続きを読む “101際の現役サラリーマン”

再び怪我…

和牛をさばいていて、左手の親指を切りました。 どうも私はそういう星の下に生まれたとしか考えられません。 幼児の頃から怪我が付き物で、身体中に骨折跡が十数ヶ所、縫い跡は20針以上。 今回のように、縫うまでに至らない、それで続きを読む “再び怪我…”

北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか?

月刊誌「致知」12月号からです。 ノーベル賞、生理学・医学賞受賞者、大村智、北里大学特別栄誉教授の記事です。 北里柴三郎さんは、その昔に日本人の医者として世界的にも大活躍して、ノーベル賞候補にまで上がったそうです。 当時続きを読む “北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか?”

サプリは本当に必要?

とは思えません。 毎日飲む分には… サプリのメーカーに、DHC社というのがあります。 地上波や、朝日毎日の偏向報道、捏造報道に騙されないように虎ノ門ニュースを提供してくれているので、とてもありがたいことではあるのですが…続きを読む “サプリは本当に必要?”

身体を鍛えると、自然と姿勢が良くなる

ということを、「田舎でダラダラ」さんのブログで思い出させてもらいました。 以前、毎週日曜日の朝に、仲間と一緒にデュッセルドルフの森でジョギングをしていました。 ある朝、仲間の紹介で見慣れない若い女性が参加してきました。 続きを読む “身体を鍛えると、自然と姿勢が良くなる”

マスクは誰のために?

日本では以前から当たり前だったマスクが、今日では世界でも当たり前になりました。 去年の年初には考えられなかったことです。 僅か一年の間に、日本では当たり前だったことが、世界中で当たり前のことになりました。 だからと言って続きを読む “マスクは誰のために?”

ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -2-

それは、特に背骨の周りやお尻の筋肉(インナーマッスル = 身体の中に隠れた筋肉)を集中的に鍛えて、背骨を支えるという理屈に基づいています。 潰れた椎間板(背骨と背骨の間のクッション)を、横(周り)から支えるということです続きを読む “ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -2-“

例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…

どうも私は治ってしまったようです。 かつて、ステロイドの注射を打ってもらわないと、どうにもならなかったほど重症の花粉症患者でした。 それが、食べ物によってお腹を整腸できて、花粉症が(7〜8割)治り、今シーズンは9割以上治続きを読む “例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…”

デュッセルドルフ総領事館からの一斉メール

が届きました。 デュッセルドルフとケルンで、コロナ対応対策に反対するデモがあるそうです。 一言で簡単に言えば… 「いい加減に馬鹿げたロックダウンを早くやめろ!」 ということのようです。 市民の怒りが大きくなってきています続きを読む “デュッセルドルフ総領事館からの一斉メール”

ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -1-

私には、悪いところがたくさんあります。 身体中、悪いところだらけです。 目(近眼に乱視)、膝(半月板損傷手術済)、頭(能天気)、口、人、手癖、足癖、寝癖… 冗談半分はさておき、この1年ほど最も悩まされているのが腰痛です。続きを読む “ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -1-“

虎ノ門ニュース

とは、サプリのメーカー、DHCが提供しているニュース番組です。 (在独42年、ドイツの片田舎で零細企業を運営する経営者のブログです…) YouTube(やニコニコ)で見ることができ、月曜〜金曜まで毎日2時間やっています。続きを読む “虎ノ門ニュース”

コロナ禍こそ、ピンチはチャンス

ピンチはチャンスと言います。 本当でしょうか? 本当です。 単なる見方の違いです。 長短表裏一体。 と言うか、良い所は悪い所、その逆もまたしかり。 例えば、仕事が早い(長所)人は間違いが多く(短所)、仕事が遅い人(短所)続きを読む “コロナ禍こそ、ピンチはチャンス”

今年の春は、花粉症が本当に楽!

なので、嬉しくて、嬉しくて、花粉症関係でついつい3回目の投稿…😅 キャベツを定期的に食べる ➡︎ 整腸効果が現れる ➡︎ 花粉症が改善される ➡︎ それどころか、風邪を引かなくなる という変化が起こります。 (詳しくはこ続きを読む “今年の春は、花粉症が本当に楽!”

花粉症は、子どもにも引き継がれます…

花粉症は遺伝で伝わるようです。 私はかなり苦しみましたが、キャベツ以外にもブロッコリーが加わり、今シーズンはかなり楽です。 今までの7、8割治っていたのがさらに良くなり、9割以上は治った感じです。 いつの頃からか、食卓に続きを読む “花粉症は、子どもにも引き継がれます…”

今年の花粉症はとても楽です!

キャベツ以外にブロッコリーが加わったからでしょうか? 食べる頻度を上げたからでしょうか? 元々は、その時期になるとステロイドの注射を打ってもらわないと、生きてる心地もしない程の重症でした。 ドイツに来た当初は、それが6月続きを読む “今年の花粉症はとても楽です!”

