日本語書籍をデュッセルドルフ中央図書館に寄付したときの話

皆様こんにちは。今日は、タイトル通り図書館に本を寄贈した時のお話を書かせていただきます。 デュッセルドルフの中央図書館には書籍はもちろん、ほかのメディアもあり、居心地もよくたびたびお世話になっているのですが、先日、手持ち続きを読む “日本語書籍をデュッセルドルフ中央図書館に寄付したときの話”

デュッセルドルフのファッションデザイナー、tina miyake

Düsseldorf の tina miyakeという、ドイツ育ちの編物ファッションデザイナーをご存知でしょうか? Ackerstrasse 39 に 2004年からお店を構えています。   ショーウィンドーの続きを読む “デュッセルドルフのファッションデザイナー、tina miyake”

『ゴミを拾う人は捨てない』

鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が悪くなるわけではありません。 だから無神経に捨てる。その考え方が問題です。  捨てる人は捨てる一方。 捨てる人で拾う人はまずいません。 反対続きを読む “『ゴミを拾う人は捨てない』”

へそ曲がりは、夫婦喧嘩の原因も作る…

ヨーロッパで展示会を視察していると、時々若くて綺麗な女性が時にはセクシーな格好でビラを配っています。 そうした時に、へそ曲がりの私はついついひねりたくなります。 ビラをもらっても、すぐにゴミ箱行きなのでもらいたくないし、続きを読む “へそ曲がりは、夫婦喧嘩の原因も作る…”

なぜ「父上!」と呼ばせるのか…

うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私は3人から「父上」と呼ばれます。 小さい時からそう呼ぶ様に躾けました。 それを躾けと言えるかどうか分かりませんが、「パッパッ」と呼べるような続きを読む “なぜ「父上!」と呼ばせるのか…”

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法…

そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるようになりました。 丁寧なお辞儀のようにも見えるし、ちょっと違和感もあるし… と思っていたところに丁度、竹田恒泰さんという、その方面に詳しそう続きを読む “なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法…”

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。

日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でした。 生まれ育ちが良さそうで、上品さがにじみ出ている初老のドイツ人女性が話しかけてきました。 「あなたたち、偉いわね〜。ここは州都なのにもか続きを読む “私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。”

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動…

ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)という違いはあっても、同じ目的・目標で活動している2つのグループで一緒に記念撮影をしました。 (左端は観光客・サッカーの観客?笑) 後列は、続きを読む “語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動…”

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん

ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!」と。 その時に私はこう答えます。 「それは間違った日本語で、正しくは珍しいだと思います」 横井庄一さんや、小野寺さんのように、ジャングルの続きを読む “ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん”

4年目に入ったデュッセルドルフの(駅前の)掃除活動

早いもので、日本を美しくする会という日本での掃除活動に感化されて始めたこの活動、早くも3年が過ぎました。 本日の活動で4年目に入ったと思います。 今までの活動の様子の一部の画像は次のページにありますが、記録を取り始めたの続きを読む “4年目に入ったデュッセルドルフの(駅前の)掃除活動”

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度

先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行為が、ポーランド人によっても行われていたという噂があるそうです。 それは単なる噂で、何の根拠もないのかも知れません。 それでも、そういった単続きを読む “日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度”

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動

今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に一度、10人前後の仲間が集まって、デュッセルドルフ中央駅駅前の掃除を行なっています。   なぜかの理由はこちら ➡︎ https:続きを読む “月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動”

中国人のお正月家庭料理

つい先日お招きを受けたばかりの 中国人ファミリーのご自宅に、今度はお手製お正月料理へのお招きを受けました。   中国人のご家庭からお招きを受けるのはこれで3回目になります。   2回目と今回は同じご家続きを読む “中国人のお正月家庭料理”

ニュースダイジェストは右寄りだった?

デュッセルドルフに行って、日本食料品店か日本食レストランに入るとついつい手にしてしまうのがニュースダイジェストの最新号。 週間のドイツのニュースを日本語でまとめてあるのでありがたいです。 ドイツ語ができない訳ではないので続きを読む “ニュースダイジェストは右寄りだった?”

「みんな知ってる」

若い読者の方には当たり前だと思いますが、スマホ漫画は縦読みの時代になってます。みんな知ってる(^_^;)? 無償のものも沢山ありますし、大人が読んでも楽しいものも沢山出ています。 回し者ではないですが(笑)、今日はその中続きを読む “「みんな知ってる」”

ドイツで最も活躍する日本人ピアニストのひとり、萬谷 衣里さん

ドイツの音楽(ピアノ)業界で、縁の下の力持ちとして最も活躍されている日本人の人に聞くと、ドイツで日本人ピアニストとしてコンサートなどで最も活躍されていているのが萬谷 衣里(まんたに えり)さんだそうです。写真右から二人目続きを読む “ドイツで最も活躍する日本人ピアニストのひとり、萬谷 衣里さん”

ピアノの音の良さのヒミツ…

先日、カワイピアノの調律作業を見せてもらえる機会がありました。 その時に「なるほど〜」と3つほど感心してしまいました。 最初の「なるほど〜」は、ピアノの外側の(最も多いのは黒い)カバー数ヶ所の着脱が、ごくごく簡単なのです続きを読む “ピアノの音の良さのヒミツ…”

毎日着物を着て生活する若いドイツ人女性をついにナンパして夕食にご招待!

日本の着物を毎日来て生活している17歳のドイツ人女性、Mamezuru(Facebookにおける名称) ちゃんを前のブログでご紹介いたしましたが、今回はついに彼女と彼女のお母さんをナンパして夕食にご招待しました。 左側手続きを読む “毎日着物を着て生活する若いドイツ人女性をついにナンパして夕食にご招待!”

