進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議

是非一度、次の動画をご覧下さい。

(https://www.youtube.com/watch?v=vujELzwcdpQ)

脳だけに限らず、肝臓は3分の2を切り取っても再生するなど、人間の身体は実に不思議なものです。

この脳のお話は、偶然に発見されたものです。

2人の子供を持ち、役所に勤める40歳代の普通のフランス人の頭部、脳みその部分をたまたまCTスキャンで撮影した時に、脳みその存在がほとんど認められないことが分かりました。

動画中央を見ていただければ分かりますが(動画の1分:06秒~1分27秒)、その道の専門家でなくても異常なことが分かります。

臨床医学的には異常がないそうですが、脳科学的には考える時にいったいどの脳みそを使うのかと思われるほど脳みそが半分以下しか見えません。

別な例では、50歳前後のトラックの運転手で、頭蓋骨の中の異常がCTスキャンで偶然に見つかりました。この画像(右側)を普通の放射線科か神経科の医者に見せれば、良くて深いこん睡状態か、あるいは死亡した人間の脳と判断されるそうです。

もうひとつの例は、最も新しくて世界的に有名な医学雑誌に2001年に発表された、3歳の時に左脳を摘出された少女の脳(画像左側)なのですが、特殊な炎症があったので、左側の脳を全て摘出するしか命を救う方法が他になかったそうです。

ご存知の通り、左脳は言語を司りますが、7歳の時に調べられたこの少女は、車椅子の生活などをしているのではなく、ほぼ正常に生活し、オランダ語とトルコ語のバイリンガルになっています。

似たような例は日本人でもあります。

月刊誌「致知」の2015年10月号の記事からですが、アメリカに住むご家族で、10分おきに癲癇の発作が起きる脳炎を患った幼女が、左右の脳の回線を切って、脳炎がある右の大脳を切除する手術を日本で受けました。

当然のごとく、手術後に左半身の機能が麻痺しました。

でもリハビリを頑張った結果、5年後には左脳が発達して、右脳の機能を上手くカバーするようになり、歩いたり走ったりできるようになったそうです。

「この子は本当に難病だったのだろうか?」と思わせるほどだそうですが、それだけではなくて、日本語と英語の立派なバイリンガルになっているそうです

あのアインシュタインでさえ、脳みそのわずか数パーセントしか使っていなかったと言われますが、これらの事実を見ると、人間は脳の本当にほんの僅かな一部しか使っていないことがとても良く分かります。

つまり逆を言えば、脳をもっと使えるのではないでしょうか。私たち人間はとてつもない潜在能力を秘めていると言えそうです。

横になっているだけの基礎代謝で60%も消費する人間のエネルギーですが、成人の約20%は脳みそが使っているそうです。

例えば脳みその重さが約1.5kg、体重が70kgの成人の場合、脳みそが体重のわずか2%ほどしかないことを意味しますが、その僅か2%が、20%のエネルギーを使うのです。

それは子供になると極端に多く、約50%にまでなります。

生まれてから大きくなるまで、ずっと学習を続けているからだそうですが、身体を動かして元気に動き回っている子供たちは、実はそのエネルギーの約半分までは脳みそが消費しているのです。

人間の脳みその中にある、神経回路のつなぎ目であるシナプスは、100兆個以上もあるそうです。

そしてそれらは良い刺激で成長が促進され、経験や刺激を積んでいくことで太くなり、より短時間で考えられるようになります。

つまり、使えば使うほど頭は良くなるのです。0歳から3歳までの間に、シナプスの結合が活発で爆発的に増え続け、大脳の基本的な発達は成人の約8割まで出来上がります。

その後の増え方は緩やかになり、6歳で9割ほどが完成するそうです。

つまり、その時期の教育がとても大切であることを表しています。

子供が文法を覚えるのは、実は生後7ヶ月の頃からだそうです。「えっ、しゃべれるようになる前から?」と思いますが、実験の結果、それが分かったそうです。

文章を変化させて生後7ヶ月の赤ちゃんに聞かせ、その興味の度合いからそれが分かるそうです。

子供は爆発的に学習しているので、既に習った形の文章は退屈となりますが、それが新しい形になると、とたんに再び興味を示し始めるそうです。

ちなみに目の前で飲み物の容器を移し変える動作を、チンパンジーの赤ちゃんと人間の赤ちゃんの目の前で行って目の動きを調べると、チンパンジーは動くものだけ見ているのに対して、人間の赤ちゃんはその動作を行っている人の顔も見ているそうです。

