佐渡の金山と、反日韓国の活動

佐渡ヶ島では江戸時代、金(Gold)がたくさん取れたそうです。 その話しが中国側にも伝わっていたそうで、マルコ・ポーロが蒙古で活躍していた西暦1200年の後半、日本は黄金の国、ジパングと呼ばれていたそうです。 元寇と言わ続きを読む “佐渡の金山と、反日韓国の活動”

ナチス犠牲者の日、アウグシュビッツ解放の日

今日は、ドイツ軍からアウグシュビッツをソ連軍が解放した日で、人種差別を考える日だそうです。 そう言えば昔、当時の最大の軍事力を誇った大国、強国、あのロシアと戦争をして勝った国がありました。 誰もがその国が負けると予想して続きを読む “ナチス犠牲者の日、アウグシュビッツ解放の日”

匿名希望

日本人の悪い癖の一つに、匿名希望があります。 それも、自己主張が善の西洋、悪の日本の国民性と関係があると思われます。 自己主張自体が良くないと言う日本で、主張はしたいけど名前は伏せると言うのでは困ります。 うちと関係のあ続きを読む “匿名希望”

党ではなく、人に投票できるように

武田邦彦さんが次の参議院選挙に立候補するようです。 「小選挙区制をなくして、全国区だけに」とか、「党ではなく、人に投票できるように」と主張されているようです。 武田邦彦さんについては賛否両論が大きく分かれるようです。 私続きを読む “党ではなく、人に投票できるように”

世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店

注文を間違える料理店? 注文の多い料理店?😅 不思議なタイトルに釣られてつい見てしまいました。 店員さんが認知症なのです。 よって、注文を間違えてばかり。 それでも店長さんがとても出来た人で、しっかりとカバーしてくれます続きを読む “世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店”

「何々様」と「何々さん」

最近の若い人の中には時々、SNSに慣れたせいもあってか、初めての相手に出すメールでも、いきなり要件から入る人がいます。 そういう人から問い合わせが入った時は、理由をつけて丁寧にお断りしています。 そんな事くらいで相手を見続きを読む “「何々様」と「何々さん」”

日本にやっと、まともな政党が生まれた?

武田邦彦さんが次の参議院選に立候補することを聞きました。 参政党というところからの出馬だそうです。 そして偶然に次の参政党の動画を見つけました。 普段あまり政治に興味がないので、この手の動画はすぐにスルーなのですが、つい続きを読む “日本にやっと、まともな政党が生まれた?”

天災と貯蓄癖

江戸時代に日本に来て住んだ、アメリカ人、シルベスター・モースさんが書いた本、「日本その日その日」に書かれていました。 「商売人たちは、毎年一定の金額を建築費として貯金する習慣を持っている。 これはどうかすると広い区域を全続きを読む “天災と貯蓄癖”

「暇」は「日間」

「大言海」によると、「暇」な時は、日の光が差し込む間、「日間」だそうです。 つまり暇の時は、お日様の光を目一杯受けて応援してもらっている時です。 そしてそれは、お日様から見つめられている時でもあります。 だから単に無駄に続きを読む “「暇」は「日間」”

日本人の味方、アルベール・ダネタン公使

アルベール・ダネタン男爵は、1883年から1910年まで在日ベルギー公館で、17年間も日本に滞在して特命全権公使を務めました。 当時、国際舞台に遅れて登場した日本に対する誤解や偏見がヨーロッパで大きい中、その是正に努め、続きを読む “日本人の味方、アルベール・ダネタン公使”

世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人

日本人の特質である謙虚、謙遜、譲る、遠慮、謙り、卑下、気配り、気遣い、人に迷惑をかけない… これらは、世界の物差しで計るととても珍しいです。 最近知ったのですが、ミャンマーやパラオの人たちも似ているそうです。 これらの特続きを読む “世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人”

雨とドイツ人と日本人

先日、明治時代前半に日本に来てしばらく滞在していたアメリカ人のモースさんをご紹介しました。 詳しく言うと、モースさんではなくモールスさんで、あのモールス信号のモールスさんの子孫の1人だそうです。 そのモー(ル)スさんが日続きを読む “雨とドイツ人と日本人”

「あなた、日本人?」

海外にいて、そう聞かれたことはないでしょうか? 私は何回もあります。 最近だと数年前、ドイツ人と思われる車椅子に乗ったお婆さんに聞かれました。 デュッセルドルフの町中を歩いていた時です。 天気予報で夕立になると知っていた続きを読む “「あなた、日本人?」”

日本人とは?