憲法の映画で味わう深い感動~映画「不思議なクニの憲法」デュッセルドルフ上映会

昨日、デュッセルドルフのBlack Boxにて、映画「不思議なクニの憲法」が英語字幕付きで上映されました。 短い告知期間にも関わらず、全150席がほぼ満席、 そのうち何と4割以上がドイツ人をはじめ日本人以外の方だったこと続きを読む “憲法の映画で味わう深い感動~映画「不思議なクニの憲法」デュッセルドルフ上映会”

またまたサンタクロース

ご理解を頂けるかどうかが分からないのですが、最近起きた仕事の変更によって忙しくなり過ぎて、ブログ記事の執筆に十分に時間を使えなくなりました。軌道に乗って、新しい事情に慣れてきたら、また前みたいに書こうと思っているので、今続きを読む “またまたサンタクロース”

9/16.17は、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン祭へ

  ドイツ薬草療法の母といわれる ヒルデガルト フォン ビンゲンのお祭りが 9/16.17にリューデスハイムにある教会で行われます。 17日はミサの後に、年に1度だけのヒルデガルトの聖櫃が開けられ・・・ それに続きを読む “9/16.17は、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン祭へ”

音楽?コメディ?超絶のエンターテイメント

イグデスマン&ジョーというコンビをご存知でしょうか? ヒャンキー・ジョー(ピアノ)、アレクセイ・イグデスマン(バイオリン)のコンビが世界中でものすごい人気を博しています。 2人ともイギリスのメニューイン音楽院の出身。ヒャ続きを読む “音楽?コメディ?超絶のエンターテイメント”

ど迫力!ザウアーランドの野外劇場Elspe Festivalに行ってきました

大自然の山の中につくられた野外劇場、Elspe Festivalをご存知ですか? そこでは毎年6月から9月まで夏の間、Karl May FestspielといってWinetouというインディアンの物語を上演します。このシ続きを読む “ど迫力!ザウアーランドの野外劇場Elspe Festivalに行ってきました”

フランス発 白い晩餐会へ・・・

白い晩餐・・・というイベントをご存知ですか? これはフランス発のイベントだそうです。 なにか深い意味があるのかそこまでは知らないのですが。 白い服、白いテーブルクロス・・・白い食器なんかで、見知らぬ人々と 共通のテーマに続きを読む “フランス発 白い晩餐会へ・・・”

辻井伸行 ピアノリサイタル

先日トーンハレにて、ピアニスト辻井伸行さんのリサイタルを聴いた。 ショパンとリストの小品から大曲までを集めた、魅惑的なプログラム。 前半のショパンは、ポーランドの魂のような、伝統的な血さえ感じられるリズム、テンポ、それで続きを読む “辻井伸行 ピアノリサイタル”

こどもの病気を考える時・・・

  子供の病気は辛いですよね・・・ でも、病気の人は・・・いろんな種類の人がいます。 時折、病気になっていたい人もいるのです。 なぜなら、病気でいるとメリットがあるからです。 それは後から書くことにして・・・ こどもの病続きを読む “こどもの病気を考える時・・・”

フェルト細工で遊ぼ!

  こどもたちと フェルト細工の小鳥をつくりました。 フェルト針でフェルトをおりまげながら、ちくちくさしていくだけで、 こんなに簡単に・・・・     すきな形にできていきます。 使ったのは、メルヘン続きを読む “フェルト細工で遊ぼ!”

ドイツはボードゲーム天国

  ドイツはボードゲーム天国。 薬草天国、自然療法天国・・・・  ほんま天国だらけです。 ウィーやら、PCのゲームとかいろいろあるようですが・・・(うちにはないので) こどもたちはボードゲームも大好きです。 わたしのお勧続きを読む “ドイツはボードゲーム天国”

雑草のように逞しく生きるこどもに。

    日本ではこどもが自殺するということが、おこっています。   黒柳徹子さんの活動紹介の記事です。   私が会った子どもたちは、みんな可愛かった。   笑っている子ど続きを読む “雑草のように逞しく生きるこどもに。”

春のデトックス 無料でハーブティーを手にいれる方法

  ドイツも春めいてきましたね。 この時期は日本では木の芽時といって、体の調子がすこしおかしくなったり。。。 発疹がでたりすることも。 体の中からデトックスしているのです。 ドイツでは、春には春の薬草でデトックスする習慣続きを読む “春のデトックス 無料でハーブティーを手にいれる方法”

カワイ ピアノコンサート 副島響子

先日クレーフェルトであった、カワイ主催のピアノコンサートを聴きました。 この催しは月に一度、優秀な若手ピアニストが登場するピアノソロのリサイタルで、今年より会場が Musikschule Krefeld になり、その第1続きを読む “カワイ ピアノコンサート 副島響子”

ニコラウスって誰?サンタクロースって一体何者?

ここ数年前から毎年の様に、西洋のある一つの文化が凄く気になる。それ   は、日本語で言うと、サンタクロースの事である。この話を書いてからクリスマ   スまではあと僅か4日間しかなかった。 ドイツでは12月24日の夜(クリ続きを読む “ニコラウスって誰?サンタクロースって一体何者?”

絶対音感って何ですか。

こんにちは。ピアノを教えたり弾いたりしている、編集スタッフのAYです。 “絶対音感“についてピアノ教室のブログを書いたところ、この言葉を検索して訪問される方がたくさんいらっしゃり、関心の高いテーマなんだな、と思いました。続きを読む “絶対音感って何ですか。”