当の日本人が知らず、一部の外国人のみが知る本当の日本、日本人

今日はあの小野田寛郎(おのだ ひろお) 元陸軍少尉の命日、一周忌です。 グアム島で、28年間のジャングル生活の後に発見された、横井庄一さんに続き、29年間のフィリピン・ルバング島のジャングル生活の後に日本に戻りました。 続きを読む “当の日本人が知らず、一部の外国人のみが知る本当の日本、日本人”

世界で最も見て欲しい動画、世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ

「現在の資本主義が今後たちゆかなくなる、それに代わるものが必要だ」、「今はその変革期である」ということを、東西の偉人たちの多くが口をそろえて述べています。 確 かに、売上至上主義の、メーカーから不要なものを買ってしまう、続きを読む “世界で最も見て欲しい動画、世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ”

資源の無い日本ももうすぐ資源大国

燃える氷と言われる、メタンハイドレートという名の未来資源のことを聞いたことがあるでしょうか? 氷のように見える水分子の中にメタンガスが閉じ込められて、日本を取り囲む海底に大量に眠っているそうです。 石炭、石油、天然ガスに続きを読む “資源の無い日本ももうすぐ資源大国”

Stay Hungry Stay Foolish !で行こか。 

  失敗してきた人で、今、成功している人 裏切られた人で、今はまた人間関係を築いている人・・・ そういう人の言葉って、いちばん心に響きませんか。 誰でも悩むことはあるのではないでしょうか? でも、あぁ、そうか。続きを読む “Stay Hungry Stay Foolish !で行こか。 ”

パスポートのありがたさ、日本人であるということの重み

ドイツに暮らす私たち日本人は、当然日本のパスポートを持っています。もしパスポートなくなると、日本に帰ったり、他の国に移動することができません。 当たり前のようですが、パスポートがないと、どの国に行くこともできないのです。続きを読む “パスポートのありがたさ、日本人であるということの重み”

今の日本で最も必要とされていること…

古今東西、世界中で一番のベストセラー(⬅︎ ベストの重複)はどんな本だかご存知でしょうか? 聖書だそうです。うなずけるものがあります。 では、日本人の書いた本で世界的なベストセラーはどんな本でしょうか? 村上春樹とかがそ続きを読む “今の日本で最も必要とされていること…”

世界を救える可能性がある、「謝る日本の国民性」

新聞、ニュースを見ない、まるで山男のような生活(?)を送っている私でも(ラジオは車の中で時々聞きます)、中東での今回の2人の日本人犠牲者のことは知りました。 とても痛々しいニュースです。もし彼らが自分の親戚や、あるいは家続きを読む “世界を救える可能性がある、「謝る日本の国民性」”

嫌な奴って、嫌な奴のお面をかぶった神様ってホント?

本当です。 嫌な奴がいなかったらどうなってしまうでしょうか?一見、幸せになるように見えますが、実はそれが曲者です。 幸せばかりが続くとどうなってしまうでしょうか? そうです、馬鹿になって(弱くなって) しまいます。嫌な奴続きを読む “嫌な奴って、嫌な奴のお面をかぶった神様ってホント?”

言葉は剣より強し。メディアを制するものは・・・

ネットの世界ではさまざまな情報があふれていますが、 一昔前までは、わたしたちが知らなかった情報や事実もみつけることができます。 それをどう選別していくか・・・が今後の課題ですよね。 今回の後藤さんの事件では深い悲しみを胸続きを読む “言葉は剣より強し。メディアを制するものは・・・”

ドイツでもっと、賢くなる術!!

  今年でドイツに暮らして3年目に突入です。 ドイツに来てからわたしは賢くなりましたよ・・・ しみじみ。。。(自画自賛です) そして、前よりも日本的になったような気がします。 やはり離れていると、日本の良さとか続きを読む “ドイツでもっと、賢くなる術!!”