両手が不自由、あるいは両手そのものが無くても、足で洋服を着替えるなど、普段の生活を足でしてしまう人たちや、足で手のように綺麗な絵や文字を書く人たちに驚かせられることがあります。

私たちは誰でも、神様からそういう潜在能力を与えられているのです。

とはいえ、それはそういう人たちが決して諦めずに頑張った成果なので、誰でも簡単にできるわけではありません。

「できない」と諦めて、人や機械に頼るのもひとつの方法ですが、諦めずに頑張って自分でできるようになるのもひとつの方法です。

そしてその方が自分の能力が高まり、達成感と自信も得られ、さらに難しいことにチャレンジする勇気も得られるのです。

そういう意味では、人生の中で現れる災難、トラブルや問題は、現れれば現れるほど良い訳です。

何しろ脳のシナプスは、経験や刺激を積んでいくことで太くなり、より短時間で考えられるようになり、使えば使うほど頭は良くなるからです。

だから災難、トラブルや問題が現れた時は、嫌がって避けようとするのではなく、逆に諸手を上げて快く迎え入れた方が良いのです。

そうすれば、温室育ちのモヤシにならずに済みます。

日本人の向上心の高さ、丁寧さ、巧みさや協調性などは、太古の昔から天災によって鍛え上げられてきたことが無関係ではないと思います。

長年虐げられ続けているユダヤ人や、暗くて寒い気候の中で育つドイツ人の優秀さも同じ理由が考えられると思います。

生き物は、頼り甘えれば弱くなり、鍛えれば強くなるのです。

後で詳しく出てきますが、もしすぐ近くに嫌な奴がいたら、嫌な奴のお面をかぶった神様だと思って過ごせば自分の人間の幅を広げることができるので、決して避けてはいけません。

川崎

広告
タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2

虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます。

先日その人から手紙が届きましたた。

差出人としては、ある弁護士様方となっていました。

様方とは、c/o のことです。

そのことは既にここのブログで書いたので省きますが、今度は彼女の弁護士からメールが届きました。

そのブログで彼女の名前は特に明記していなかったのですが、ベルリンに住むと言われる反日活動、慰安婦像設置活動で有名な人が、そのコメントにてご丁寧に彼女の名前を出して下さいました。