「信じるものは救われる」のは、花粉症でも同じ

今年もそろそろ花粉症が真っ盛りのようです。 私も以前は、少し大袈裟に言えば気がおかしくなるほど大変でした。 そこで毎年コルチゾールの入った注射を打ってもらっていました。 ところが今はへっちゃらです。 薬ゼロです。 時々く続きを読む “「信じるものは救われる」のは、花粉症でも同じ”

希少価値のある老化防止対策 – 一輪車

これは老化防止に限らず、腰痛対策でもあります。 腰痛、坐骨神経痛に悩まされるようになって数年。 医学(自然療法学)をかじっているので、「椎間板が減って神経をいたずらしているのであれば、周りの筋肉を鍛えて支えてやれ!」 と続きを読む “希少価値のある老化防止対策 – 一輪車”

歳を取ると、記憶力が落ちるのはホント?

でしょうか? Yesと言う学者と、Noという学者がいます。 私はNoだと思っています。 自分でも実際に、この歳でも外国語を覚えようとして、記憶力が落ちているとは感じられないのです。 むしろ効率が上がっているように思います続きを読む “歳を取ると、記憶力が落ちるのはホント?”

コロナに感染すると、差別を受けるからと自殺してしまう人が出る国、日本…

コロナにかかり、小学生の娘さんが学校でいじめを受けるだろうということで自殺… という、信じられない事件が起きたそうです。 ドイツ(西洋、大陸)ではあり得ないことです。 万物に長短ありですが、日本ファン日本人である私にとっ続きを読む “コロナに感染すると、差別を受けるからと自殺してしまう人が出る国、日本…”

自己アピールが下手な日本人

他国と比べると、日本はコロナ感染者、死亡者が極端に少ないので、他国でひどいところにワクチンを融通すべきだ。 という、2人のTAKEDAさんの意見は素晴らしいと思います。 でも実際にそうすると、政府はロックダウンをさらに伸続きを読む “自己アピールが下手な日本人”

ドイツでは、毎日毎日、約2.600人が亡くなっています。

コロナ患者の死者数ではありません。 死亡者全ての数です。 寿命、癌、交通事故… ではコロナ患者は? コロナなどの強いものがはびこると、どういう訳か、インフルエンザや風邪の患者が減るそうです。 そして日本。 毎日、毎日、約続きを読む “ドイツでは、毎日毎日、約2.600人が亡くなっています。”

コロナ騒ぎの犯人は、やはりアホメディア?

バカとか、アホとかいう単語は使うべきではありません。 第一、それを使う人間自体がそうである証拠でもあると言います。 ですが、これをバカやアホと言わずに何と言うでしょう。 今、たまたまの偶然から、何年か前に騒がれた狂牛病の続きを読む “コロナ騒ぎの犯人は、やはりアホメディア?”

一部のアホメディアは今度、「コロナは怖い」から、「ワクチンは怖い」に?

という傾向があるそうです。 一体何を考えているのか? 考えているのは視聴率だけ?? 経済をどうするのか??? それともやっぱり裏に陰謀が???? 不景気と自殺者の数には相関関係があるそうですが、それは当たり前だと誰でも気続きを読む “一部のアホメディアは今度、「コロナは怖い」から、「ワクチンは怖い」に?”

感染は、テーブルから

昔、ヨーロッパである感染病が猛威をふるった時に、どういうわけか、ポーランドでは流行らなかったそうです。 その頃の、ポーランドの変わった習慣がその理由だったそうです。 15:00分のところ

コロナの感染者数を減らすことが最も大事

ということを、ドイツのある政治家が言いました。 車に乗っていた時のラジオで聞いたので、それが誰かは分かりませんでした。 本当でしょうか? 最も大事なことは、コロナの感染者数を減らすことでしょうか? 一見、そのように思えな続きを読む “コロナの感染者数を減らすことが最も大事”

ドイツは久しぶりの雪。そして久しぶりの「人間ラッセル車」出動

ドイツ、デュッセルドルフ近辺では、何年ぶりかで少し雪が積もりました。 そこで久しぶりの人間ラッセル車を出動させました。 「人間ラッセル車」とは、大きな雪かき道具で、ラッセル車のように人間が雪かきをするのです。 自分で勝手続きを読む “ドイツは久しぶりの雪。そして久しぶりの「人間ラッセル車」出動”

ドイツのロックダウンは再び延長、2月14日まで。しかもマスクの種類制限付き

もう呆れて何も言えません。 今日からは、布マスクもダメで、市販の使い捨てマスクのみ。 コロナ一個(と言う?)はマスクの目より小さいのに… 使い捨てマスクを買ってみれば、 それらは、Made in China…

じゃあ、どうする?

佐藤仙務さんをご存知でしょうか? 障害により指一本しか動かせないにもかかわらず、若干20代で会社経営をしている人です。 その人の口癖のようなものが「じゃあ、どうする?」だそうです。 似たようなものに、トヨタの「なぜ?」を続きを読む “じゃあ、どうする?”

ひょっとして…

今のこのコロナ禍は、いかに多くの政治家が無能かということを炙り出しているのではないかと思えてきました。 普段は温厚なうちのボス(= カミさん = 神様)も、限界点に達しています。 レストランもそうですが、学校のロックダウ続きを読む “ひょっとして…”

ふざけんなよ!

ユーチューブによる、最新の日本のニュースからです。 サイゼリアの社長さんから、国? 自治体? の外食産業の昼食に対する制限に対して出た言葉です。 その言葉、うちのボス(= カミさん = 神様)は、毎日言っています…😰 学続きを読む “ふざけんなよ!”

コロナで日本の病院が一杯の原因

は、何と日本の全病床数の僅か3%しか使っていないから… 日本は確か、病床数は世界有数なはず… と聞いていたので、一体なぜ? と思っていたら… 丁度15:00分のところから…: でも病床数が多いのが(日本国民の)不健康に繋続きを読む “コロナで日本の病院が一杯の原因”

私はコロナにかからないと思います。

単なる強がりなどではなく、本当にそう思っています。 年齢的には決して安全圏内にはいません。 でも実際に、もう10年近く風邪、インフルエンザ知らずです。 理由は免疫力だと思います。 当時、ひどい花粉症を治そうと、色々とやっ続きを読む “私はコロナにかからないと思います。”

コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い

が分かりました。 ドイツではロックダウンはしているものの、他国の患者を受け入れる余裕があるのに、どうして日本は? と思っていました。 やっぱり特殊(変)な日本の事情です。 虎ノ門ニュースの武田邦彦教授の報道でわかりました続きを読む “コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い”

どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?

インフルエンザと何が違うのかというコロナで世界中がおかしくなっています。 インフルエンザより死者が少なく、正月に餅を喉に詰まらせて亡くなってしまうお年寄りの数よりも少なく… コロナで亡くなる年齢は寿命年齢とほぼ同じ。 武続きを読む “どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?”

コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?

ドイツでは、余裕で?他国のコロナ感染者を病院に受け入れています。 でも日本では、医療機関が一杯一杯だそうです。 どうして病院が一杯になってしまうのか? スーパーのトイレットペーパーがなくなってしまうのを考えてみればすぐに続きを読む “コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?”

日本では、1月になると餅を喉に詰まらせてお亡くなりになるお年寄りが1.300人もいるそうです。

そのほとんどが1月の前半だそうです。 では、コロナの死者はどのくらいでしょうか? 1:03分目の所…

カンタンに痩せる(太らない)方法。

食事中の後半に入ったら、一口毎に自分のお腹と相談する方法です。 でもそれは、お腹が空いていて食事を取り始めた時のことです。 実際には、食事を食べる前からも同じことが言えます。 朝だから、昼時だから、夕食どきだから… とい続きを読む “カンタンに痩せる(太らない)方法。”

分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人

先日、デュッセルドルフの駅を歩いていた時です。 駅の構内、駅前及び駅裏は現在、ドイツではマスク着用の義務があります。 でも私のように、メガネをしていてマスクをすると、メガネが曇って前が見えません。 そこで時々鼻の部分だけ続きを読む “分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人”

昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント

パッチワークさんという、最近見つけたブロガーさんがいらっしゃいます。 かなり苦労をされた方のようで、かなりの理解力です。 苦労をすると理解力が高まる? はい! のほほ〜〜〜としているよりは、間違いなくはるかに高まります…続きを読む “昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント”

一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限…

以下は、デュッセルドルフに住む日本人に送られた、在デュッセルドルフ日本総領事館からの一斉メールです。 ここまでコロナの現状が分かってきて、どうしていまだに各人に任せないのでしょうか? 我々は幼稚園児以下でしょうか? ●1続きを読む “一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限…”

人に必要な1日の運動量 (3)

人に必要な1日の運動量を短くまとめてみれば…: ① 毎日、数kmは歩く。 ② 同上、毎日数回、上半身、特に腰回りや腕を動かす。 これを行えば大丈夫だと思います。 さらに詳しく書くと、① は足腰の運動なので、自転車こぎでも続きを読む “人に必要な1日の運動量 (3)”

コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策

戦争時や、何か突発で大勢の大小負傷者が出た時、医者や看護婦の数に限りがある時にはどうするでしょうか? 見込みの無い者、あるいは軽傷の人は放って置かれます。 つまり、見込みのある人から優先的に治療を受けます。 どういうこと続きを読む “コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策”

マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…

マスク警察は、いわゆるKYの人たちでしょう。 それが正しいと思ってやっているのは良いのですが、それで周りに嫌われると気が付かないからです。 でも、マスク警察のような存在がいるからこそ、決まり事がより守られるのです。 どん続きを読む “マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…”

目を覚まして欲しい、フェイクニュースにやられっぱなしの日本人に…

現在の、本当にアホらしいコロナの(経済制約)馬鹿騒ぎについて、正に自分が思っている通りのことを本日の虎ノ門ニュースで武田邦彦教授が仰って下さいました。 25分目辺りから… スウェーデンの事実は知りませんでしたが、これを見続きを読む “目を覚まして欲しい、フェイクニュースにやられっぱなしの日本人に…”