生きる 谷川俊太郎の詩と、紛争地とこどもたち。

生きるという 谷川俊太郎の詩をこどもが朗読してくれました。 大きくなったなぁ。 生きる 谷川俊太郎 生きているということ いま生きているということ それはのどがかわくということ 木漏れ日がまぶしいということ ふっと或るメ続きを読む “生きる 谷川俊太郎の詩と、紛争地とこどもたち。”

どういうわけか、日本人が知らない日本と日本人の魅力

ドイツに来て35年がたちます。その間に、いろいろな国の友人知人ができました。 その中にはミラノの郊外南部に住むイタリア人で、家族ぐるみの付き合いをさせてもらい、何度も一緒に日本に行く仲にまでなった友人もいます。 でもその続きを読む “どういうわけか、日本人が知らない日本と日本人の魅力”

治安が良く見えるデュッセルドルフで、在住&訪問日本人がしょっちゅうひどい目に遭っているという放ってはおけない事実

何人に1人くらいの割合で日本人がデュッセルドルフで盗難詐欺の被害に遭っているのでしょうか。 実はその頻度、かなり高いのです。自分の周りでも既に友人が1人、前の会社の先輩が1人、知り合いが2人も被害に遭っています。 ドイツ続きを読む “治安が良く見えるデュッセルドルフで、在住&訪問日本人がしょっちゅうひどい目に遭っているという放ってはおけない事実”

努力の余地

正月は神社に行って御神籤を引く。いつも引くのは小吉か中吉。統計的に言うと「大吉」が六割で一番多く、大凶が0.3%と聞いている。 御神籤を箱の中に入れるバイトをやっていた人から聞いたのでたぶん本当だろう。 ところが私は大吉続きを読む “努力の余地”

「少々お待ちください」 と、「ハイ、只今」 との途方もなく大きな違い

サービス業において、お客さんが 「すいません」と声をかけた時に、もしお取り込み中だと、「少々お待ちください」 と言われる時もあれば、「ハイ、只今」 という言葉が返ってくる時もります。 「ハイ、只今」は珍しいです。 両者の続きを読む “「少々お待ちください」 と、「ハイ、只今」 との途方もなく大きな違い”

今のこの悲惨な日本の状況を考えた時に、一度はどうしても見て欲しい動画

出口の見えない不景気が続いています。いえ、決して不景気ではなく、これが現在の普通景気なのだと思います。 生産拠点は海外に移って失業率は上がり、誰もが何でも持っていることから物が売れません。少子化は進んで貧富の2極化が進み続きを読む “今のこの悲惨な日本の状況を考えた時に、一度はどうしても見て欲しい動画”

世界でもまれにみる珍しくて不思議な国

明けましておめでとうございます! 今年も皆さんにとって良い年となることを心から願っています。 今年は数ヶ月前から、日本を応援するブログを月に1度出してきました。 その内容は、古くは日本にキリスト教と鉄砲が伝わって来た頃か続きを読む “世界でもまれにみる珍しくて不思議な国”

外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…

大陸間移動が楽になって世界が小さくなり、日本人の国際結婚が増えています。 幸いにも、日本人女性と外国人男性のカップルの方が多いようです。 日本人の男にしてみると、日本人女性は世界に誇れると思うので、ちょっと残念な気持ちも続きを読む “外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…”

えっ? この世にそんなすごい国が存在するの?

世界の人口の1,6%、世界の土地面積の0,25%(しかもその内の7,8割が山岳地帯)、石油や鉱石などの資源はない、ないない尽くしでもGDPは世界第三位。 中国が台頭してくるまではアメリカに次ぐ堂々の第二位。 その国はその続きを読む “えっ? この世にそんなすごい国が存在するの?”