日本に住む日本人は普通、「日本人とは?」の答えを知りません。 なぜなら日本人を計ることが出来る「世界の物差し」を持っていないからです。 世界の物差しを持つためには、海外を知らなければなりません。 そして海外を知るには、海続きを読む “日本人とは?”

会って話したがる日本人の国民性

日本人は会って話したがる国民性だそうです。 SNSより、電話より、会って話す方を好むそうです。 「話せば分かる」とはよく言ったものです。 確かに飲み会が好きです。 ヨーロッパには、仕事の後に会社の仲間と一緒に飲みに行くと続きを読む “会って話したがる日本人の国民性”

日本語は人を優しくする!

以前、日本語は人を優しくする?というブログを書きました。 今回は、題名の文章は同じでも、最後の「?」が「!」に変わっています。 「?」の時は、2018年2月のことでした。 それからもうすぐ4年たちますが、その間に気が付い続きを読む “日本語は人を優しくする!”

「鉄砲を捨てた日本人」

という本は、朝鮮戦争の頃に日本を経由して出兵した、ノエル・ぺリンというアメリカ人が書いた本です。 本の内容を短く一言でまとめると、次のようになります。 「日本という国は、その昔に種子島に鉄砲が伝わってから、あっという間に続きを読む “「鉄砲を捨てた日本人」”

世界で唯一、複雑、平和なゲーム、「将棋」

チェスや将棋などの世界のボードゲームは、古代インドのチャトランガというものがそのオリジナルだそうです。 それが時代とともに各国に伝わって、その国々独自のボードゲームに進化発展したようです。 西洋ではチェス、中国では象棋(続きを読む “世界で唯一、複雑、平和なゲーム、「将棋」”

揺れるからこそ倒れずに強い

世界で一番古い木造建造物は何かご存知でしょうか? それは奈良県にある法隆寺です。 1400年前に聖徳太子が建立し、1993年には日本で最初に世界文化遺産に登録されました。 その中でも特に五重塔は、あれだけ背が高いのに、こ続きを読む “揺れるからこそ倒れずに強い”

白人と、それ以外の有色人種

過去の西洋人、白人で著名人の、日本人に対する罵詈雑言が残っています。 戦争中に敵国だったアメリカやイギリス、ロシアの国家元首などはひどいものでした。 ですが、味方の国であったドイツのヒットラーでさえ、日本人に対して「黄色続きを読む “白人と、それ以外の有色人種”

人に迷惑をかけない…

ある時何かで知りましたが、日本の父兄に、自分の子がどんな人になって欲しいかと聞くと… 「人に迷惑をかけない人になって欲しい」 という回答が約70%だそうです。 同じ質問を中国ですると、ある回答が似たように約70%になるそ続きを読む “人に迷惑をかけない…”

江戸時代前後の日本人の品行の良さは罰の重さから?

歴史の中で知られている、最も古く日本を訪れた外国人の1人は、1500年代のフランシスこ・ザビエルです。 それから約400年の間、日本に来た多くの外国人が、日本人の品行の良さに驚いています。 「従順で礼儀正しく、才気があり続きを読む “江戸時代前後の日本人の品行の良さは罰の重さから?”

日本人と西洋人の違いは臭覚や味覚までも?

先日、香水に関するブログにいただいたSatomi-Müller/Kölnさんからのコメントのやり取りで気が付きました。 ブログの内容は、西洋人の体臭が臭いので、香水が生まれて発達したという内容です。 コメントのやり取りで続きを読む “日本人と西洋人の違いは臭覚や味覚までも?”

アイヌと日本

先日、日本人ほど差別が少ない国民は世界でも他にない… というようなブログを書くと、 「では昔日本の政府がアイヌ人に対して行ったひどいことは?」 というコメントが入りました。 日本の政府がアイヌ人にひどいことを? 捏造の慰続きを読む “アイヌと日本”

戦争と日本。マレーシア人の見方

元マレーシア元外務大臣、ガザリー・シャフェー: 「私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。 日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができず、マレーシアは独立したのだ。 なぜ日本があやまるのでしょうか続きを読む “戦争と日本。マレーシア人の見方”

戦争と日本。インド人の見方

反日、自虐史観の人たちの主張です。 「日本人は、パールハーバーを攻撃して戦争を始め、アジアを侵略した悪人どもだ」 パールハーバーの真実に関しては一昨日書きましたが、それでは今度は東南アジアです。 実際に東南アジアの人たち続きを読む “戦争と日本。インド人の見方”

