娘の(へ?)理屈

うちの家内とちょっとした意見の食い違いがあり、夫婦の会話が少しヒートアップしました。

元々夫婦喧嘩が無い夫婦(*)なので、子供たちも珍しげに注目して聞いています()

その時、家内はすぐ隣のソファーで次男に野口英世の物語を読み聞かせていました。

その横で私は腰痛というか、坐骨神経痛で、風邪で熱のある長男と一緒にソファーに横たわっていました。

ところが、横から聞こえてくる野口英世のお話が面白くて、ついついそちらの方に耳が行ってしまいます。

そしてその耳がついに究極のダンボの耳のようになった頃、「ほら、ここに野口英世の手がくっ付いてしまった火傷の時の写真が載っているわよ」

「えっ、有名なあの野口英世の指がみんなくっ付いてしまった時の火傷の時の画像が存在するの?」

そしてすかさず、「どれ、どれ、見せて!」と言いました。

そこで普段はお釈迦様のように優しい家内は、長男の風邪を少しもらって調子が悪いせいか、「それって自分勝手じゃない?」

見たければ自分が来れば良い(私たちの後ろに回って肩越しに見ろ)という意味です。

そこで私は、「じゃあ、そのページの右上を折っておいて、後ですぐに見つけられるようにしておいて」と言いました。

余程腹の虫の居所が悪かったのでしょう。「大事な本にそんなことはできません!」

と言うではないですか。

「えっ?  大事な本?」

聞いてみればその本は、日本にいる家内のお兄さんが子供たちのためにと送ってくれた本の一冊だそうで、その本の中の画像に折ることによる線が入るのが嫌なようです。

画像の所を折らなくても、端っこをほんのちょっと折ってくれればいいんだけど

その後、本のカバーをそこに差し込むという代替案が出たりしましたが、そのページ数を教えてもらって自分で覚えるという方法を取りました。

目的は、そのページを後で見つけやすくするというものです。

手段は、そのページ右上を追っておく、本のカバーの表紙部分をそのページに差し込んでおく、そのページ数を覚えておく  など色々とあります。

家内曰く、勉強のための参考書などは、散々に筆を入れて見た目が汚くなるものだそうですが、この手の本はほん(⬅︎駄洒落?)のちょっとの折れ跡もダメだそうです()

ちょっとしっくりこなかったので議論をしてみると、どうやらそこには「お誕生日のプレゼント&お土産の原理」が働いているようです。

お誕生日のプレゼント&お土産の原理 = 誕生日にもらうプレゼントも、どこかに旅行した友人からもらうお土産も、どちらもそこにはあげる方の自己満足ともらう方のおセンチがあります。

あげる本人は勿論一生懸命相手のことを考えてプレゼントやお土産を選びます。

「あの人は、これなら喜ぶだろうか    これならあの人の役にたつだろうか」等。

でもよ〜く考えてみると、それはその人の主観です。

実際に相手にリクエストを聞くのならお話はまた別ですが

つまり、貰った方にとってみれば、究極に悪く言うと「ありがた迷惑」ということがないでしょうか?

ありがた迷惑が言い過ぎなら、その行為は嬉しいものの、実際にはその置き場に困るというやつです。

最も簡単な例が旅先のちょっとしたお土産。

その時の観光気分でついついお土産を買ってしまう気持ちは分かるのですが、それって間違いなく何年か後にはゴミ箱行きにならないでしょうか

* 夫婦喧嘩は無い代わりに、年に一回あるかないかでボケ亭主がしっかり奥さんにドヤされる時があります💦

川崎

広告
タグ:
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 子育て, 教育, 日本、日本人について

580億円を追え! インターネットでの銀行強盗はかなり簡単?

「580億円を追え!」はクローズアップ現代で出ていたタイトルです。

自分の会社の銀行口座から、ここ最近2度も続けてお金を取られてしまったので、この手のニュースが気になります。

この世には、ハッカーに対抗するホワイトハッカーなるものが存在するそうです。

10代で IT ベンチャーを立ち上げた26歳の気鋭のプログラマー他数人が、先日の事件の犯人を追っているそうです。

犯人は2018年1月、サイバー空間、仮想通貨の交換会社、コインチェックに不正にアクセスしてNEMという仮想通貨580億円をわずか5分ほどで流出させてしまいました。

それに対して、犯人を追うプログラムを2,3時間で完成させて追跡を始めたりと、まるで映画か何かのようです。

自分自身が2度もやられてしまい、それが可能であることを知った者にはとても興味深い番組です。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: お金のヒント, お金のヒント全般, ビジネス, 貯蓄, 時事, 海外送金

進化が示す、健康法則 良い考え方?

