怪我のマイスターの傷の治し方 – 切り傷の場合

私は怪我のマイスターです。

身体中にヒビ、骨折の跡が十数カ所あります。

縫跡は全部で20針以上。

怪我の理由は色々。

スポーツもあれば、単なるアホ(?)もあり。

今のところ、最後の骨折は仙骨。

トランポリンでバク宙を練習していて、トランポリンの幕を張っている周りの丸い鉄パイプにお尻から激突…汗💦。

痛くて動けずに救急車で病院に。

ドイツ人のお医者さんに言われました。

「いい年こいてそんなこと仙骨っちゃ!」と…

ドイツ人だから、そんなこと言わないか…

最後の縫跡は、上の方を少しだけ開けることが出来るドイツの重厚な重いドア窓を、就寝前に勢いよく閉めた時、押し閉める手とは反対側の手の指が隙間に…汗💦。

あまりの痛さについつい、「ギャー」と叫んでしまいました。

その後の続きがまだあります…

傷の深さは、病院に行けば間違いなく数針縫うレベル。

でも気になるのは切り傷よりも打ち傷。

重厚なドア窓で挟んだので、骨にも異常があるのでは…

酔っ払っていたので、病院に行くのも面倒くさくて、止血をしながらどうしたものかとしばらく迷いながら(痛さに耐えて酔いながら)座っていた後…

どこに行こうとしたのか立ち上がると立ちくらみ。

元々私は貧血気味です。

一瞬気を失って倒れた時に、胸を廊下の柱の下の方で強打。

その打撲の方の痛みが、指の痛みより激しく…

結局ボス(家内)に運転を頼んで病院に…涙。

骨には異常がありませんでした。

その理由は、潰した場所は何と丁度以前に骨折して金属のボルトが入っているところ。

金属が骨折を防いでくれた…

喜んでいいのやら、悲しんでいいのやら…

そして今回の最新の怪我、ワインの栓を抜くのにどういうわけか手が滑ってワイン抜きの一部で角が尖った所を直撃。

痛さと見た目で傷の深さを知ってすぐさまティッシュをあて、右手で握って止血。

綺麗な切り方なので、そのままくっつく可能性が高いです。

きつくしたので親指の先が蒼くなっています。

ご存知でしょうか?

何かの事故で、手や足を落としてしまっても、運が良いとそのままくっつけられることがあるそうです。

それはさておき、とりあえず大事なことは、常に手(傷口)を上げておくことです。

地球上には強力な重力があるので、最低でも心臓より上にしてその部分の血圧を下げます。

ちなみに肩から先の腕の怪我の止血に効果的なのはゴルフボールです。

ゴルフボールを脇の下に入れて挟むと丁度動脈を潰して血が止まり、そうすると例えばもう脈を測れなくなります。

今回は傷口をそのままくっつけられると思ったので病院には行かず、止血をしたまま約48時間後。

切れた所は無事にくっ付き始めています。

切り傷等の場合はしっかりと止血してテープで固定、3、4日間そのまま放っておきます。

ちょっと臭くなってきますが…

ティッシュを小さく切ったものなどを傷の上に乗せるのを忘れないで下さい。

傷口からテープを剥がす時に痛い目に遭います。

数日間放っておいて外してみると、その部分は水でふやけて醜くなっていますが、傷はすっかり治っています。

ふやけはすぐに元に戻ります。

バンドエイドやサビオ等は長さ不足、粘着力不足で使い物になりません。

実はこの約48時間後にテープを剥がした時には大変な思いをしました。

本来ならこの位の傷なら4日ほどはそのまま放っておきます。

医者に行くと2針縫われるでしょうか…

それは夜の12時を回っていた頃で、早寝の私は既にぐっすりと寝ていたのですが、指の痛みで目が覚めました。

ズッキン、ズッキンと痛みます。

バイキンでも入って炎症を起こして腫れ上がっている?

