母語の大切さ

生まれてから6才くらいまでの間の言語習得能力は驚くべきものがあります。 幼児は真綿のように、経験したことをそのまま学習して身につけます。 当たり前のことですが、美しい日本語を聞いて育てば美しい日本語を覚え、 不完全で悪い続きを読む “母語の大切さ”

家で日本語ばかり話すのはNG?

親が話す言葉と、現地語が違う場合、親は子供のことばに ついて、迷いがあることが多いと思います。 「ドイツ語も大事だけど、私の話す言葉も話せるようになってほしい」 「2言語環境だと、小さい子は混乱するのではないか」 「家で続きを読む “家で日本語ばかり話すのはNG?”

国語と日本語学習での語彙数の違い

国語と日本語は大きな隔たりがあると前回おつたえしました。 その大きな要因のひとつに語彙数があります。 子どもは言語発達に合わせてどれくらいのことばの意味「語彙」を身につけるのでしょうか。 幼児期に獲得されるのは基本語彙と続きを読む “国語と日本語学習での語彙数の違い”

バイリンガルになれる確率

「バイリンガル」というのは両言語とも母語レベルの人をさします。 外国で育つと簡単に「バイリンガル」になれそうなイメージがありますが、これは極めて稀なのです。 語学のずば抜けた天才でない限り、かなりの訓練をしてもなかなか完続きを読む “バイリンガルになれる確率”

わたしの子供が話す日本語、それは「継承日本語」

継承日本語という言葉を聞いた事がありますか。 「継承語」は、英語の「Heritage(継承) language 」を訳した言葉で、初めは 分かり難い言葉だという印象を持ちました。 継承と聞いて、まず思い起こしたのは文化遺続きを読む “わたしの子供が話す日本語、それは「継承日本語」”

外国でこどもの日本語を育むために

私はドイツのギムナジウムで30年以上、外国語としての「日本語」を教え、後にデュッセルドルフの補習校でチームティーチングを依頼されて小学1年生から中学3年生の子たちが「国語」として日本語を学ぶ現場に1年間立ち合う貴重な機会続きを読む “外国でこどもの日本語を育むために”

数学:土台となる力をつける

数学が苦手な子は、中1のうちに中3までの計算をしたらよいのはなぜかというと・・・   中学校の数学では、大きく分けて計算と図形、これがほとんどを占めています。 ところが図形でも計算が必要です。 日本の場合は計算続きを読む “数学:土台となる力をつける”

数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?

いいんです。 こどもは色々。状況も色々。みんな一律の枠にはめるのはオトナの都合、教える側の都合です。いい先生なら普通、生徒を不平等に扱います。もとい、子供の違いに応じて変幻自在に対応を変えます。伸びるものはどんどん伸ばせ続きを読む “数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?”

バイリンガル・セミリンガル

海外で子育てしている両親ともに日本人のケース(自分のことですが) ・・・こどもは家では日本語、外ではドイツ語、英語も学校で習うし、そのうちフランス語 までできるようになっちゃう?(ラッキー!) ところが調べたり経験者に聞続きを読む “バイリンガル・セミリンガル”

ブルータス(息子)よ、(引っ叩かれるのは)お前もか!

娘の暴走(?) に続き、今度は10歳の息子の番? サッカー選手になると言って頑張っている長男。 才能の無さから客観的に無理とはわかっていても、そこで水を差すのはあまりにもかわいそう… 親としては、「思いっきり頑張りなさい続きを読む “ブルータス(息子)よ、(引っ叩かれるのは)お前もか!”

おそるべし、ヨーロッパの言語政策

昨年9月に国際交流基金ケルン日本文化会館で行われたあるワークショップ。 その詳細な報告書がアップされているので読んだところ、衝撃を受けました。 そして、その考え方とワークショップの内容に非常に感銘を受けたのでかいつまんで続きを読む “おそるべし、ヨーロッパの言語政策”

また娘を引っ叩いてしまった 2

火曜日に娘にビンタをしてからその後、ずっと気になっていました。娘には(利己主義の蔓延で最近増加中の) 嫌な女 (に限らず男も) になんかなって欲しくないとの一心です。 思い出してみれば、うちの父親は私の妹に対して、「娘は続きを読む “また娘を引っ叩いてしまった 2”

また娘をひっぱたいてしまった…

14歳になったばかりの娘を今朝、ひっぱたいてしまいました。 彼女の13年間の人生で、これで3回目です。 ひっぱたく時は強過ぎず、弱過ぎず。 相手に響く程度に。 メガネをかけているので、そのまま引っ叩くとメガネが飛ぶので、続きを読む “また娘をひっぱたいてしまった…”

うちのカミさんは神様?

私はよく、妻のことをメールで明記する時に、カミさん(神様)と書きます。 勿論半分はダジャレということもありますが、残りの半分は本気です。 臓器を移植したり、遺伝子操作を行ったり、ドリーを誕生させたりなど,医学がどんなに進続きを読む “うちのカミさんは神様?”

ドイツは安全ですか?

最近、お客様からこんなお問合せをたくさんいただきます。 昨年末に起きたパリ同時多発テロは、世界中の人たちに大きな悲しみと衝撃を与えました。 このようなお問合せが増えることも無理はないのでしょう。 しかしこのような問い合わ続きを読む “ドイツは安全ですか?”

なぜ自殺はしない方が良いのか、子供は作った方が良いのか。

それは自分(各人みんな)が存在するからです。 自分の存在は、自分の両親(2人)、おじいちゃん、おばあちゃん(父親、母親両方で4人)、さらにその親たち(8人) というように辿っていくと、あっという間に豊臣秀吉も驚く数(*)続きを読む “なぜ自殺はしない方が良いのか、子供は作った方が良いのか。”

食は、未来のチカラ。ますますドイツのサッカーチームが強くなっていく訳。

ドイツのサッカー選手たちが本格的にカラダ作りに取り組み始めたらしいです http://number.bunshun.jp/articles/-/824734 ↑ この記事を参考にしてみてくださいね。 ドイツのサッカーチー続きを読む “食は、未来のチカラ。ますますドイツのサッカーチームが強くなっていく訳。”

とあるドイツの公立学校で感じる幸せ

先週、「チーム太郎」(名称は私が勝手に付けている)のミーティングがありました。息子に市からスクールアシスタントさんを付けてもらっているので、現状や問題点を話し合う、年に2回の貴重な機会です。 構成メンバーはクラスの担任と続きを読む “とあるドイツの公立学校で感じる幸せ”

クリエイティブな子供たち6 教育の目的 「学問のすすめ」の70年後

前回までは「学問のすすめ」初篇を紹介しました。本当は全編じっくり扱いたいのですが…… ぜひお読みください。 福沢諭吉は教育の目的をたった一言で言い表すならば、「人類の平安のため」と言い切りました。そして、国民1人1人が賢続きを読む “クリエイティブな子供たち6 教育の目的 「学問のすすめ」の70年後”

クリエイティブな子供たち5 教育の目的 福沢諭吉編2

前の記事から間隔が空いてしまいました。まだ学問のすすめ 初編のしかも途中だったのですが、続き を見ていきたいと思います。さすがに学問のすすめに関しては長くなりそうです。 初篇の続き 人の一身も一国も、天の道理に基づきて不続きを読む “クリエイティブな子供たち5 教育の目的 福沢諭吉編2”

クリエイティブな子供たち4 教育の目的~福沢諭吉編

前回は新渡戸稲造の「教育の目的」を読んでみました。 今回は福沢諭吉です。福沢諭吉と言えば「学問のすすめ」 でも、実際に読んだことがある人は非常に少ないのではないでしょうか。 しかし、これはすべての人に必ず読んでもらいたい続きを読む “クリエイティブな子供たち4 教育の目的~福沢諭吉編”

クリエイティブな子供たち3 教育の目的~新渡戸稲造編

学校、教育、勉強の目的って何でしょうか? 前回、真剣に考えてみませんか?などと言ってはみたもののあんまり真面目くさってもよくないので少し気楽にいきましょうか。 まあ、最近は便利なもので、課題が出されてもグーグル先生に尋ね続きを読む “クリエイティブな子供たち3 教育の目的~新渡戸稲造編”

クリエイティブな子供たち2 根本的に考える

受験と一口に言っても本当に色々です。 すべてをひとくくりにして単純に受験そのものを良い、悪いと判断することはできません。 ただ、全員が全員同じことをやらなければいけないような状況というのは非常に疑問を感じますし、わけもわ続きを読む “クリエイティブな子供たち2 根本的に考える”

クリエイティブな子供たち

随分前、日本に居た頃は某大手中学受験塾で理科の講師をしていました。 たくさんの子供たちを見て色々なことを感じました。 大人の当たり前は子供にとっては当たり前でも何でもなかったりします。 本当に色々な子がいます。 例えば国続きを読む “クリエイティブな子供たち”

水泳は子どものうちに習わせておいた方がいい理由

現在デュッセルドルフの隣町、メアブッシュでレスキュースイマーコースに通っています。溺れている人を助けるための特別な泳ぎ方を習い、DLRGという、直訳するとドイツ人命救助組織という所が発行する資格を取るためですが、ブロンズ続きを読む “水泳は子どものうちに習わせておいた方がいい理由”

日本とドイツの教育?

このところ教育に関連して興味深いお話を聞く機会が立て続けに聞く機会がありました。 日本で生まれ育ってきた人間が外国に住んでみると当然ながら驚くことがたくさんあります。そうしたときに日本の基準を持ち込まずになるべくニュート続きを読む “日本とドイツの教育?”

幼児期の英語教室、いいの?

いよいよ日本でも小学3年生から英語教育が始まりました。 ドイツでも小学3年生に英語を学び始め、ギムナジウム(日本でいう小学5年生)に行くと2つ目の外国語を習います。 友人の住むスイスでも同じように母国語であるドイツ語、英続きを読む “幼児期の英語教室、いいの?”

街の掃除に参加して、心と身体のフィットネス!

「日本を美しくする会」ってご存じでしょうか? ボランティアの掃除団体NPOで、日本中の街や学校のトイレをきれいにしまくっている不思議な団体です。 始めたのは、カーパーツで有名なイエローハットの創業者、鍵山秀三郎という人で続きを読む “街の掃除に参加して、心と身体のフィットネス!”

ドイツで現地校に行かせ、家庭で日本語を使えば、日独バイリンガルの一丁上がり!

両親共に日本人の家庭で育つ子どもを、ドイツの現地校に通わせると、学校ではドイツ語を習い、家では日本語を使うので、いとも簡単にバイリンガルの出来上がり!...と、思っていました。以前2人の日本人の子どもがネイティブなドイツ続きを読む “ドイツで現地校に行かせ、家庭で日本語を使えば、日独バイリンガルの一丁上がり!”

質問は魔法! ドイツと日本

// // 小さなこどもは「ねぇ、これってなんで?」「どうしてなの?」 いろんな質問をしてきませんか? 質問されると、大人は考えるし、答えようとします。 で、いろんな発見があります。でも、こどもに「なんでかな?」って聞く続きを読む “質問は魔法! ドイツと日本”

生きる 谷川俊太郎の詩と、紛争地とこどもたち。

生きるという 谷川俊太郎の詩をこどもが朗読してくれました。 大きくなったなぁ。 生きる 谷川俊太郎 生きているということ いま生きているということ それはのどがかわくということ 木漏れ日がまぶしいということ ふっと或るメ続きを読む “生きる 谷川俊太郎の詩と、紛争地とこどもたち。”

取り戻したい修身、道徳教育

日本政府のここ数年の試み... グローバル化 国際社会でリーダーシップを発揮できる人材の育成... 日本が世界のリーダーとなる日が来るのか? 日本の教育はノートに文字を書くだけで発言なし。 中には寝ている子も。 ドイツで続きを読む “取り戻したい修身、道徳教育”

「少々お待ちください」 と、「ハイ、只今」 との途方もなく大きな違い

サービス業において、お客さんが 「すいません」と声をかけた時に、もしお取り込み中だと、「少々お待ちください」 と言われる時もあれば、「ハイ、只今」 という言葉が返ってくる時もります。 「ハイ、只今」は珍しいです。 両者の続きを読む “「少々お待ちください」 と、「ハイ、只今」 との途方もなく大きな違い”

ここにもあった、利他の成功例。ASOBO! という、子どもに良い刺激を与える集まり

明けまして、おめでとうございます! ASOBO! という、デュッセルドルフとその周辺の子どもたちを集めてクリエイティブなアクティビティーを提供している組織をご存知でしょうか? 勉強から遊びまで、そのプログラムは豊富で、子続きを読む “ここにもあった、利他の成功例。ASOBO! という、子どもに良い刺激を与える集まり”

限りなく馬鹿に近い優しさ... では駄目! 愛を以って厳しく...

明けましておめでとうございます。 今年も皆さんにとって良い年となることを心から願っています。 自画自賛、手前味噌ではありませんが、時々 「優しい」 と言われることがあります。 今までの人生で、一応 「人に優しく、自分に厳続きを読む “限りなく馬鹿に近い優しさ... では駄目! 愛を以って厳しく...”

外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…

大陸間移動が楽になって世界が小さくなり、日本人の国際結婚が増えています。 幸いにも、日本人女性と外国人男性のカップルの方が多いようです。 日本人の男にしてみると、日本人女性は世界に誇れると思うので、ちょっと残念な気持ちも続きを読む “外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…”

物事は意外と単純に考えるほうが、簡単。Simple is the best

  複雑な世の中ですが、シンプルな中に答えがあるのだなと、最近は感じます。 イギリスに暮らす日本人の友人のところに遊びに行ったとき。。。 「なんかね、イギリスって。。。すっごい味が単純なのよ」 「えーー、そうな続きを読む “物事は意外と単純に考えるほうが、簡単。Simple is the best”

ドイツの子供の支援システムが素晴らしすぎる

ドイツで子育て、大変貴重な経験をしました。(現在も継続中) 現地小学校入学直後から問題行動を連発、先生を悩ませる困った子供(しかもドイツ人ではなく外国人である日本人)だったにも関わらず、大変手厚い支援を受けることで子供の続きを読む “ドイツの子供の支援システムが素晴らしすぎる”

カップケーキ de ウェディング!

先日、デュッセルドルフでウェディングがありました。 このウェディングでゲストから大好評だったのが、カップケーキ! 花嫁と花婿のカップケーキは特別オーダーで、 そして、チョコレートケーキにベリークリームがのったものや、 テ続きを読む “カップケーキ de ウェディング!”

水銀シリーズ その2 デトックス法

水銀・・・その デトックス方法ってあるのでしょうか? こちらで紹介するのは、世界にある様々な自然療法のひとつです、 ですから、ひとつの情報としてお読みください。 クリンクハートによる1998年にチューリヒで行われた2時間続きを読む “水銀シリーズ その2 デトックス法”

中耳炎に抗生剤?!こどものケア

  こんにちは。 ようやくドイツにも本当の春が・・・・やってきたのか?といわれる季節になりました。 すこし安心です。 ところで、春から夏にかけてお子さんにはいろんな体の症状が表れますよね。 中耳炎、鼻炎、肌荒れ続きを読む “中耳炎に抗生剤?!こどものケア”

シュタイナーの言葉 喜びと苦しみの意味

  シュタイナー教育といえば、ドイツですよね。 シュタイナーは自由への教育が理念。 何度、見学にいっても 学校の中に漂う空気やこどもたちの表情が穏やかなので 癒されます。 ちなみに我が家のこどもは、ふつーの現地続きを読む “シュタイナーの言葉 喜びと苦しみの意味”

無料の健康イベント 日独健康の日

もうすぐ 恒例の JAPANTAG 日本デーが開催されますね。 その前に…!! 入場無料のイベントが中央駅近くのハイルプラクティカー学校で開催されます。 無料の健康的な軽食もでますので{道端の雑草ではないですよ}、ぜひお続きを読む “無料の健康イベント 日独健康の日”

植物、花とは会話できるのか?

人間には もともと備わっていた自然の力が眠っています。 だから心を解放すれば、誰でも花や植物と心を通わせることができるということを、ドイツの自然療法の学校で学びました。 ペットにしても、人間にしても。・・・花だって、おな続きを読む “植物、花とは会話できるのか?”

ドイツmamaの知恵 中耳炎のお手当。

春はデトックスの季節です 花粉症の季節でもあります。 だいたい子供も、大人も・・・ 自分の弱っている箇所・・・出しやすい個所から出していきます。 頭が痛くなったり 鼻水 大量にでたり お肌がかいかいになったり・・・ 中耳続きを読む “ドイツmamaの知恵 中耳炎のお手当。”

冷え症に、しょうがシロップはいかが?

しょうがのシロップを作りました。 ドイツ自然療法の母・ヒルデガルドによると シナモンは女性に万能のハーブ。 しょうがと、シナモン、なつめぐ などなど。 しょうがをお砂糖につけて、2日ほど抽出。 しぼりだして、スパイスを加続きを読む “冷え症に、しょうがシロップはいかが?”

不潔な子ほど、元気になる法則。

「きれいなお姉さんは好きですか?」っていうCMが昔ありました。 誰でも好きですよね。 同じ女性でも、きれいな人をみると幸せな気持ちになれますから。。。 では、汚い子どもは・・・好きですか? 汚い子ども代表格といえば・・・続きを読む “不潔な子ほど、元気になる法則。”

ドイツはボードゲーム天国

  ドイツはボードゲーム天国。 薬草天国、自然療法天国・・・・  ほんま天国だらけです。 ウィーやら、PCのゲームとかいろいろあるようですが・・・(うちにはないので) こどもたちはボードゲームも大好きです。 わたしのお勧続きを読む “ドイツはボードゲーム天国”

脱ステロイド・脱薬への道のり。

最近は、ドイツでもアトピー性皮膚炎のこどもをみかけることが多くなりました。 なにが原因なのかといわれると、思いつくものはたくさんあります。 ストレスとも関連しているようですね。 わたしの妹はかつてアトピーだったのですが 続きを読む “脱ステロイド・脱薬への道のり。”

水筒で甘酒を作る方法。

先日は麴のセミナーに行ってきました。 その前から、どうしても甘酒が作りかたかったのですが・・・・ 炊飯器は壊れてないし、 「よし!」 水筒で作ることにしました。 用意するものは ・水筒  保温キープできるもの。 ・もち米続きを読む “水筒で甘酒を作る方法。”

バレンタインデーには!美しく輝く歯の秘訣。

「ひさしぶり~~」 「げんき~~」 ドイツ語学校のタイ人・クラスメートにスーパーマーケットで遭遇。 笑うと、きらっと白い歯に光っています。 しかし・・・なぜ? 社長婦人の彼女・・・ドイツ人のだんなさんとは超ラブラブ・・・続きを読む “バレンタインデーには!美しく輝く歯の秘訣。”

糀屋ウーマンから学ぶ子育てのコツ。 その1

ドイツに来てから・・・塩糀・味噌作り・・・・と、いろんなものを手作りできるようになって嬉しいです。 (あ、お味噌はこの間 作ったばかりですが) 先日、デュッセルドルフで 大分の老舗の糀屋さんのおかみの、セミナーに参加しま続きを読む “糀屋ウーマンから学ぶ子育てのコツ。 その1”

目からうろこの、男女の違い!!

Facebookからの紹介記事が 納得とともに、 あまりに爆笑だったので、紹介します。 二人の男の子の母、+ 夫に囲まれて暮らしていると・・・ 時折 (男ってやつは~~~~~!)と理解不能に。 (もちろん、向こうも理解不続きを読む “目からうろこの、男女の違い!!”

あなたの食べ物が、あなたを作る。鳥たちからのメッセージ。

あけましておめでとうございます。 デュッセルドルフの皆様、 そして世界からの読者様、今年もよろしくお願いいたします! (クリスマスはもう終わりましたが。。。) クリスマスリースの枝が余ったので・・・・ これまた、余りもの続きを読む “あなたの食べ物が、あなたを作る。鳥たちからのメッセージ。”

楽な子育て『比べないこと』って・・・わかっているけど難しい?!

こどもを育てていると、陥りやすいのが・・・・ (あ、うちの子・・・ほかの子より できてるわ )ほくほく・。・ とか・・・ (あかん。。。負けている) ま、ここまでダイレクトではないにしても、どうしても他と比較しがちになり続きを読む “楽な子育て『比べないこと』って・・・わかっているけど難しい?!”

自然療法との付き合い方。

自然療法を学んでいて、陥りやすいのが「ダメ・ダメ」の落とし穴です。 わたしたちが住んでいるこの現代社会は、自然に暮らそうと思っても もうかなり人工的で、かなり気をつけないと・・・生きていけません! 日本の場合だと お医者続きを読む “自然療法との付き合い方。”

もし日本が戦争を始めることになったら?

世界中の お母さん、お父さんが 可愛いわが子を胸に抱いたとき、 この子が人殺ししたり、殺されてもいいと・・・・ 思ったでしょうか? わたしたち、 ひとり ひとりが できることがあります。 『戦争の作り方』という本をご紹介続きを読む “もし日本が戦争を始めることになったら?”

クリスマスの準備 バニラキプフェルの作り方

もうすぐクリスマス。 ドイツの家庭では、クリスマス前には、まるで日本のお母さんたちが 日本の『おせち料理』を準備するように「クッキー」を何種類も焼きます。 家庭によっては、シュトレンなども手作りするくらいですから、感心し続きを読む “クリスマスの準備 バニラキプフェルの作り方”