外国人が日本人をどう見ているか... イタリア人編 – アレッサンドロ・ヴァリニャーノと、オルガンチーノ

イタリアカトリック教会司祭だったアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(1539~1606) は、日本を訪問した際に、日本のことを本国に下記のように伝えているそうです。 「人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。一般庶民や労働続きを読む “外国人が日本人をどう見ているか... イタリア人編 – アレッサンドロ・ヴァリニャーノと、オルガンチーノ”

庭のキウイとの会話・・・と収穫したもの。

春先の庭 庭のキウイを、収穫しました。 今年は リンゴ・・・奇跡のリンゴは数えるくらいしかなりませんでした。 で、キウイは鈴なり。 今年の春は、どんぐり蜂が忙しそうに、キウイの花を あっちに行ったり、 こっちに行ったり 続きを読む “庭のキウイとの会話・・・と収穫したもの。”

横綱の品格とその責任

先日、日本発祥のスポーツは、海外で普及しているものもそうでないものも、例外なく格闘技であるという事実に気がつきました。 つまり、どれも元々はプレイを楽しむゲームではなく、命をかけた戦いの技だったわけです。 そしてそれらが続きを読む “横綱の品格とその責任”

虎の威を借る狐... 匿名で強くなるのは、日本人の困った国民性?

慰安婦問題で騒いでいる国には、整形手術大国、売春大国、という一面があります。 この問題は、朝日新聞の誤報訂正という、デマを認める報道で、日本人的には気が晴れましたが、そのデマから生まれてしまっている慰安婦像の撤去など、こ続きを読む “虎の威を借る狐... 匿名で強くなるのは、日本人の困った国民性?”

外国人が、日本人をどう見ているか… フランス人編 – パウル・ルイス・チャールス・クラウデル

フランス人の劇作家、そして詩人、そして日本に滞在したフランス大使パウル・ルイス・チャールス・クラウデル(1868~1955) は、日本滞在中に、熱烈な日本(人) ファンになってしまいました。 「私がどうしても滅びて欲しく続きを読む “外国人が、日本人をどう見ているか… フランス人編 – パウル・ルイス・チャールス・クラウデル”

外国人が、日本人をどう見ているか… イギリス人編 – キャサリン・サムソン

昭和の初期に、キャサリン・サムソンという、サムソン英国外交官のご夫人が日本に滞在していた時のことを本に書きました。 「日本人とイギリス人の基本的な類似点は、派手よりは地味を好むこと、静かで落ち着いた態度を好むということで続きを読む “外国人が、日本人をどう見ているか… イギリス人編 – キャサリン・サムソン”

「あなたになんかわかるもんか」

もう10年くらい、文通している男性がいる。 えー、結婚しているのに、オバハンのくせにと思われるかもしれない。でも艶っぽいことはゼロ。知り合った所は「詩を書く会」という色気も不倫も無縁にかなり近いところ。 私が色んな人の書続きを読む “「あなたになんかわかるもんか」”

慰安婦問題についに終止符。スケベで乱暴な日本軍人はやっぱりウソ

普段日本のニュースを見ていないので、うかつにもつい最近までこんな大事なことに気がつかなかったのですが、朝日新聞がついに誤報を認めました。 河野談話がいかにいい加減に作られたものであるかということは、すでに発表されています続きを読む “慰安婦問題についに終止符。スケベで乱暴な日本軍人はやっぱりウソ”

外国人が、日本人をどう見ているか… アメリカ人編 – チャーリー・チャップリン 

チャールズ・チャップリンと言えば、映画が始まったばかりで、音声がなかった頃のお話ですが、名前くらいは聞いたことはないでしょうか? そのチャールズ・チャップリンの、身の回りのことを何でもする世話人を長く勤めたのが、高野虎市続きを読む “外国人が、日本人をどう見ているか… アメリカ人編 – チャーリー・チャップリン ”

外国人が、日本人をどう思っているか… ドイツ人編 – アインシュタイン 

あの有名なアインシュタインが、1922年に日本を訪れていることを知っているでしょうか?日本に向かうその船の上で、ノーベル物理学賞受賞の連絡を受けています。 そのアインシュタインが、日本を訪問した時に述べた言葉が残っていま続きを読む “外国人が、日本人をどう思っているか… ドイツ人編 – アインシュタイン ”

東條由布子の死に思う戦争

平和ボケしている日本だといわれ続けている日本人だが、八月の数日だけはせめて、戦争や戦火に散った人たち、戦争のことについて考える日々であってもいいのでは、と思う。特に今年は「特定秘密保護法案」というわけのわからない国家機密続きを読む “東條由布子の死に思う戦争”

あえてデリケートな慰安婦問題について...

アメリカでは、慰安婦像が建った後に、現地の日系の子供たちがいじめにあっているそうです... 慰安婦問題の焦点は、戦争当時に日本軍が慰安婦を強制連行するなどの強制的行為をしたかどうかの事実があるか、ないかという点です。 軍続きを読む “あえてデリケートな慰安婦問題について...”

首相の靖国神社参拝

毎年8月15日が近づくと、日本の首相の靖国神社への参拝が気になります。 でもそれを一番気にするのは、日本から今まで以上にお金(援助)を引き出そうと企んでいるのか、あの手、この手で日本を困らせる2カ国です。 ではどういう理続きを読む “首相の靖国神社参拝”

「的を得た発言」に怒るオバハン   いい分陰気の喫茶店って何さ?

ブログニュースは時間の問題らしい。すぐにアップされる。新聞より早いので、とても助かる。朝日、毎日、日経、と主要ニュースは携帯に入る設定にしているが、何と言ってもその早さは便利なことこの上ない。 興味は余りないが、芸能ニュ続きを読む “「的を得た発言」に怒るオバハン   いい分陰気の喫茶店って何さ?”

2年ぶりについに出動! Schnee Engel! 全長1km、往復2回で4kmの雪かき

ついに念願の雪が降りました。去年の積雪はほぼゼロだったので2年ぶり… ドイツでは、家の前に積もった雪で通行人が足を滑らせて転ぶと、雪かきを怠った(日本式)1階に住む人か、管理人さんの責任になります。 保険が発達しているに続きを読む “2年ぶりについに出動! Schnee Engel! 全長1km、往復2回で4kmの雪かき”

ドイツは1万人のシリア難民受け入れを真剣に準備中

ドイツでシリアの難民を受け入れるようです。デュッセルドルフが州都である、ノルドラインヴェストファーレン州で2千人。全国で1万人だそうです。 大国ドイツの実力というか、ゆとりと言うか… 以前日本でも大量移民の受け入れ議論が続きを読む “ドイツは1万人のシリア難民受け入れを真剣に準備中”

富田、富岡がTomy ならまだ分かるけど…

多くの日本人の名前は、欧米の人間にとってはとても覚えにくくて厄介なのは分かります。我々にとってもその逆はしかりですから。 私の名前も彼らにとって、やっかいな名前のひとつ。長い上に発音しにくく、名付けた親自身でさえ、わざと続きを読む “富田、富岡がTomy ならまだ分かるけど…”

笑いのセンス

このブログに投稿するたびにタイトルのつけ方に悩んでおります。本文を一文で表すことはなかなか難しいですね。 さて、わたくしごとですが(大体いつもそういう内容ですが)、ドイツに来る前は大阪にある日本一長い商店街として知られて続きを読む “笑いのセンス”

こどもの病気を考える時・・・

  子供の病気は辛いですよね・・・ でも、病気の人は・・・いろんな種類の人がいます。 時折、病気になっていたい人もいるのです。 なぜなら、病気でいるとメリットがあるからです。 それは後から書くことにして・・・ こどもの病続きを読む “こどもの病気を考える時・・・”

デュッセルドルフに日本人が多い理由には100年以上の歴史があった…

デュッセルドルフ市には、市の人口の約1%の日本人が住んでいます。デュッセルドルフの人口が50数万人で、日本人が5,6千人です。 なぜそんなに多くの日本人がデュッセルドルフに集まっているのか、昔からその理由が知りたいと思っ続きを読む “デュッセルドルフに日本人が多い理由には100年以上の歴史があった…”

世界で一番スリ、置き引き、詐欺のカモになる日本人

つい2週間ほど前に、友人の日本人女性が、手のこんだスリというか、置き引きというか、財布ドロボーの被害に遭いましたが、何と昨日再び友人の日本人男性が置引きに遭ってしまいました。 最初のケースは、インマーマン界隈で車をとめて続きを読む “世界で一番スリ、置き引き、詐欺のカモになる日本人”

常識と非常識 電車の中でのケータイ

以前上(神)さん(様) と伊豆半島を旅行した時のことです。下田に行く電車の中はガラガラ。 同じ車両にはもう一組の夫婦が数列後ろに乗ってい るだけで、1車両に4人だけでした。 その時に私のケータイが鳴りました。鳴ったとはい続きを読む “常識と非常識 電車の中でのケータイ”

医師が教える世渡り術。

これは「アイツは腹の中で何考えているかわからない人間だ・・・」 とかそういう意味ではありません。 今年の冬は・・・友人宅に行く途中で大渋滞に巻き込まれました。 そこで2時間ほど・・・ トンネルの工事かなにかのため、 完全続きを読む “医師が教える世渡り術。”

和食がユネスコの無形文化遺産に

先月、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。 ドイツでは今スーパーマーケットでも寿司、というか、ライスサンドイッチがどこでも売られていますが、日本人にしてみると日本のお寿司の味とはちょっとかけ離れているので、ドイ続きを読む “和食がユネスコの無形文化遺産に”

最近、日本に最も多く届くニュースはドイツから?

元F1レースのチャンピオン、シューマッハーのスキー事故、続いてメルケル首相のスキー事故、そして昨日はブレーメンの空港で「管制官」が未確認飛行物体をレーダーで捕らえ、長い時間捜索して大騒ぎになった後、未確認飛行物体は結局見続きを読む “最近、日本に最も多く届くニュースはドイツから?”

もし日本が戦争を始めることになったら?

世界中の お母さん、お父さんが 可愛いわが子を胸に抱いたとき、 この子が人殺ししたり、殺されてもいいと・・・・ 思ったでしょうか? わたしたち、 ひとり ひとりが できることがあります。 『戦争の作り方』という本をご紹介続きを読む “もし日本が戦争を始めることになったら?”

ヨーロッパで目立つ日本人

日曜日の午前中、デュッセルドルフの街中を歩いていた時です。ドイツの日曜日の午前中は、ひとけがなくてシ〜ンと静まり返っているので好きですが、向こうの方にも一人日本人が歩いていました。 (さてここからはほんのわずか数秒の間の続きを読む “ヨーロッパで目立つ日本人”

犯罪に対して温室育ちの日本人

友人がお財布を盗まれてしまいました… 日本人は海外でよく盗難にあうようです。世界のドロボー達にとってひょとしたら日本人はいいカモなのかもしれません。 日本は島国なので、大陸の国々と違って昔から周りの国との争い続きを読む “犯罪に対して温室育ちの日本人”

世界で3番目に日本人が最も多く住む町はどこでしょう?

メアブッシュ市は1970年の1月1日に、森や畑を隔てて散らばった8つの村が集まって誕生した市です。 人口は約55.000人、その内日本人は約870人ですから、人口の約1,6%が日本人であるということになり、住人の63人に続きを読む “世界で3番目に日本人が最も多く住む町はどこでしょう?”

たぐいまれなる国民、日本人

今からわずか150年ほど前までは、多くの男がハゲ頭のような上に束ねた髪の毛をちょこんと乗せた、奇妙さたぐいまれなるヘアースタイル(*) をして、それまで200年以上も鎖国をしていた国が、大国の中国やロシアと戦争をして勝っ続きを読む “たぐいまれなる国民、日本人”

日本の食糧自給率40%はホントはウソ?

致知という月刊誌で面白い記事を見つけました。浅川芳裕さんという農業技術通信社という会社の専務さんの記事です。日本の食料自給率が40%で弱いというのはウソだというのです。農業技術通信社で市場規模調査を行ったそうなのですが、続きを読む “日本の食糧自給率40%はホントはウソ?”

ドイツ人と日本人の違い

今回いただいたカビのトラブルのご相談、既に弁護士さんにも依頼済みで、引越しの準備もされていることは最初のメールでは分かりませんでした。 そこでこちらからは、引越し以外の方法は臭いものにフタをする方法にしか思えませんでした続きを読む “ドイツ人と日本人の違い”