恐る恐るテープを取ってみたのがこの写真です。

炎症も起こさず、腫れてもいない。

傷もくっつき始めている。

(でも48時間ではまだ安静が必要です。力を加えると、傷口がパカッと開いてしまいます。)

テーピングは小さくしても、基本的に親指はまだ使わない方が良いです。

そのテープですが、ドイツにはこういう時にはピッタリの素晴らしいテープがあります。

Leukotape と言います。

薬局ならどこでも売っていて、安くはないですが万能なので一家に一個は置いておくことをお勧めいたします。

粘着力も耐久性も柔軟性もあるので、関節を痛めて動かさない方が良い時も、このテープでしっかりと固定できます。

さて、傷口の治りはバッチリですが、痛みは相変わらずです。

それどころか、気分が悪くなって冷や汗が出てきました。

「これは一体…?」

後で考えてみると、止血が過ぎていたようです。

なぜならテーピングを外して20分ほど経つと、冷や汗も気持ちが悪いのも引いていきました。

でもその間はずっ〜と、こんな夜中でも病院に行こうかどうしようかと迷うほどひどい状態でした…汗💦。

冷や汗をかきながら気持ちが悪くなる経験は、かなりの傷を負わないとなりません。

でも20分も悩み我慢していると、冷や汗も気持ちの悪さも引いてきました。

翌日の朝、気分は最高、いつも通りの普通の朝でした。

そして丁度一週間後、無事に傷はくっついていました!

ちなみに身体中にある20針以上ある切り傷の縫い後で今でもよく残っているのが次の膝の内側の傷痕です。

小学校5年生の時に、放課後の掃除をサボって遊んでいた時に転び、釘が出ていた柱でパックリと切ってしまいました。

この時も気持ちが悪かったのをいまだに覚えています。

こういうきたない切り口は、外科のお医者さんに縫ってもらうしか他ありません。

でも、きれいに切った場合はそのままくっつく可能性が高いので、自身による止血&くっつけ治癒を是非一度お試しあれ!

タグ: , ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 医療, 医療と健康

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ!

只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行なわれています。

前回のケルンでの ANUGA(食料品メッセ) の和牛プロモーションに引き続き、今度は視野計のプロモーション。

視野計とは、人間が前方を見て見える左右の範囲・角度を測る機械です。

普通の人は、まっすぐ前を見ていて、目玉をそのまま動かさなくても左右180度位は見えています。

この幅が狭まくなってくると緑内障となり、放っておくと最悪失明となるので検査は大事です。

緑内障の患者は日本に数百万人もいるそうですが、多くの人が気が付かずにいるそうです。

車の運転の際に危険ですが、それ以上に危険なのは下手をすると気が付かずに失明する?

それを防ぐには視野計で目の検査をすることになりますが、その視野計でCREWT社が開発したい「アイモ」が革新的です。

今までのような暗室が不要!= 眼医者さんの設備投資が安くなります。

両眼を同時にチェックするので、検査が短時間!= 今までの検査機では片眼づつ検査します。

こんな長所があるのに、保守的な日本の眼科医療界ではまだまだ認めてもらえない様子。

さてその市場を日本より早くヨーロッパで開花させることが出来るか?

CREWT 社は2013年4月に、現社長の江口さんが設立し、その後江口さんが勤めていたレンズのHOYA社が多額出資しています。

その後その技術が認められて、東大が持つ法人の出資も50%加わったベンチャー企業です。

タグ: , , , ,
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, ビジネス, 健康, 医療, 医療と健康, 各種サービス, 日本、日本人について, 時事

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan.

“IMO” ist ein innovatives Gesichtsfeldmessungsgerät, entwickelt von CREWT Japan.

Gesichtsfeldmessungsgerät ist dafür da, Patienten mit Glaukom beim Augenarzt zu finden.

Der Entwickler/Hersteller ist eine Venture Firma CREWT Japan.

Gegründet im Apr. 2013 von jetzigem Chef Herrn Eguchi und dann Firma HOYA in Japan (Mutter von HOYA in Mönchengladbach).

Danach stieg die Universität Tokio (die beste Uni in Japan) mit 50% Kapital übernehmend ein.

Was ist so innovativ von “IMO”..?

– Messung beide Augen gleichzeitig. (alle bisherige Geräte nicht) = kurzere Messzeit = bequemer für die Patienten.

– Dunkelraum ist nicht mehr nötig. (alle bisherige Geräte doch) = wenigere Investition und Platz für Augenarzt.

Meine Mission = den besten Distributor während der Messe MEDICA in Düsseldorf für IMO/Crewt zu finden…

Millionen Menschen in Japan haben Glaukom aber merken sie sehr oft das selber nicht.

Glaukom kann mit derzeitiger Medizintechnologie nicht heilen, sondern nur hemmen.

Ein normaler Mensch kann ca.180 Grad rechts und links sehen, obwohl man genau geradeaus sieht.

