病気には、ヒルに血を吸わせるのが効くと信じていた中世のフランス人を笑えない現代人…

中世のフランスでは、ヒルに血を吸わせると病気が治ると信じられていました。 現代人がそれを聞くと、何とおバカな… と思います。 ですが、当時の人たちは本気で、1827年のわずか一年間で3千3百万匹のヒルを輸入した事実が残っ続きを読む “病気には、ヒルに血を吸わせるのが効くと信じていた中世のフランス人を笑えない現代人…”

ドイツ、デュッセルドでは今日、コロナワクチンに対する大きな反対デモ

があるので、渋滞が予想されると、日本総領事館から一斉メールが届きました。 ドイツでは相変わらずに厳しくて、2g+という制限をおこなっています。 2Gというのは、既にコロナにかかったか、あるいはワクチンを打ったか。 +とい続きを読む “ドイツ、デュッセルドでは今日、コロナワクチンに対する大きな反対デモ”

コロナはこれからずっと続く❓❓

昨日、やっとコロナが収束に向かうと書いておきながら… でもそれはあくまでもワクチンが有効で、コロナテストが正常で、陰謀論がない場合です。 ドイツでは、コロナに2回かかった人がいます。 それも知人の知人で割と身近… と言う続きを読む “コロナはこれからずっと続く❓❓”

朗報‼️ ついにコロナが収束‼️

長かったコロナ。 もう約2年です。 でもやっと収束の兆しが見えてきました。 感染者が、誰の周りでも出てきて、今の自分がかかっているのも多分コロナです。 アホなことをしている政治と行政に振り回されるのは嫌なので、検査に行く続きを読む “朗報‼️ ついにコロナが収束‼️”

世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店

注文を間違える料理店? 注文の多い料理店?😅 不思議なタイトルに釣られてつい見てしまいました。 店員さんが認知症なのです。 よって、注文を間違えてばかり。 それでも店長さんがとても出来た人で、しっかりとカバーしてくれます続きを読む “世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店”

コントレックス、ゲロルシュタイナー、サンペレグリノ、ペリエ… 硬水で治る足のつり、ふくらはぎのムズムズ

それらのミネラルウォーターは、フランス、ドイツ、イタリア、フランスの硬度が高いものです。 日本でも、こだわったレストランに行くと、それらは置いてあると思います。 軟水と硬水の長短所の比較を今まで何度も書きました。 日本の続きを読む “コントレックス、ゲロルシュタイナー、サンペレグリノ、ペリエ… 硬水で治る足のつり、ふくらはぎのムズムズ”

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由

ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む “日本でコロナ感染者が異常に少ない理由”

最も効果的に痩せる方法。イン側よりも効果的なアウト側

イン(食事)に続いて今度はアウト(エネルギーの消費)の方です。 アウトを増やす方に関して、何冊も本を出しているような著名なお医者さんたちも、意外と分かっていないことがあります。 運動ではあまり痩せないなどと言っていること続きを読む “最も効果的に痩せる方法。イン側よりも効果的なアウト側”

最も効果的に痩せる方法。まずはイン側の方。

まず、「何々を食べるとやせる…」というウソに騙されないことです。 それは基本的に最初から間違っているからです。 食べないとやせるのであって、食べたら太ります。 食べてやせるわけがありません。 人間はついつい楽な方に逃げが続きを読む “最も効果的に痩せる方法。まずはイン側の方。”

香水をかけるか、洗うか…

西洋人の体臭、特に腋臭が臭いのをご存知でしょうか? 若い頃、スペイン人女性と付き合っていたことがあります。 イギリスの英語学校でのクラスメートでした。 相手の方からのアプローチでびっくりしましたが、交際する運びとなりまし続きを読む “香水をかけるか、洗うか…”

お米研ぎの不思議

白米より、玄米の方が栄養がはるかに多くて健康的なことは、多くの人が知っていると思います。 我が家でも一時期、玄米を優先して購入して食べていましたが、いつの間にか白米に戻ってしまっていました。 我が家のボスである家内が言う続きを読む “お米研ぎの不思議”

コロナ禍の長所

コロナで外食が著しく制限されました。 倒産なども続出して、外食産業はメタメタです。 弊社も青息吐息です。😰 悪いことばかり… でも、ひとつだけ良いこと(?)がありました。 私のように大の外食好き、飲み会好きにとって、長い続きを読む “コロナ禍の長所”

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…

「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む “政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…”

ワクチンが示したもの、それは「贅沢は敵」

4才の時にピアノを始めて15年続け、音大に入学した長女が大学を辞めると言い出しました。 医学の方に進む、大学を変えるという、人生の方向転換です。 このコロナ禍で、「職業に貴賎なし」というのがウソであることが明らかになりま続きを読む “ワクチンが示したもの、それは「贅沢は敵」”

コロナ患者は増えれば増えるほど良い。

もう一度だけ、コロナについて言いたいことにお付き合いください。 日本では緊急事態宣言が延長されて、引き続き厳しい状況が続くようです。 厳しいの意味は、一体どういうことでしょうか? 日本の全病院の僅か数%しかコロナ患者を受続きを読む “コロナ患者は増えれば増えるほど良い。”

ワクチンを打った人は本当に安全?

少し昨日の続きになります。 コロナのワクチンは、今までの普通のワクチンとは違って、人工的に(?)作られたそうです。 DNAが関係しているとかいないとか… 昨日のブログを読んで下さった方はお分かりかと思いますが、最も簡単な続きを読む “ワクチンを打った人は本当に安全?”

物忘れをしない方法

家内に、「最近歳を取ったせいか、物忘れがひどくならない?」 と聞かれました。 私の答えは… 「全然…」 でした。 その理由はまず、 物忘れは若い頃からひどかったこと。 そして今、物忘れをしても、物忘れをしたこと自体を忘れ続きを読む “物忘れをしない方法”

世界の中の日本人

世界中で最も真面目だから、強運を引き寄せる法則(?)によると、日本人は最も運が強い国民であるというブログに、みおのニコマークさんから次のコメントをいただきました。 「でも、真面目で律儀だからこそ、メンタルやられる人が多い続きを読む “世界の中の日本人”

めまいや動悸の時には、すぐにしゃがんで下さい。

めまいや動悸の時には、すぐに両手を膝について上半身を前に倒したり、座る、あるいはしゃがんで下さい。 1番良いのは、所構わず横になってしまうことです。 それを知らないと、ついつい立ったままでいて、急に「バターン!」と倒れて続きを読む “めまいや動悸の時には、すぐにしゃがんで下さい。”

「運動は身体に良い」と、「スポーツ選手は短命」という矛盾。

運動は身体に良いと言います。 でも、スポーツ選手って意外と短命な人が多いです。 特に世界級のトップアスリートなど… なぜ矛盾しているのでしょうか? その理由は簡単です。 どちらも「過ぎ」なのです。 過ぎたるは及ばざるがご続きを読む “「運動は身体に良い」と、「スポーツ選手は短命」という矛盾。”

ドイツ人は、天気が良くなるとすぐに外(太陽の下)に出ます。 最近その理由が分かってきました…

ドイツはどんよりとした曇りの天気が多い国です。 雨の日というか、降雨量の統計では日本と似たような感じです。 でもどんより雲が多いのです。 だから外に出ずに家にいて、勉強家たちの勉強時間を増やすことにつながり、ノーベル賞を続きを読む “ドイツ人は、天気が良くなるとすぐに外(太陽の下)に出ます。 最近その理由が分かってきました…”

コロナもワクチンも怖くない人

になるのは意外と簡単です。 キャベツやキャベツの仲間、ブロッコリーなどを頻繁に食べるだけです。 毎日〜2日に1回程度。 そうすると、整腸されます。 つまり腸の中が、いわゆる善玉菌が喜ぶ環境になります。 腸の中には、善玉菌続きを読む “コロナもワクチンも怖くない人”

最高の老化防止法とは?

老化とは、色々と失っていくことだと思います。 記憶力 体力 毛髪 活気、元気、勇気、覇気 柔軟性 かゆい背中に手が届かなくなる…etc…😅 最後には、同級生を失う(寿命で亡くなる)…😅 あるいはその前に自分がいなくなる…続きを読む “最高の老化防止法とは?”

最高の対コロナ対策は、キャベツとブロッコリー

キャベツやブロッコリーを頻繁に食べていると、何が起こるかご存知でしょうか? キャベツとブロッコリー、カリフラワーなどは同じ野菜の仲間です。 栄養も豊富ですが、凄いのはその食物繊維です。 人間の腸の中には、たくさんの菌がい続きを読む “最高の対コロナ対策は、キャベツとブロッコリー”

コロナ感染者がワクチンを打った???

日本では、コロナにかかった芸能人がワクチンを受けたと聞きました。 それは残念ながら意味のないことになります…😅 一度コロナにかかると、最高のワクチンを打ったのと同じになるからです。 ワクチンは、インフルエンザなどの場合、続きを読む “コロナ感染者がワクチンを打った???”

ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い

ドイツでは、先日やっとレストランの店内営業が出来るようになりました。 と思いきや、感染者率指数が再び35(10万人中)を超えて、店内飲食はワクチン接種の証明書か、コロナテストの陰性証明が必要になりました。 この週末で、1続きを読む “ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い”

坐骨神経痛持ちはボケにくい?

という嬉しいニュースを聞きました。 万物に長短ありとは言いますが、まさか坐骨神経痛に長所があるとは… 神経が常にピリピリしているのでボケにくいそうです。 ひょっとすると神経痛なら、坐骨神経痛に限らず何でもそうなのかもしれ続きを読む “坐骨神経痛持ちはボケにくい?”

久々の、デュッセルドルフ中央駅周りの掃除活動

4月末の掃除活動の時に、駅前の人手が極端に少なくて綺麗だったので、2ヶ月間お休みしました。 本日、久しぶりに再開しましたが、人手がとても多くなっているのと同時に、やはり汚れが目立ち、掃除のやり甲斐がありました。 西アフリ続きを読む “久々の、デュッセルドルフ中央駅周りの掃除活動”

マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️

世の中には、とてもお節介な人たちがいます。 例えばマスク警察。 でも今は、マスクはもう世界中で当たり前。 今度はそろそろワクチン警察が現れるのでは? と思っていた矢先… 何と、とんでもない至近距離で現れました。 うちの家続きを読む “マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️”

味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…

ブログ仲間?の「mame58さん」さんのブログで気が付いたことがあります。 腸内環境を良くすると、免疫力が上がるのは今日ではもうかなり知れ渡ったことです。 そこで、その腸内環境を良くする食べ物を食べることが良いとされてい続きを読む “味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…”

とても珍しい、腰の筋肉痛

若い頃から運動中毒な方なので、色々な運動をしていて、軽い筋肉痛はしょっちゅうありました。 筋肉痛ではなくて、筋肉が勝手にピクピクすることもあります。 見ていると面白くて、その部分がピクピクと動くのです。 でもその筋肉痛は続きを読む “とても珍しい、腰の筋肉痛”

手を洗うのに、石鹸を使うか、使わないか?

外から帰ったり、ちょっと手を使った後に、石鹸や液体ソープで手を洗うのが当たり前になっています。 それを疑ってみます。 石鹸で手を洗うと当然きれいになります。 水やお湯だけで洗うよりもきれいになります。 ですが、毎回、毎回続きを読む “手を洗うのに、石鹸を使うか、使わないか?”

女性の寿命が長い理由

以前、なぜ女性の方が寿命が長いのかを、健康というテーマで深掘りして本も出させていただいた私の考えを書きました。 男は仕事が終わってしまうと(退職してしまうと)、老後はせいぜい趣味をする程度です。 この時点で男はもう責任感続きを読む “女性の寿命が長い理由”

太らない方法があることをご存知ですか?

その方法とは、基礎代謝を上げることです。 基礎代謝とは、身体を動かさなくてもエネルギーを消費することです。 例えば寝たきりの状態。 基礎代謝は、普通の生活のエネルギー代謝の6〜7割だそうです。 つまり寝たきりでも、6、7続きを読む “太らない方法があることをご存知ですか?”

日本とドイツのコロナ事情

情報元は、武田邦彦教授他、コロナの恐怖を煽る大手メディアとは正反対の人たちの意見です。 日本では、コロナによる死者数は、例年のインフルエンザのそれより少ないそうです。 しかも、お亡くなりになるのはかなりご高齢の方が多く、続きを読む “日本とドイツのコロナ事情”

Corona situation in Japan

In Japan, politicians decided to postpone the economical restriction for restaurants for Corona until end of J続きを読む “Corona situation in Japan”

日本の軟水と、ドイツの硬水

日本の水道水は普通、軟水です。 そしてドイツは硬水。 軟水と硬水の違いは、水に含まれるミネラルの含有量です。 日本は島国で国土が狭く、山に降った雨水が地中を流れる時間が短いので、地中に眠る多くのミネラルを水に吸収できない続きを読む “日本の軟水と、ドイツの硬水”

幸せになれる方法があります。

その方法を教えてくれている人たちがいます。 世界的に有名なところでは、 「自助論」のサミュエル・スマイルズ 「思考は現実化する」のナポレオン・ヒル 「マーフィーの成功法則」のジョセフ・マーフィー 「人を動かす」のデール・続きを読む “幸せになれる方法があります。”

101際の現役サラリーマン

偶然見つけました。 123歳までピンコロ(*)で生きようと思っている私には(実は半分は冗談なので…😅)、驚愕とともに、とても励みとなる人です。 * 寝たきりではなく、ごく普通にピンピン生きて、その時が来たらコロッと逝くこ続きを読む “101際の現役サラリーマン”

人が生まれ、生きていくのに大事なこと

以前、「女の子は2人の子供を作ることが、仕事のキャリアより大事」と発言した日本のある学校の校長が辞任に追い込まれました。 校長の発言内容は、人間のごくごく基本的な当たり前のことだと思うのですが、うちの家内によると引っかか続きを読む “人が生まれ、生きていくのに大事なこと”

再び怪我…

和牛をさばいていて、左手の親指を切りました。 どうも私はそういう星の下に生まれたとしか考えられません。 幼児の頃から怪我が付き物で、身体中に骨折跡が十数ヶ所、縫い跡は20針以上。 今回のように、縫うまでに至らない、それで続きを読む “再び怪我…”

北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか?

月刊誌「致知」12月号からです。 ノーベル賞、生理学・医学賞受賞者、大村智、北里大学特別栄誉教授の記事です。 北里柴三郎さんは、その昔に日本人の医者として世界的にも大活躍して、ノーベル賞候補にまで上がったそうです。 当時続きを読む “北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか?”

サプリは本当に必要?

とは思えません。 毎日飲む分には… サプリのメーカーに、DHC社というのがあります。 地上波や、朝日毎日の偏向報道、捏造報道に騙されないように虎ノ門ニュースを提供してくれているので、とてもありがたいことではあるのですが…続きを読む “サプリは本当に必要?”

身体を鍛えると、自然と姿勢が良くなる

ということを、「田舎でダラダラ」さんのブログで思い出させてもらいました。 以前、毎週日曜日の朝に、仲間と一緒にデュッセルドルフの森でジョギングをしていました。 ある朝、仲間の紹介で見慣れない若い女性が参加してきました。 続きを読む “身体を鍛えると、自然と姿勢が良くなる”

ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -2-

それは、特に背骨の周りやお尻の筋肉(インナーマッスル = 身体の中に隠れた筋肉)を集中的に鍛えて、背骨を支えるという理屈に基づいています。 潰れた椎間板(背骨と背骨の間のクッション)を、横(周り)から支えるということです続きを読む “ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -2-“

例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…

どうも私は治ってしまったようです。 かつて、ステロイドの注射を打ってもらわないと、どうにもならなかったほど重症の花粉症患者でした。 それが、食べ物によってお腹を整腸できて、花粉症が(7〜8割)治り、今シーズンは9割以上治続きを読む “例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…”

ドイツの、コロナに関する面白いお話し

ドイツには16の州があります。 その内の、地図で中央右の方にあるTübingen州。 Sachsen州を隔てて、東欧のチョコに近い州です。 現在、チェコでコロナ感染者が多いためか、色々とドタバタ劇が発生しています。 靴屋続きを読む “ドイツの、コロナに関する面白いお話し”

デュッセルドルフ総領事館からの一斉メール

が届きました。 デュッセルドルフとケルンで、コロナ対応対策に反対するデモがあるそうです。 一言で簡単に言えば… 「いい加減に馬鹿げたロックダウンを早くやめろ!」 ということのようです。 市民の怒りが大きくなってきています続きを読む “デュッセルドルフ総領事館からの一斉メール”

ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -1-

私には、悪いところがたくさんあります。 身体中、悪いところだらけです。 目(近眼に乱視)、膝(半月板損傷手術済)、頭(能天気)、口、人、手癖、足癖、寝癖… 冗談半分はさておき、この1年ほど最も悩まされているのが腰痛です。続きを読む “ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -1-“

9000km離れた日本から届いたお手玉5個

パッチングワーカーさんの奥様は、身体の具合が悪くてとても苦労されています。 それでも、とても達観されていて良くできたご主人、パッチングワーカーさんに支えられて、ポジティブに、前向きに頑張っています。 その奥様が、片手しか続きを読む “9000km離れた日本から届いたお手玉5個”

虎ノ門ニュース

とは、サプリのメーカー、DHCが提供しているニュース番組です。 (在独42年、ドイツの片田舎で零細企業を運営する経営者のブログです…) YouTube(やニコニコ)で見ることができ、月曜〜金曜まで毎日2時間やっています。続きを読む “虎ノ門ニュース”

コロナの騒ぎと魔女狩り、天動説、地動説

昔の西洋の魔女狩りのお話しは聞いたことがあると思います。 当時、人々はそれが本当に魔女たちだと信じて、大勢の美女を残酷に火あぶりの刑で殺していました。 あるいは、地球は回っているという地動説に対する天動説。 今日では誰で続きを読む “コロナの騒ぎと魔女狩り、天動説、地動説”

コロナ禍こそ、ピンチはチャンス

ピンチはチャンスと言います。 本当でしょうか? 本当です。 単なる見方の違いです。 長短表裏一体。 と言うか、良い所は悪い所、その逆もまたしかり。 例えば、仕事が早い(長所)人は間違いが多く(短所)、仕事が遅い人(短所)続きを読む “コロナ禍こそ、ピンチはチャンス”

今年の春は、花粉症が本当に楽!

なので、嬉しくて、嬉しくて、花粉症関係でついつい3回目の投稿…😅 キャベツを定期的に食べる ➡︎ 整腸効果が現れる ➡︎ 花粉症が改善される ➡︎ それどころか、風邪を引かなくなる という変化が起こります。 (詳しくはこ続きを読む “今年の春は、花粉症が本当に楽!”

311、ついに10年が経ちました。

あの時のあの映像には私も息を呑みました。 毎朝釘付けで見て、どういうわけか号泣してしまいました。 どういう偶然か、家内を通じて通訳仲間の知人から、ドイツの救助派遣部隊に付く日独ボランティア通訳を募集しているという情報が入続きを読む “311、ついに10年が経ちました。”

花粉症は、子どもにも引き継がれます…

花粉症は遺伝で伝わるようです。 私はかなり苦しみましたが、キャベツ以外にもブロッコリーが加わり、今シーズンはかなり楽です。 今までの7、8割治っていたのがさらに良くなり、9割以上は治った感じです。 いつの頃からか、食卓に続きを読む “花粉症は、子どもにも引き継がれます…”

今年の花粉症はとても楽です!

キャベツ以外にブロッコリーが加わったからでしょうか? 食べる頻度を上げたからでしょうか? 元々は、その時期になるとステロイドの注射を打ってもらわないと、生きてる心地もしない程の重症でした。 ドイツに来た当初は、それが6月続きを読む “今年の花粉症はとても楽です!”

「信じるものは救われる」のは、花粉症でも同じ

今年もそろそろ花粉症が真っ盛りのようです。 私も以前は、少し大袈裟に言えば気がおかしくなるほど大変でした。 そこで毎年コルチゾールの入った注射を打ってもらっていました。 ところが今はへっちゃらです。 薬ゼロです。 時々く続きを読む “「信じるものは救われる」のは、花粉症でも同じ”