将来のことは神様にしか分からない…

過去のことは神様でさえどうにもならない…

まずは次の表現を見てください。

気が狂う、気がふれる、気を悪くする、病は気から、気を失う、気の毒、気が重い、気が気でない、気をもむ、気が沈む、気に障る、気が抜ける、気が落ち込む、気がそがれる、気に食わない、気が知れない、気が散る、気が遠くなる、気を吐く、気を取られる、気が乗らない、気が進まない、気が短い、気にかかる、気が緩む、気が遠くなる、気が立つ、気兼ねする、気が散る、気が小さい、気が早い、気が急ぐ、気になる、気を遣う、気にとめる、気が変わる、気がはやる、死んだ気になる、気になる、気が合う、気がある、気が多い、気が大きい、気が置けない、気が済む、気が長い、気が早い、気が張る、気が晴れる、気がある、気に入る、気に留める、気を砕く、気を紛らす、気を許す、気が若い、気を楽にする、気を確かに持つ、気が利く、気が回る、気の持ちよう、気がつく、気を良くする、気を配る、気を入れる、士気、狂気、殺気、邪気、強気、弱気、気配、気持ち、気合、意気、病気、元気...

「気」 を使う表現って、どうしてこんなに多いのでしょうか…

しかも、元気も病気も「気」が入っています。まさに「病は気から」ということを「病気」という言葉自体が物語っています。

何かに夢中になっていると、嫌なことや痛いことも忘れてしまいます。落ち込んで思い悩めば思い悩むほどつらくなります。

でも明るく振舞えば気も楽になります。「気」 の持ちようで人生がばら色にも灰色にもなります。いかにストレスなく過ごせるか。

考え方、気の持ちようは、人生に最も大きな影響をおよぼします。

影響力が一番強いものです。気の持ちようで病気も治ってしまいます。

同じ人生、思い悩んでも、気楽に考えても、結局は同じです。

思い悩んだからといって、結果が良くなることはありません。

むしろその逆です。だとしたら気楽に構えて楽になった方が良くないでしょうか。

思い悩んで暗くなり、一番損をするのは自分です。そして周りにまで心配や迷惑をかけます。

大事なポイントはポジティブシンキングです。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

北朝鮮に味方する? 武田邦彦教授と、虎ノ門ニュースがお勧めな理由…

米朝首脳会談を間近に迎え、北朝鮮の金正恩はもう観念するしかないという空気が虎ノ門ニュースでは流れています。

核どころか、日本に届くロケットさえも廃棄させて、拉致被害者まで帰って来そうな雰囲気があるので、それはとても良いことです。

でも今回、その発言がしょっちゅう物議を醸している?あの武田邦彦教授が、本当にそれで良いのだろうかという疑問を投げかけました。

ことのきっかけは、武田さんが「今のアメリカの態度で本当に良いのだろうか?」みたいなことを言ったそうです。

それに対して、虎ノ門ニュースのスタッフの1人が、「先生、今北朝鮮に味方をすると、視聴率が落ちてしまいます!」

と言ったそうです。

私の想像ですが、武田さんはその発言に「カチン!」ときたようです。

朝日、毎日新聞、地上波のメディアは売り上げ(視聴率・購読者数)最優先で、捏造はするは、本当のことは言えないわ… というところで、「虎ノ門ニュースでは言い難いこともズバズバ言えるのが良いところなのに、視聴率を優先させるとは何事だ!」

ということのようです。

「常に力で相手をねじ伏せ続けてきた過去のアメリカの態度は何事か!」

「一千回以上も核実験をしてきたアメリカが、わずか数回それをしただけの北朝鮮にそれを止めろと言えるのか!」

という理論です。

それでももし北朝鮮が核やロケットの開発をやめて、拉致被害者が戻って来るのなら、アメリカを応援したくなってしまうのは私だけでしょうか…

川崎

カテゴリー: 未分類

なぜ「父上!」と呼ばせるのか…

うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。

父親である私は3人から「父上」と呼ばれます。

小さい時からそう呼ぶ様に躾けました。

それを躾けと言えるかどうか分かりませんが、「パッパッ」と呼べるような「パパ」ではなくて、「父上」です。

時々パパと呼ぶ時もありますが、大概父上です。

母親は、「マ〜、マ〜」と呼べるようなママではなく、母上と呼ばせています。

ドイツ語が母国語なので、日本語はあまりよく理解していないからです。

普通の日本人家庭の子どもなら、そのおかしさに気が付いて、そう呼んでくれないかも知れません。

例えば13歳と11歳の息子たち。

つい最近、普通の日本人である駐在さんのご家庭の子供から、「俺」という単語を覚えて使い始めました。

小学校高学年の彼らからその言葉が出てきた時は、似合わないのでついつい笑ってしまいました。

それまでは、一人称単数の時は主語を省き、複数の時は「私たち」と言っていたのです。

「僕たち」や「俺たち」という単語は彼らの頭の中には無いようで、今でも「私たち」と言います。

母上、父上と呼ばせると言うと、「堅いな~、かなり厳しく育てている?」

と思われそうですが、それ程厳しいわけではありません。

その証拠に、3人の誰からもよくハグを求められます。(⬅︎ 証拠になるかどうかは不明…)