今度の連絡通知は c/o 弁護士で本人からでのものではなく、弁護士からなので、こちらも弁護士を通して答えることになります。

とはいえ、今は自宅にいないので、手紙が届いているのかどうか分かりません。

訴訟問題ではメールは証拠になりません。というか無効です。

届いているのは弁護士からの添付が開かないメールです。

よってこの続きは休暇が終わるまでお預けです。

自宅には郵送の手紙が届いているのかもしれません。

いえ、弁護士からの手紙は普通書留なので、不在の場合は戻ってしまっているかも…

ちなみに知人の駐在さんの1人から、「メアブッシュでその人に似た人を2度も見たのですが、他人の空似でしょうか?」と聞かれました。

「いえ、本物ですよ。ある所に毎日のように顔を出しているそうですから…」

とお答えしておきました。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

子に対する母の想い…

知人(女性)の息子さんが、自転車事故で大怪我をしました。

—————————–

息子は、土曜日に退院出来ました。

少しはおとなしくしてくれたら良いのですが、早速友達と出かけています。

さすがに、体の調子がいつもと違うので、すぐに寝てくれるので良いのですが、ハラハラする日が続いています。

自転車事故を起こして治療を行ったのですが、その後の回復が良くなく、3回も傷口を開いて手術を行いました。

この様な時に限って、夫は出張でいません。

私も心身共にかなり疲れ果てました。

あと何回こんな事が続くのか。

親になった限り、仕方ありませんね。

———————————

そこで私は返信しました。

実は私は身体中のあちこち、傷だらけです。

ちょっと誇張すれば、ゴルゴ13並(?)…笑。

縫った針の跡が身体中、合計20針以上あります。

それ以外にも、足や腕のあちこちに、いまだに残る傷跡があります。

深くても、縫うまではいかなかった傷などです。

そして骨折や骨にヒビが入ったところも二桁あります。

あちこちの骨を折ったり、ヒビが入ってしまったのです。

骨折に慣れてくると、指の骨折位なら医者に行かずに自分で割り箸等でギブスにして包帯を巻いて治してしまいます。

足首の捻挫などは日常茶飯事だったので、今では筋が伸びきってしまったようで、何回足首をひねってもなんでもありません。

子供の頃はしょっちゅう母親が私を医者(救急なので特に病院)に連れて行ってくれました。

毎回ほぼ外科だったので、病院の外科の先生も、「おぉ、坊主、また来たか!」の一言でした(笑)。

そして今回の彼女のメールで改めて気が付いたのは、自分がいかに当時母親に心配をかけていたかです。

母親が子どもを思う感情の強さは、現在の自分の家内と子どもを見ていると、痛いように分かります。

父親が放っておくようなことでも母親は心配します。

それが(男から見て)良いか(過剰か)どうかは別として、母親は真剣に心配します。

事情により40年近くも前にドイツに来て、これといった親孝行もできずにいます。

かろうじて出来たことは、前の会社では出張が多かったので、マイレッジが多くたまり、それで毎夏ビジネスクラスで母親をドイツに呼んでいましたが、いざ来てもらってもずっと暇を持て余していたのがその現実でした。

つまり、親孝行になっているとはとても思えないのです。

私がほぼ毎回読ませていただいているブログに、WildsamさんのTake a walk(https://fang106.wordpress.com/author/wildsum/)がありますが、彼は現在母親の介護をしています。

最高の親孝行だと思います。

私の場合、母親は日本、私はドイツと離れていて、言葉の問題もあるので母親をこちらに呼ぶわけにも行かず、自分が仕事のない日本に行くわけにも行きません…

川崎

私はかなりの健康オタクで、実際にも医者知らず、薬要らずなのですが、外科の先生だけは別なのです…汗。

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康, 子育て, 文化

共同生活では、しばし困ったことになる常識の違い

以前、WG(シェアアパート)に考え方の著しく違う人が入って来ました。
考え方というか、生活スタイルというか…
まず第1に掃除をしないようです。
断定の「掃除をしない」ではなく、「掃除をしないよう…」 という理由は、どうやら掃除の定義に違いがあるようです。
普通掃除というと、床全面に掃除機をかけると思うのですが、彼にとってみるとどうやらそうではないようです。
床に埃や小さなゴミがあっても、彼にとってはまだキレイなうちのようです。
本人曰く、「掃除をした」と言うのですが、汚れたままです。
そうか、掃除の定義の前に、「キレイ」と「汚れてる」の定義から始めなければならないのか…
目立つゴミは(掃除の時には)拾うようです(普段は放ったらかし)。でも、床の埃や小さなゴミは汚れの定義に入らないようです。
ゴミ・汚れの定義が数センチメートル以上の大きさなのか?
洗面器でヒゲを剃れば、散らばったヒゲはそのまま。
忘れるのか、それとも(まさか)わざと(?)なのか、トイレの水はしょっちゅう(いつも?)流しません。
さらにはトイレを詰まらせてもそのまま。
ウンチがでかい?
当然のことながら、同居人からきつ~いクレームが出ました。
注意をすると、その後ちょっとだけ良くなりますが、少したつとまたダメ。
私を見る同居人の目は、「早く追い出して!」と訴えているかのようです。
実際にも、「もう嫌、引越したい…」というような示唆を受けました。
この場合、被害者が出て行くのは明らかにおかしいです。
そんな時に、彼が入居してから2度目となる家賃の支払い月初が過ぎ、家賃が支払われません。
実は彼、最初の家賃の支払いが何日か遅れ、「賃貸契約書にも明記ある通り、家賃の支払いは月初です」と伝えてあったのです。
1回目の家賃の支払いが遅れた時に、丁度階段で会ったので、「私は貧乏なので、タイムリーな支払いをお願いします」と言うと、「(大家のくせに?)嘘でしょ~」という返事が来ました。
そこで、「ビジネスのトラブルで多額の借金がって、毎月月初は多額の返済でヒーヒー言ってるんです」と説明したにもかかわらずです。
そしてその後、彼はもうすぐ2ヶ月ほど一時帰国すると言います。
なので家賃は帰って来てから払うと言います。
「相談」ではなくて、「言い切り」です。
そこでこれを良い機会に、ご退室・お引越しをお願いしました。
いえ、正確に言うと、お願いではなくて賃貸契約の解約通知です。
彼の共同生活に関する考え方がおかしいということが分かった時、実はそこに住む3人と私で四者会談を予定しました。
ですが、彼だけは来ませんでした。その時に他の2人はもう我慢できないといった感じでした。
後で彼に聞くと、ただ単に集まりのことを忘れたそうです。
その日時は彼のリクエストであったにもかかわらずです。
特に謝りもなく、ごく自然に忘れたと言う(書いて来た)ので、私も年甲斐もなくちょっと「イラッ」と来て、「3人を放ったらかしてノーコメントですか? 」と伝えました。
その後、数度のメールのやり取りがありましたが、どうやら彼にとっては悪いのは常に同居の2人と私のようです。
さすがに私も切れかかって(?)きつく書くと、「親が話があるそうです…」と書いて来ました。
えっ?
親?
ひょっとして君はまだ未成年?
もう呆れてしまい…
「御免なさい、見かけが立派なので成人だと思い、まさか未成年者とは気が付きませんでした。ご両親によ〜くお話ししますので、電話番号を教えて下さい」と書きました。
その後は返事が来ません…
後で考えてみれば、彼のメールは常に2、3行の要件のみでした。
メッセージで分かる、相手の人間性…
川崎
タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

メルケルさんが難民政策でいよいよ年貢の納め時? 気持ちを優先させたツケ…

当時メルケルさんが大勢の難民を受け入れる決断・実行をした時、有名なジャーナリストたちもその決断が人道的だと好意的に受け止めていました。

その後、実際に蓋を開けてみると、それがどういう結果を生むかは今日十分に分かりました。

いえ、今日まで待たずしても、その後日本を訪問したメルケルさんが「出来ることなら、時計の針を戻したい…」とか何とか言ったらしいことで分かります。

そこでメルケルさんも現在窮地に陥っているわけです。

何が問題なのでしょうか?

「気持ち」を優先させてしまうことではないでしょうか?

ジャーナリストならまだ構いませんが、一国の宰相が「気持ち」で政治判断をしてしまうとそういうことが起きます。

普段何気なく牛肉や豚肉を食べている人を、一度屠殺場に連れて行ってその様子を見せます。

その中の何人かはその後に菜食主義者になります。

結婚も同じです。

気持ち(ハート)で結婚すると、失敗があります。

恋愛結婚よりも見合いの方が上手く行くゆえんです。

あるいはちょっとずれますが、朝早く会社に行き、一時間ほど全ての窓を全開にして空気を入れ替えて窓を閉めます。

丁度その後に来た人が、部屋の空気が淀んでいると言って窓を全開にしようとします。

たった今まで窓を開けていて、空気を入れ替えたばかりであることに気が付きません。

人間の気持ちなんてそんなものなのです。

感情に任せないで、頭で考えたいものです。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし

やっぱり中国人の方が商売がうまい...

メアブッシュの奥の方、オステラート(Osterath)の少し手前、Bovertという所に新しい中華レストランができました。

メアブッシュはデュッセルドルフの隣の市ですが、何しろ約40年前に8つの散らばった村が一緒になってできた市なので、その辺の地理関係が少し複雑になります。

厳密に言うと、中華レストランではなく、和中華+モンゴル料理だそうです。

なぜ和なのか?