Wer Glaukom hat, kann nicht mehr 180 Grad, sondern enger und enger mit der Zeit.

Gefährlich beim Autofahren.

Wenn man nicht zum Augenarzt geht und behandeln lässt, wird man am Ende blind…

Blind werden ohne zu merken..?

Daher ist Gesichtsfeldmessung beim Augenarzt ist sehr wichtig.

タグ: , , , ,
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, ビジネス, 健康, 医療, 医療と健康, 各種サービス, 日本、日本人について, 時事

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan

CREWT is a venture company founded in Apr. 2013 von Mr. Eguchi, Managing Director.

3 months later joined HOYA Japan with large capital where Mr. Eguchi used to work.

Later on, the University of Tokyo(the best university in Japan) joined as Investor for 50% investment.

What is so innovative of “IMO”..?

– Perimetry Test both Eyes at once. (all comparable test unit cannot) = shorter testing time = more comfortable for patients.

– Dark room is not necessary any more (all comparable test unit cannot) = less investment and space for Ophthalmologist.

Perimetry test is absolutely necessary for glaucoma.

If you have glaucoma, you cannot see anymore approx. 180 degrees right and left during you are watching straight away.

It is dangerous to drive the car and if you do not treat it at Ophthalmologist, the angle of your sight is getting less and less, at the end blind…

In Japan, there are millions of people who have glaucoma but many of them do not recognize it on their own.

To become blind without knowing about it..?

My mission = to find the best distributor in Europe for them during the exhibition MEDICA.

タグ: , , , ,
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, ビジネス, リクルート, 老後, 健康, 医療, 医療と健康, 各種サービス, 日本、日本人について, 時事

Friday for future – 多くの子どもたちを金曜日に不登校させてデモに参加させる話題の「グレタ」ちゃん、やっぱり政治的な裏が…

虎ノ門ニュースによく登場するジャーナリストの須田慎一郎さんがその裏を暴いてくれました…

1:08:00 から。

タグ: ,
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, ビジネス, 時事

世界一、臆病な日本の男たち…  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3

一週間に一回、計三回の通院で合計13本の注射。

(おまけに歯医者で口の中にも麻酔の注射)

注射と言うと、ちょっと語弊があると言うか、間違ったイメージがあるかも知れません。

注射と言うよりは、針治療の針と、点滴用の針を足して2で割ったような感じでしょうか?

ドイツで10本の指に入ると言われるその名医は、レントゲン技術で微量な放射能を発しながら患部を映し出す画像を見て、うつ伏せになった私の腰にまずは針を刺します。

そしてそこから薬を注入するそうです。

「するそうです」と言うのは、私にはその光景が見えません。

名医が背中で何かをしていますが、感じられるのはその都度ある「チクッ」とした軽い痛みのみ。

何事にも興味津々で不届き者の私は聞きました。

「先生、それを使って一生懸命宣伝しますから、治療の様子をスマホの動画で撮っていいですか」

先生:「ダメ、それ。そんなことしたら、1人も日本人の患者さんが来なくなる…」

「???」

先生: 「日本人男性は注射が嫌いなの」

そう言えば、自分にも身に覚えが…

最初に「先生、それって痛いですか? 危険はないですか?」…と聞きました。

そばに女性でもいようものなら(看護婦さんは除く)我慢して口にしないダサい質問…

「えっ? ひょっとして、それって日本人男性以外は聞かないのですか?」

先生: 「そう、女性も子供たちも平気。平気。怖がるのは日本人男性だけ」

「無言の唖然」

(私も含めて) 日本人男性諸君よ、しっかりせえ!

世界に笑われるやないか…

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 各種サービス, 日本、日本人について

今日は歯医者、昨日は外科医、明日は? – ジジイになると大変… それでも私の健康保険はプライベートで僅か€119/月

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩まされて外科医通い。

3回通って計13本の注射を腰に…

そして今日は歯医者で部分麻酔をかけられて(= 口の中に注射…)、「歯がなくなるんじゃないの?」と思うほど長い時間歯を削られて…

(写真は許可取得済み = 意味ないか…)

歳を取ると、ろくなことがありません。

でも私の健康保険はプライベートで月に僅か€119。

でもその安さには秘密が…

自己負担付きなのです。

半年間で、医者料が€500を超えない時は自己負担。

越えれば保険負担。

それが良いのか悪いのかは、各自が慎重に予想して選ばなければなりません。

タグ: , , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 老後, 健康, 医療, 医療と健康
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