でも、次のことは守らせるようにしています。

出したらしまう、開けたら閉める、脱いだ靴は方向を揃えて置き、服はたたむ、食べられるだけ皿によそる、平気でゴミを捨てるのではなく、ゴミを進んで拾う、常に次の人のことを考える、自分さえ良ければをやめる、問題に背を向けない、卑怯なことをせずに正々堂々とする、良いことに気がついたらどんどん行う、実行できないことを言わない、できない理由を作らない、すぐに動く、私利私欲私憤ではなくて公利公欲公憤で動く、陰口を言わない、自分がして欲しくないことを人にしない....

長くなりましたが、自分でさえも実行しきれていないことを求めています…笑。

普通一般のドイツ人の親子間は、両方向で Du(君・お前)という主語が使われます。

親から子どもには Du、子から親へは Sie ではなく、どちらもDu(君・お前)です。

友達同士のような感覚なのでしょうか。

親が子供を叱る時も、何かこう、威厳がないような気がします。

実際に、良いことではないことをしている子を親が怒っても、子はそれをやめずにいます。

親は何度も注意して、それが改まらなくても構わないのか、何度も注意します。

うちではそういう場合、特にそれが母親からではなくて私からの場合、3回目にはきついお仕置きが待っているせいか、12回で改まります。

お姉ちゃんの過去の三回の引っ叩かれを見て覚えているからかもしれません。

勿論、うるさい・厳しいドイツ人のお宅もあるのかも知れません。

でもやはり日本語の様に、上下関係がハッキリとしていた方が良いと感じます。
川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 子育て, 教育, 文化, 日本、日本人について

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手?

アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)などの点は、大きな???ですが、さすがビジネスマン出身だけあって、トランプさんは有言実行の大事さは十分理解しているようです。

まあ元々、トランプさんはダメだとか良いとかいう評価はおかしく、トランプさんのここはダメ、あそこは良いという評価があるはずです。

それはトランプさんに限らずに、誰を対象にしても…

虎ノ門ニュースによると、米中首脳会談のツメにおいて、金正恩さんはもう後がないような感じを受けます。

核撤廃どころか、日本に届くミサイルさえ無くしてしまえという勢いのようです。

しかも日本の拉致被害者が戻って来るようにもかなり努力してくれているようです。

台湾に対しても、中国が真っ青になるようなことを言い、次々と実行しているそうです。

政治家とビジネスマンの違いは、前者は今の日本の野党のように、のらりくらりとやり過ごせても、後者はそれでは失脚してしまう点です。

6月12日はもうすぐそこなので、虎ノ門ニュースが正しい情報を伝えているのか、それとも地上波がそうなのかがすぐに明らかになりそうです。

1時間:05分頃から…

川崎

タグ: ,
カテゴリー: 日本、日本人について, 時事

雪のように舞う花粉。これがドイツの花粉です。

花粉症が始まるのが毎年早くなり、今年は1月から始まりました。

暖冬だから仕方がないのかもしれません。

早く始まるのだから、早く終わって欲しい…

と願っていたら、5月の時点で本当に早く終わりそうでした。

それが年々少しづつ早まり、終わる時期は変わらず…

今では1月から始まり、終わるのは6月末~7月上旬でした。

それが今年は、1月から始まって、5月の後半には終わる気配を見せていました。

キャベツで、花粉症の状況が7~8割良くなったとはいえ、ひどい時には塩水を使います。(鼻から塩水、目に塩水。塩水は生理食塩水)

今年は早く終わりそうだ〜、と思いきや、6月の例の雪のような花粉が今…

今までに何度も試みた、ドイツの花粉の飛翔撮影にやっと成功しました。

雪のような花粉をとらえる画像は結構難しいのです。

このような花粉は日本ではないと思います。

積もる雪のようにシンシンと降るのではないものの、パラパラと、まるで雪が降るようです。

ちなみに先日、デュッセルドルフの街中を歩いていた時、この雪のような花粉を両手で払いのけて歩いているドイツ人女性に出会いました。

ついついそこで、「この辺はWIFIの電波が強過ぎますか?」

と言いました。

勿論、お笑い芸人の「メイプル超合金」のジョークです。

「そんなの、ドイツ人に分かるわけね〜だろ!」と言われてしまいそうですが、その通りです。

でも彼女、分かったのか、分からなかったのか(当然後者)、笑いが戻ってきました。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康, 時事
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