マスクの意味

再び虎ノ門ニュース、武田邦彦教授です。 マスクに関する興味深いお話しです。 19:00分のところ

ドイツのロックダウンは再び延長、2月14日まで。しかもマスクの種類制限付き

もう呆れて何も言えません。 今日からは、布マスクもダメで、市販の使い捨てマスクのみ。 コロナ一個(と言う?)はマスクの目より小さいのに… 使い捨てマスクを買ってみれば、 それらは、Made in China…

じゃあ、どうする?

佐藤仙務さんをご存知でしょうか? 障害により指一本しか動かせないにもかかわらず、若干20代で会社経営をしている人です。 その人の口癖のようなものが「じゃあ、どうする?」だそうです。 似たようなものに、トヨタの「なぜ?」を続きを読む “じゃあ、どうする?”

ひょっとして…

今のこのコロナ禍は、いかに多くの政治家が無能かということを炙り出しているのではないかと思えてきました。 普段は温厚なうちのボス(= カミさん = 神様)も、限界点に達しています。 レストランもそうですが、学校のロックダウ続きを読む “ひょっとして…”

ふざけんなよ!

ユーチューブによる、最新の日本のニュースからです。 サイゼリアの社長さんから、国? 自治体? の外食産業の昼食に対する制限に対して出た言葉です。 その言葉、うちのボス(= カミさん = 神様)は、毎日言っています…😰 学続きを読む “ふざけんなよ!”

コロナで日本の病院が一杯の原因

は、何と日本の全病床数の僅か3%しか使っていないから… 日本は確か、病床数は世界有数なはず… と聞いていたので、一体なぜ? と思っていたら… 丁度15:00分のところから…: でも病床数が多いのが(日本国民の)不健康に繋続きを読む “コロナで日本の病院が一杯の原因”

私はコロナにかからないと思います。

単なる強がりなどではなく、本当にそう思っています。 年齢的には決して安全圏内にはいません。 でも実際に、もう10年近く風邪、インフルエンザ知らずです。 理由は免疫力だと思います。 当時、ひどい花粉症を治そうと、色々とやっ続きを読む “私はコロナにかからないと思います。”

コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い

が分かりました。 ドイツではロックダウンはしているものの、他国の患者を受け入れる余裕があるのに、どうして日本は? と思っていました。 やっぱり特殊(変)な日本の事情です。 虎ノ門ニュースの武田邦彦教授の報道でわかりました続きを読む “コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い”

どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?

インフルエンザと何が違うのかというコロナで世界中がおかしくなっています。 インフルエンザより死者が少なく、正月に餅を喉に詰まらせて亡くなってしまうお年寄りの数よりも少なく… コロナで亡くなる年齢は寿命年齢とほぼ同じ。 武続きを読む “どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?”

コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?

ドイツでは、余裕で?他国のコロナ感染者を病院に受け入れています。 でも日本では、医療機関が一杯一杯だそうです。 どうして病院が一杯になってしまうのか? スーパーのトイレットペーパーがなくなってしまうのを考えてみればすぐに続きを読む “コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?”

日本では、1月になると餅を喉に詰まらせてお亡くなりになるお年寄りが1.300人もいるそうです。

そのほとんどが1月の前半だそうです。 では、コロナの死者はどのくらいでしょうか? 1:03分目の所…

カンタンに痩せる(太らない)方法。

食事中の後半に入ったら、一口毎に自分のお腹と相談する方法です。 でもそれは、お腹が空いていて食事を取り始めた時のことです。 実際には、食事を食べる前からも同じことが言えます。 朝だから、昼時だから、夕食どきだから… とい続きを読む “カンタンに痩せる(太らない)方法。”

サッカーは、やめた方が良い!

手術が必要なほど半月板を損傷してしまうと、術後も後遺症が残ります。 私の場合は、左足の両側の半月板に少し傷がつき、手術でその部分を取り除いたそうです(医者曰く… 本人は、手術中は全身麻酔で…) 執刀医は、DEGというデュ続きを読む “サッカーは、やめた方が良い!”

分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人

先日、デュッセルドルフの駅を歩いていた時です。 駅の構内、駅前及び駅裏は現在、ドイツではマスク着用の義務があります。 でも私のように、メガネをしていてマスクをすると、メガネが曇って前が見えません。 そこで時々鼻の部分だけ続きを読む “分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人”

昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント

パッチワークさんという、最近見つけたブロガーさんがいらっしゃいます。 かなり苦労をされた方のようで、かなりの理解力です。 苦労をすると理解力が高まる? はい! のほほ〜〜〜としているよりは、間違いなくはるかに高まります…続きを読む “昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント”

一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限…

以下は、デュッセルドルフに住む日本人に送られた、在デュッセルドルフ日本総領事館からの一斉メールです。 ここまでコロナの現状が分かってきて、どうしていまだに各人に任せないのでしょうか? 我々は幼稚園児以下でしょうか? ●1続きを読む “一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限…”

人に必要な1日の運動量 (3)

人に必要な1日の運動量を短くまとめてみれば…: ① 毎日、数kmは歩く。 ② 同上、毎日数回、上半身、特に腰回りや腕を動かす。 これを行えば大丈夫だと思います。 さらに詳しく書くと、① は足腰の運動なので、自転車こぎでも続きを読む “人に必要な1日の運動量 (3)”

コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策

戦争時や、何か突発で大勢の大小負傷者が出た時、医者や看護婦の数に限りがある時にはどうするでしょうか? 見込みの無い者、あるいは軽傷の人は放って置かれます。 つまり、見込みのある人から優先的に治療を受けます。 どういうこと続きを読む “コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策”

マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…

マスク警察は、いわゆるKYの人たちでしょう。 それが正しいと思ってやっているのは良いのですが、それで周りに嫌われると気が付かないからです。 でも、マスク警察のような存在がいるからこそ、決まり事がより守られるのです。 どん続きを読む “マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…”

目を覚まして欲しい、フェイクニュースにやられっぱなしの日本人に…

現在の、本当にアホらしいコロナの(経済制約)馬鹿騒ぎについて、正に自分が思っている通りのことを本日の虎ノ門ニュースで武田邦彦教授が仰って下さいました。 25分目辺りから… スウェーデンの事実は知りませんでしたが、これを見続きを読む “目を覚まして欲しい、フェイクニュースにやられっぱなしの日本人に…”

コロナ制限で儲かる連中がそれを煽っている?

例えば GAFAやファイザーなどのワクチンを作る製薬会社。 巨大企業 = ビッグマネー ビッグマネーがあれば、世界中のメディアを抱え込むことなど簡単です。 お金で動かない人間はこの世に僅か… かかっても何でもない… 死亡続きを読む “コロナ制限で儲かる連中がそれを煽っている?”

コロナ制限と良識

自分が住むMeerbuschは、まだ田舎の村なのでそんなことはありませんが、先日、Düsseldorf 市内はマスクが義務になりました。 それにもかかわらずに、Düsseldorf をマスク無しで歩いている日本人のおばち続きを読む “コロナ制限と良識”

いよいよ、我が「デュッセルドルフ」もコロナ蔓延

近所に住む、薬局に勤める知人の同僚がコロナで陽性となりました。 その結果、同じ薬局に勤める全員がコロナ検査必須。 ところが、薬局は医療関係なので、仮に陽性でも熱とかが出なければマスクをして仕事を続行だそうです。 今までは続きを読む “いよいよ、我が「デュッセルドルフ」もコロナ蔓延”

デュッセルドルフでは、レストランへの入場人数制限が10人から5人へ。オランダではレストラン営業停止令…

コロナ感染が再び増えているそうです。 マドリッドでは緊急事態宣言、ICU、集中治療室が一杯だそうです。 虎ノ門ニュース、特に武田邦彦教授は、決して朝日や毎日のようにフェイクニュースを流していないという前提で… コロナで亡続きを読む “デュッセルドルフでは、レストランへの入場人数制限が10人から5人へ。オランダではレストラン営業停止令…”

マスクを気にするドイツ人。距離を気にするオランダ人。

先日、アムステルダムに車で出張に行きました。 給油の際に、支払いの為にガソリンスタンドに入りました(*)。 * ヨーロッパでは、セルフが普通で、自分で勝手にガソリンを入れた後に、レジに代金を支払いに行きます。 その時に気続きを読む “マスクを気にするドイツ人。距離を気にするオランダ人。”

スキンシップが欠かせないドイツ人

ドイツでは、コロナで握手がまるで禁止のようになりました。 握手があまり好きでない私には好都合です。 その理由はこちら ➡︎ 握手は不衛生? ここぞとばかりに私は日本式で会釈で済ませようとします。 ところが… どうしても身続きを読む “スキンシップが欠かせないドイツ人”

人に必要な1日の運動量 (2)

怪我と手術で具合が悪くなった左膝の故障で走れなくなるまで、過去に40年近くジョギングを続けました。 途中、膝の怪我の直後に1〜2年ほどは膝が重くて走れませんでした。 でも、身体を動かすのが大事なことは知っていました。 そ続きを読む “人に必要な1日の運動量 (2)”

人に必要な1日の運動量 (1)

とは一体、どの位でしょうか? そこで思い出すのが、以前、月刊誌「致知」に出ていた江崎玲奈さんの記事です。 江崎玲奈さんは、日本人で4人目のノーベル賞受賞者。 1925年生まれで現在95歳。 「ラジオ体操以外はこれといった続きを読む “人に必要な1日の運動量 (1)”

どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ

死亡者数が、例年のインフルエンザよりも少ない… 死亡者年齢が、ほぼ寿命に近い… それでもこの経済制限… この騒ぎ… 何かおかしくないでしょうか? マスコミが煽っているだけ? それでもなぜ? 騒がれると視聴率が上がるから?続きを読む “どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ”

ドイツの反コロナ規制デモ

やはり、そういうデモもあり得ると思っていましたが… マスク着用義務などに反対して、8月1日にベルリンで2万人程度のデモがありました。 反コロナ対策のデモですが、極右の人たちも加わっていたようです。 デモがあると、必ず警官続きを読む “ドイツの反コロナ規制デモ”

コロナによる死者の平均年齢は79,3歳、日本人男性の平均寿命は79,6歳…

死者全体の90%以上が70歳以上。 そして皆さん、元々が基礎疾患・持病持ち。 50歳以下は僅か0,5%。 死亡率(感染後に死亡)はインフルエンザより高いそうですが、死者数自体はインフルエンザより下。 それでもこの経済制限続きを読む “コロナによる死者の平均年齢は79,3歳、日本人男性の平均寿命は79,6歳…”

ドイツのマスク着用義務の実態

先日、ホームセンターに買い物に行きました。 ドイツでは、店舗等の室内ではまだマスク着用義務があります。 ホームセンターでも、買い物客にはマスク着用の義務があります。 私の場合、メガネをかけているので、鼻までマスクを覆うと続きを読む “ドイツのマスク着用義務の実態”

コロナで分かったレストランの運営方法

今回のコロナ騒ぎ、例年のインフルエンザによる死者数よりはるかに少ないのに、「どうして騒いでいるの?」 という意見がありますが、レストラン業界は危機的な状況に追い込まれました。 最初は一切営業できず。 その後はテイクアウト続きを読む “コロナで分かったレストランの運営方法”

今、どうしたらドイツに来ることができるか?

EU内の人の出入りはほぼ自由になりました。 でも、日本からドイツには、まだ人が来ません。 2週間の隔離期間があるからです。 でもそれがゆるい国があります。 例えばオランダ。 日本からオランダにはほぼ普通に入れます。 よっ続きを読む “今、どうしたらドイツに来ることができるか?”

対コロナのマスクの是非

オランダでは既に、店舗内等でのマスク着用義務がなくなりました。 1.5 – 2m の間隔を空ければ良しということだそうです。 それについて、ある知人のドイツ人が私に、「ドイツは遅れている。ドイツもオランダのよ続きを読む “対コロナのマスクの是非”

オランダではもうマスク無し…

車でオランダに出張しました。 走り出してから… 「あっ、今はまだコロナ。国境は大丈夫だろうか?」 と、一瞬思ったものの、そう言えば先日EU内は、国境での行き来が始まったとニュースで言っていたから大丈夫だろう… いざ国境ま続きを読む “オランダではもうマスク無し…”

コロナウィルスとスペイン風邪 3

コロナウィルスとの比較で過去に世界を脅かせた伝染病の歴史まとめです。 コロナウィルス – 現在 – 死者数54万人(7/10)で増加中… エボラ熱 – 2014年 &#82続きを読む “コロナウィルスとスペイン風邪 3”

コロナウィルスは、ただ単に世界中で騒ぎ過ぎているだけ… という意見

があります。 その理由は、2月末〜3月の上旬だったでしょうか、虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授や上念司さんの説明によります。 例年のインフルエンザによる被害者の方が、コロナウィルスの被害者よりはるかに多いそうなのです。 つ続きを読む “コロナウィルスは、ただ単に世界中で騒ぎ過ぎているだけ… という意見”

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。

昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪のケースの失業者数は300万人になる可能性があるそうです。 その場合の予想自殺者数が約1万人。 失業率と自殺者数の相関関係。 過去の統計から割続きを読む “コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。”

ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン

くだらないダジャレから入りましたが、対コロナでふと思いついたことがあります。 コロナに感染して既に治った人はもう大勢います。 そういう人から輸血を受けてワクチン代わりにするという方法です。 簡単に言うとワクチンとは、その続きを読む “ワクチンさえ出来れば、コロナ対策も、もうラクチン”

コロナウィルス対策と法律

国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ現象が起きています。 それは法律と同じ?で、十把一絡げにしようとする点です。 感染拡大を防ぐために、商店やレストランなどを営業させないという続きを読む “コロナウィルス対策と法律”

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開

コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がずっと閉店していましたが、明日からやっとオープンすることになりました。 オープン出来るのは、床面積800㎡以下のお店という、「???」の制限は続きを読む “コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開”

コロナウィルスをキャベツで防ぐ

コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はかなり遅かったと思いますが、それでも今日のヨーロッパでの凄まじい広がりを見れば日本の被害は少ない方です。 このコロナウィルスを防ぐにはいくつか続きを読む “コロナウィルスをキャベツで防ぐ”

身体に良い靴

「底の薄いシューズメーカーもいくつか現れ、大手メーカーもついにペチャンコな靴底のモデルを出すようになってきました」 とまで書いて紹介しないのでは芸がありません。 素足が一番ですが、足の裏を怪我しても意味がないので足袋が一続きを読む “身体に良い靴”

コロナウィルスとスペイン風邪 2

コロナウィルスの感染者が増え続けています。 日本の公立小中学校が新学期まで休みになるそうです。 「玄関のドアを開けっぱなし(中国からの渡航者はそのまま)で、家の中の各部屋のドアだけ閉めて(学校閉鎖)何の意味があるのか?」続きを読む “コロナウィルスとスペイン風邪 2”

靴のメーカーのとても大きな罪

この世にまだ靴が登場していなかった頃、人間は当然素足で歩いていました。 そしてよく見ると、その頃は決してカカトから着地していませんでした。 カカトから着地すると、着地の時の衝撃が大きいからです。 衝撃というと大げさに聞こ続きを読む “靴のメーカーのとても大きな罪”

コロナウィルスとスペイン風邪

コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほど前にスペイン風邪というとんでもないインフルエンザが流行したのをご存知でしょうか? 第一次世界大戦の最中でもあったそうですが、当時の世界人口続きを読む “コロナウィルスとスペイン風邪”

もし宇宙人が地球に来たら…

という話題が先日、ある病院で知人の1人と出ました。 話の始まりは、この地球という素晴らしい星が、見渡す限りの宇宙の中にたったひとつだけしかないことから… そしてそこには、空気、水、気温などの人間の糧となるものなど、人が生続きを読む “もし宇宙人が地球に来たら…”

とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」

最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「私には出来ない」というメッセージが入りました。 せっかくいただいたありがたいメッセージですが、それは間違い、勘違いです。 そこには「継続は力」という秘密の力が隠れていま続きを読む “とても不思議な「継続は力」は「諦めない力」”

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2

なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからです。 自他共に認める借金王の私は(笑)、今のままだと80歳代の後半まで借金の返済に追われています。 それではあまりにも惨め…涙💦 そこで思い続きを読む “半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2”

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1

実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言うと、マスターズの水泳です。 マスターズというのは、色々な競技で20歳以上、5歳区切りで100歳以上のクラスまであります。 さすが世界一の長寿続きを読む “半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1”

人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…?

以前、地元の新聞 Rheinische Post の1面で面白い記事が出ていました。 統計によるとドイツ人が太り続けているので健康に良くないというのです。 日本では既に数年前から肥満=病気だそうですが、ドイツでもそろそろ続きを読む “人間は進化しているのか… それとも退化しているのか…?”

ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった…

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と思われる痛みがお尻に走り、これはまずいと医者に行きました。 昔から腰が重い(比喩ではなくて現実に)ものの、お尻に痛みが走ったのは初めてです。 知人、デュッセルドルフのビジネスマンレジェンド続きを読む “ドイツで10本の指に入る腰骨の外科の名医というのは本当だった…”

再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦

腰に13本、口の中に4本、そして今度は膝に… しかも膝の関節奥深くまで… 半月板損傷で手術を受けた膝が腫れ、常に重い感じが… 40年近く続けたジョッギングも出来なくなり、大好きなスキーも興味を失い… 椎間板ヘルニアによる続きを読む “再び注射! 今度は膝の関節奥深くにブッスリと…汗💦”

注射が苦手なのは日本人男性だけ?

ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ10に入る名医の元で知りました。(詳しくはこちら ➡︎ 世界一、臆病な日本の男たち…椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 その3) そして本日、再び注続きを読む “注射が苦手なのは日本人男性だけ?”

通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が…

依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。 江口社長: 「川崎さん、ありがとうございました」 ごくごく当たり前の言葉で、私も同じようにご挨拶しました。 そして続いて…: 「川崎さんにお会続きを読む “通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が…”