拙宅(ドイツ)に下宿する、かわいそうなイラク人

市が発表する統計を見ると、デュッセルドルフの人口が、2010年からは常に60万人を超えるようになりました。

17年間、毎年約1.2%増です。

そう聞くと、大したことがないように思えますが、その人数は実に約7千人です。

自然増(出生 − 死亡)はその内僅か約10%。

元々デュッセルドルフは外国人が多くて5人に1人以上が外国人ですが、ここ数年は難民が一挙に増えました。

それだけの住人が増えれば、住宅が不足するのは当たり前です。

どういうわけか、ドイツではなくオランダの仮設住居製造業社が受注して、多くの難民キャンが作られはしましたが、まだまだ足りません。

多く転入してきた住人を国別で見てみると、日本人は何と上から4番目。

でも、ほぼ同数の日本人が転出(帰国)しているので、プラスマイナスでは微増です。

ダントツで増えているのはシリア人。

続いてイラク人、アフガニスタン人、イラン人と続きます。(日本人は勿論表外)

そしてうちにはイラク人が1人下宿していますが、とてもかわいそうなのです。

元々は飛行機のエンジニアです。

あのエアバスの大型ジェット旅客機、A380の部品を設計していました。

そしてハンブルグのエアバス社も彼に職場を用意して1年程も待ってくれていました。

ところがダメなのです。

デュッセルドルフの外人局が、デュッセルドルフ以外で仕事をすることを許してくれません。

生活費の援助が出ているのですが、パスポートを返してもらえないので国外に行くことも出来ません。

求められているハンブルグのエアバス社に勤務すれば、高級(?)取りです。

それが就職を妨げられて、税金から援助を受けているのです。

彼自身がそれに不満を持っている通り、何かおかしくないでしょうか?

広告
タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, 時事, 法律, 住まいと暮らし

今日から消費税10%? まだまだドイツの半分

と言うと、日本に住む人に怒られてしまうでしょう。

虎ノ門ニュースの解説者たちは、景気が悪くなるから止めろと、口を揃えて言っていました。

ドイツの消費税は何と19%です!

その代わりに、幼稚園も学校も大学もみんなタダ!

子どもがいる家庭、特に子どもが多い家庭にとってこれは大きなことです。

子どもがいると、国から手当まで出ます。

うちは3人いるので、月に何と7万円以上。

なぜそんなことが出来るのか…

国内で売られているものの全てに消費税がかかるのだから、それが集まればとんでもない金額になります。

何か買う時に払うお金の約2割は自動的に国に行っている…

そんな大金があれば、どんなことでもできます。

可哀想なのは、子どものいないドイツ人夫婦やシングル。

その両者が高い税金を負担して、うちや、それ以上に子どもが多い他国移住民の子どもたちを支えているのです。

その昔、ハイエクという偉い経済学者が言いました。

「全て一括10%の税金で国はまかなえるはずだ」みたいなことを。

日本も先進国。

いつかその内に、先進国が集まる西ヨーロッパ並みの高い消費税になるのでしょうか…

タグ: , ,
カテゴリー: お金のヒント, お金のヒント全般, ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, ビジネス, 税金・確定申告, 補助金, 食事, 貯蓄, 買物, 各種サービス, 子育て, 教育, 日本、日本人について, 時事, 住まいと暮らし

掃除のことで、デュッセルドルフ市長からのお招き

を受けました。

招かれたのは全部で十数人。

デュッセルドルフの市長に会うなどは勿論初めてです。

写真は市のウェブサイトから/Foto: Ingo Lammert, http://www.Duesseldorf.de

後で分かったのですが、全てボランティアで町をきれいにしている人たちの代表でした。

そういうグループが結構いるので、ポジティブに少し驚きました。

グループにすると4つ程。

毎年年始の早朝5:00、6:00に、花火で散らかる(*1)旧市街のライン河沿いでゴミ拾いをする中東の人たちと思われるグループ、同じように毎年一度、町のあちこちで多くの人が参加して行われるゴミ拾いのグループ、ゴミが散らかった場所の連絡を受けてすぐにきれいにするグループ。

最後のグループのポリシーは、どうやら「割れた窓理論(*2)」に基づいているようです。

私たちは、月に一度駅前の掃き掃除をしています。

対象となるのは、ほとんどタバコの吸い殻です。

「タバコの吸い殻も立派なゴミですよ!」

というシグナル発信です。

最初はライン河沿いなどのゴミ拾いを行なっていましたが、いつからか駅前の掃き掃除に切り替えました。

その理由は、この掃除活動は決して伊達や酔狂でやっている訳ではないからです。

同じシグナル発信なら、より多くの受信機があった方が良いと、最初はかなり恥ずかしかったのですが駅前にしました。

効果は抜群!

どうしても注目度が高いので目立ちます。

嬉しいことに、時々「いいね」を受けます。

つまり、通行人に感謝をされるのです。

感謝をされると言うと少し大袈裟かも知れませんが、単に「いいね」の掛け声だけではなく、「あなたたち、ホントに良いことしてるわね」とか、「ありがとう」と言ってくれる人もいます。

「ドイツ人のモラルも捨てたもんじゃない!」

でもたまにはネガティブなコメントも勿論いただきます。

「そんなことをして一体何になるの?」

お礼と並んで多いのが、「どうして?」と、「ボランティア?」という質問です。です。

どうしてかに関しては、もしご興味があれば是非一度このページ(https://wirmachendeutschlandsauber.jimdo.com/日本語/なぜ掃除/)を読んでいただきたいのですが、一言で言うと…:

実は掃除(きれいを保つこと)は犯罪率を下げます = 平和を呼びます。

警察が after なら、掃除(きれいを保つこと)は before なのです。

次の目標は、デュッセルドルフに多く存在する日本食レストランに加わってもらい、月に一度の Japan Clean Day なるものを設けることです。

ちなみに今回、市長は何か良いアイデアを求めるためにこの集まりをアレンジしたようです。

そこで私たちは、提案と言ってはおこがましいので、情報として次の事を伝えました。

Stephanienstr では、ゴミのコンテナが頻繁に一杯なので、コンテナの数を増やすか、ゴミ回収の頻度を上げることが必要である事。

ゴミの回収を行った後でも、少し汚れているので、その汚れをなくす徹底さが必要である事(割れた窓理論)。

サウジアラビアでは、日本の学校の掃除のシステムである、生徒が自分たちで学校を掃除するシステムをまずは100校で取り入れて成功し、生徒たちに思いがけない良い変化が現れて、現在では四桁の学校数にまでその方法が広がっている事。

汚すことに罰金を科すネガティブ思考ではなく、ゴミを拾い集める人たちにご褒美を出すポジティブ志向の方が良い事。

* 1 ドイツでも、毎年大晦日には年が変わる24:00時に、物凄い量のプライベートの花火が打ち上げられます。大袈裟でもなんでもなく、少し高いところから見ると、地平線上360度、どの方向を見ても真っ白く明るくなります。

*2 アメリカの学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、犯罪学者のジェームズ・ウィルソン氏とジョージ・ケリング氏が考案した理論で、ブロークンウィンドウセオリー(割れた窓理論)と言われています。

廃校となり使われていない校舎や人の住んでいない建物の窓が1枚割れているのを放置すると、「誰も気にしていない」、「責任を取っていない」と、間もなく他の窓も割られ始め、「ここでは窓が割られることが許される」 という信号が出てしまい、最後にはほとんどの窓が割られてしまう現象です。最初に破られた一枚をすぐに直せば、しばらくの間は再び破られることがありません。あるいは、破られてもすぐに直すと破られる確率がかなり減ります。

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, 教育, 文化, 日本、日本人について, 時事

SUVを作るメーカーの罪

「お〜、デブ!」

「ある人は愛し、ある人は憎む: SUV。オフロードのキャラクターを持つこの車は何が魅力なのか、本当に環境に悪いのか?」

と言う見出しで、以前から気になっていたSUVの記事が地元のドイツ新聞の一面に出ていました。

なぜ前から気になっていたのか…

邪魔だからです。

この手の車の後ろについてしまうと前が見えません。

特に高速道路では、数台前の車まで見えないと危険です。

でも、こういう車の後ろについてしまうと、まるで前にトラックがいるかのように前が見えません。

それと駐車場。

こういう車の横は狭くてもう停められません。

いえ、こういう車の幅は広過ぎて、最初から迷惑駐車が多いです。

今日の道路交通事情に合っていないのです。

愚の骨頂は、以前ドイツで見た、日本の大手車のメーカーのSUVの宣伝。

映画館の中で、4席だけSUVを連想させるように高く浮き上がっていて、映画がよく見えると言いたげな宣伝でした。

後ろの人は一体どうなるの?

あのメーカーらしからぬ、とても馬鹿げた宣伝でした。

SUVがまだなかった頃も、ジープなどの大型車はありました。

そのファンも勿論いるので、見かけることもありました。

でも見かける(接する)頻度は稀でしたし、ジープなどのオーナーはその辺の気を付けていたような気もします。

ところが今は、メーカーが売り上げを求めてSUVを開発、売り出して数台(?)に1台はSUVになってしまいました。

ドイツよりも道が狭い日本でも、まさかこんなにでかいSUVが幅を利かせているのでしょうか?

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 移動交通,

デュッセルドルフ、月に一度の掃除活動…

…を初めて4年ちょっとが経ちました。

そして今日が、今月のその日でした。

参加下さった方々、ありがとうございました。

実は数日前、デュッセルドルフの市長さんからお誘いを受けました。

メールだったのですが、十数人に宛てられていました。

「町を綺麗にして下さり、ありがとうございます。今度一度、くつろいだトークの場を設けて関係者の皆さんをお誘いしたく思います」

町の掃除活動に関係している人たちが皆さん誘われたようです。

勝手な想像ですが、デュッセルドルフの治安が悪化、犯罪率が上がっていて、1980年代後半のニューヨークのストーリーでも耳にされたのかも知れません。

もしそうでないとしたら、そのお話しと、「割れた窓理論」を紹介してこようと思います。

カテゴリー: 未分類

ドイツの電動キックボードの使い心地は?

ドイツで多くの日本人に読まれている日本語の新聞、ニュースダイジェストにも特集が出ていたからというわけではないですが、遅ればせながら利用してみました。

placeholder://

そして早速結論:

お勧め出来る乗り物ではありませんでした。

まず第1の理由に、健康に良くないです。

GPSを使って機能的に街の中心部、それもかなり狭い地域のみ動くようにできています。

その範囲から出ると、急にスピードが落ちてしまって実用レベルでなくなってしまいます。

特に車族にとって、せっかく僅かに残された歩く機会が減って、足腰をますます使わなくなります。

そして空気が入ったチューブ入りのタイヤではないので、かなり綺麗な舗装道路でないと、ガタガタがとてもひどいです。

さらに使用者によっては、使った後の置き方に気配りがなく、歩行者等の邪魔になっています。

現在の交通事情に馴染んでいないので、事故も発生しているそうです。

ちなみに今度は競合ボードまで現れて、数が益々増えています。

その数は間違いなく4桁と思われます。

左側がベルリン発企業のTIER、右上がアメリカ企業、LIME。

実は私も新し物好きです。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 移動交通, 医療と健康, 時事

ドイツ(人)と日本(人)の違い… 踏切

ドイツの踏切では、遮断機が降りて待っている時に車はエンジンを切ります。

待っている間のアイドリングの排ガスを無くすためです。

だからか、アイドリングで冬の暖機運転を行なっているとドイツ人に睨まれることがあります。

ちなみに先日気がついたのですが、愚息2人を連れて自転車で踏切に近づいた時、電車が近ずいて来たので遮断機が降りてくるタイミングでした。

「おい、早く渡るよ!」

と、ついついギリギリに3人とも渡ったのですが、向こう側で待っていたドイツ人らしきご婦人の視線が心なしか冷ややか…

そうか、ああいう場合は急いで渡らずに待つんだ。

特に子どもが一緒にいたら。

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 移動交通, , 日本、日本人について
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