新し物好きの私たち(私だけ?笑)はすぐに行ってみて分かりました。

お寿司が出るのです。

ここ数年ドイツでブームになっている(?)バイキング方式で、いわゆる “all you can eat…” です。

デュッセルドルフのメアブッシュ寄り、Hansaallee の終わりの方、映画館の前にあるAsia 5 Sterne と同じスタイルです。

そこは以前、ホテルのレストランだったのですが、かなり増築してのリニューアルオープンです。

実はそのホテルのギリシャ人オーナーはその昔、私のスカッシュ仲間の1人でした。

彼は株で食べていけるようになったので、ホテルを売ってギリシャのどこかの島に引っ越すと言っていました。

そこで「お前買わないか?」と聞かれ、当時真剣に考えましたが、前の会社の責任者として脂が乗っていた時だった(?)ので、会社を続けました(笑)。

余談が長くなりましたが、通勤の途中で毎日のようにその増築・改築の様子を見ていましたが、開店(=工事の終了)が近ずいた頃に感心してしまいました。

写真のような様子だったのです。

ついつい、「上手い!」と思ってしまいました…笑。

開店日が一目瞭然です。

私たちが行ったのはその二日後でしたが、6、7割の席は埋まっていたでしょうか。

聞くところによると、200席以上あるそうです。

それを開店直後でそれだけ埋めるのは大したものだと感心してしまいました。

お国が上海の近くだという、お店の女将さんと思える

お味の方は、Asia 5 Sterne 並みでしょうか。

その意味は、バイキングで作り置きの割には回転が早くて結構美味しいレベルです。

値段も安いので、Asia 5 Sterne では少し遠過ぎるというこの周辺のドイツ人を集められるのではないかと予想します。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 時事

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。

以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いたことを書きました。

お返事を書いたら戻って来てしまったので、もらった手紙にはお返事をする主義の私としては、どうしたらよいか困っていました。

そこで思い付いたのが、その有名人はこのブログを読んでくれている(?)ようなので、このブログ上でお返事を書いてしまうという方法でした。

そこで早速書いてみると…

今度は同じ方面(?)の別な有名人からすぐにコメントが入りました。

コメントの主は、自称元慰安婦という韓国人の老婦人をドイツ中で連れて歩き周っているそうです。

ベルリンに住む極左・反日日本人だそうで、その人に言わせると、私や虎ノ門ニュースは極右・ネトウヨだそうです(笑)。

私だけならまだしも、虎ノ門ニュースまで極右になってしまうのなら、その人の主張は取るに足らないこととすぐに判断できます(笑)。

何故なら、今日では虎ノ門ニュース(と産経新聞)が唯一の信じられる報道、偏向報道を正すメディアだと知れ渡りつつあるからです。

それにしても、日本人のくせに反日とはどういうことでしょうか?

あるいは日本人の名を語った反日外国人なのでしょうか?

でも反日で、常日頃日本のことを悪く言っているくせに日本に住む人よりはまだマシなのかも知れません。

そういう人は、嫌なら日本を出れば良いのですから…

いえ、ちょっと待って下さい。

反日日本人というか、そんなに日本が嫌いなら、日本人をやめれば良いのでは?

日本のパスポートの恩恵を受けて海外で生活していながら、日本を貶めるというのはどういうことでしょうか?

パスポートが無ければ、ドイツに来ることができませんし、出ることもできません。

人は誰でも自分が大切です。

(自虐者は別)

それを少し広げると親や家族。

誰でも親や家族は大切です。

それをもう少し広げると自分が住む村や、学校、会社などの所属する組織。

まだ警察が無かった頃、ドイツ(ヨーロッパ)には村の自衛団がありました。

村人が協力し合って有志を選出し、外からの攻撃などに対して村を守ります。

その自衛団のお祭りが、今でもSchützenfest として残っています。

その輪を大きく広げると、県(州)や国という単位になります。

最大が地球でしょうか。

その国の国籍を持ち、国を貶めるのは、自分の親を貶す行為に似ていると思います。

左翼小児病という言葉がありますが、まさにぴったりとくる単語です。

つまり、親の世話になりながら文句ばかり言って駄々をこねる子どもです。

以前フライブルグで慰安婦像設置の話が出て、それがどうなったのかは分かりませんが、最近は別な町でその動きがあるそうです。

ちなみにその動きを早々と察知して反対運動をする人がいることを、知人を通して知りました。

そこで私も何人かの知人にそれを連絡すると、次のようなメッセージが届きました。

これは人権問題を超え、日韓の政治問題です。これを第三国であるドイツに持ち込み、私のような普通の駐在員やその家族に不安をあおるような行動を行う人間や、ドイツ、韓国の当該関連団体に強い憤りを感じております。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