第二次世界大戦の見方

第二次世界大戦の日本の保守の人たちの見方は、 日本は侵略戦争などしていない。 アジアを「侵略した」のではなく、西洋人の植民地から「解放した」です。 ところが、立場が変わって植民地支配国側から見るとそれが逆になります。 ア続きを読む “第二次世界大戦の見方”

人間の体は、死後僅か1時間で冷たくなる…

先ほど、ドイツ時間の17:00、日本時間の1:00に自分の母親が亡くなりました。 介護施設に預かってもらっているのですが、日本に住む妹が会いに行った約1時間前はなんともなかったそうです。 施設から妹に電話があり、「大変申続きを読む “人間の体は、死後僅か1時間で冷たくなる…”

パールハーバーに関する最近のアメリカ人の考え

(当時の日本軍の)パールハーバー(攻撃)に関する最近のアメリカ人の考えが変わってきているそうです。 多くの日本人が、アメリカ(GHQ)から洗脳されてしまっています。 特にひどい反日左翼。 日本人なのに反日です。 「日本軍続きを読む “パールハーバーに関する最近のアメリカ人の考え”

苗字の面白さ

どういうご縁か、韓国人の友人知人が多い方です。 その中には、いわゆる在日さんもいます。 在日さんで興味深いのは、国籍(パスポート)は韓国人なのに、韓国語は話せずに日本語だけという人がいます。 韓国人の知人友人が多いせいか続きを読む “苗字の面白さ”

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由

ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む “日本でコロナ感染者が異常に少ない理由”

歳を取ると臭くなるわけ

歳を取ると臭くなると言われます。 加齢臭とか言うそうです。 本当でしょうか? 自分が歳を取ってきたから… と言うわけでもなく、 根拠のなさそうなことに対しては、すぐに疑ってしまいます。 歳を取ると臭くなることに、科学的、続きを読む “歳を取ると臭くなるわけ”

「心臓」と「心」は、ドイツ語ではどちらも「Herz」で一緒

うちの3人の子どもたちは、ドイツ生まれのドイツ育ち。 保育園からずっと現地校なので、家では日本語、外ではドイツ語。 実際には家でも姉、兄弟同士でドイツ語です。 日本語も一応ネイティブの発音で話せますが、単語数はとても限ら続きを読む “「心臓」と「心」は、ドイツ語ではどちらも「Herz」で一緒”

エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?

アメリカの動物学者(1838~1925)で、1877年にお雇い外国人として来日し、東大の教授などを務めました。 1877年というと明治10年。江戸時代が終わってまだそれほど経っていない頃。 乗っていた汽車の窓からの眺めで続きを読む “エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?”

ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件

中国が台湾や尖閣諸島を狙って軍事行動で威嚇しているというニュースが頻繁に入ります。 最初は私も、今のこの狭くなった(= 情報が早くなった)地球上で、本気でそんなことを企んでいるのだろうかと少し懐疑的でした。 ですが、特に続きを読む “ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件”

夫とは元々、妻に教育される存在?

昔はその逆だったかも知れません。 嫁入り年齢も若かったので、若いお嫁さんは、お姑さんや旦那さんからその家の家風や方式などを色々と習ったのだと思います。 最近つくづく思うのは、現代では逆なのではないかということです。 主婦続きを読む “夫とは元々、妻に教育される存在?”

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法

その国で恋人を作るのが1番だと言われます。 でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。 恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。 実はもっと良い方法があります。 続きを読む “海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法”

南京事件

南京事件は、当時に起きた上海事件、盧溝橋事件、廊坊事件、公安門事件、通州事件に続いて起きました。 よって、それらの事件を時系列で整理して理解していくのが一番良いと思います。 1937年頃の中国は、共産主義化を目指す中国共続きを読む “南京事件”

理論社、小熊英二著の「日本という国」という本

本には必ず事実が書かれているわけではありません。 多くのウソも書かれています。 ウソや間違った表現です。 特にひどいのが、日本の近代史や歴史の教科書です。 そこに嘘が多いことは知られつつあります。 日本の学校の歴史の教科続きを読む “理論社、小熊英二著の「日本という国」という本”

アイヌと日本人の人種差別

以前、日本人は世界の中でも最も人種差別が少ない優しい人種… みたいなブログを書きました。 そのブログに、「じゃあ、昔日本の政府がアイヌに対して行ったひどいことはどうなのか?」というコメントが入りました。 その人は実は知人続きを読む “アイヌと日本人の人種差別”

何でもありの日本

日本(人)って、遠い昔から何でも受け入れてきているので、「何でもあり」なのです。 それは人種に限らず、宗教でもそうです。 日本には、ありとあらゆる宗教があります。 「何々の宗教はダメ!」 というものがありません。 だから続きを読む “何でもありの日本”

ドイツで仕事を見つけるならデュッセルドルフに限る

ドイツに来て職に就きたい日本人にとって、仕事が見つけやすいダントツナンバーワンの町はデュッセルドルフです。 英語やドイツ語ができれば、数百社もある日系ドイツ子会社でオフィースワークの職が見つかります。 日本語しかできなく続きを読む “ドイツで仕事を見つけるならデュッセルドルフに限る”

自分の人生の主役は自分

それはごく当たり前のことです。 でも一般的な日本人の場合、それを本当に理解するのは難しいようです。 なぜなら、自分を抑えてでも、周りと合わせなさい、というのが日本的だからです。 西洋の場合は、自己主張、利己主義なので、自続きを読む “自分の人生の主役は自分”

今の日本を作った薩長土肥 続き

過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。 260年間というとても長い日本の鎖国時代、 当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となっ続きを読む “今の日本を作った薩長土肥 続き”

今の日本を作った薩長土肥

日本は幕末に黒船などによって、約260年間も続いた鎖国を終わらされました。 鎖国の重い扉は外圧によってこじ開けられた形です。 歴史に「もし」はナンセンスですが、黒船などの外圧がなければ、徳川幕府はひょっとして300年以上続きを読む “今の日本を作った薩長土肥”

人生で最も大切なもの -2-

その -1- で、マニュアルなどに頼らずに、自分で判断できるようになることだと思うと申し上げました。 その続きですが、それは正に渋沢栄一の「論語と算盤」にまとめられないでしょうか。 論語と算盤は、「道徳心」と「商売のうま続きを読む “人生で最も大切なもの -2-“

最もお金持ちになれるのは誰でしょうか?

それは商人です。 物を売る人です。 あるいは資産運用家です。 全国的に有名な、いえ、それが例えば世界のトップクラスでも、 カリスマ料理人、 カリスマ美容師、 カリスマ整体師などであっても、 稼ぎは絶対に、カリスマ商人には続きを読む “最もお金持ちになれるのは誰でしょうか?”

ピンチを楽しむ

ピンチはチャンスと言います。 そして、 『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。論語) と言います。 くだけて言うと、知っているだけ続きを読む “ピンチを楽しむ”

日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?

今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。 みんなが食事をしているレストランなどは別です。 なぜでしょうか? それを思続きを読む “日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?”

王子製紙と大王子製紙

第二次世界大戦が終わる頃、もう日本の敗戦がほぼ決まった頃です。 当時のソ連が「日ソ中立条約」を守らずに、日本に対して宣戦布告をして北から攻めてきました。 もうほとんど負けが決まった相手に戦争を仕掛けてきたわけです。 いえ続きを読む “王子製紙と大王子製紙”

東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン

もうすぐ公開される映画「ONODA」を紹介したブログ、フランス映画「ONODA」に、フィリピンに住んでお仕事をされているFreerthanbird/鳥よりも自由さんからとても考えさせられるコメントをいただきました。 この続きを読む “東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン”

日本人夫婦の間なら「I love you..!」は不要?

と思ったら、大きな間違いだと思います。 アメリカ人の夫婦の間では、(仲が良ければ?)ちょくちょく「I love you」と言い合うと聞きました。 日本人の夫婦の間では、それは不要でしょうか? 日本人の間では、阿吽の呼吸が続きを読む “日本人夫婦の間なら「I love you..!」は不要?”

適材適所、人選を間違えると、周りも不幸になります。

ドイツで会社設立のサポートをしています。 普通のケースは、依頼人であるお客様本人が社長になって会社を設立します。 あるいは、日本に本社があって、その会社の若手のやり手社員などが、ドイツ子会社の社長になるべくやって来ます。続きを読む “適材適所、人選を間違えると、周りも不幸になります。”

日本の製造業が基本的に強い理由

を、前の会社に勤めている間に知りました。 とどのつまりは、日本人の国民性に由来しています。 前に勤めていた会社は、大阪に本社があるJCMというメカトロニクスのメーカーでした。 メカトロニクスは和製英語で、メカ(ニズム)+続きを読む “日本の製造業が基本的に強い理由”

「継続は力」の力

継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む “「継続は力」の力”

フランス映画「ONODA」

小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む “フランス映画「ONODA」”

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)

相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む “自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)”

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ

徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む “危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ”