コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い

が分かりました。 ドイツではロックダウンはしているものの、他国の患者を受け入れる余裕があるのに、どうして日本は? と思っていました。 やっぱり特殊(変)な日本の事情です。 虎ノ門ニュースの武田邦彦教授の報道でわかりました続きを読む “コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い”

どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?

インフルエンザと何が違うのかというコロナで世界中がおかしくなっています。 インフルエンザより死者が少なく、正月に餅を喉に詰まらせて亡くなってしまうお年寄りの数よりも少なく… コロナで亡くなる年齢は寿命年齢とほぼ同じ。 武続きを読む “どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか?”

コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?

ドイツでは、余裕で?他国のコロナ感染者を病院に受け入れています。 でも日本では、医療機関が一杯一杯だそうです。 どうして病院が一杯になってしまうのか? スーパーのトイレットペーパーがなくなってしまうのを考えてみればすぐに続きを読む “コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?”

「何のために生まれてきたのか…」が、そもそもの間違い?

「何のために生まれてきたのか」を以前書きました。 でもそれを考えるよりも、「生まれてきた以上は…」と考える方が良くないでしょうか? 自分が存在する以上は、もう生まれてきてしまっているのでどうにもなりません。 変更が効かな続きを読む “「何のために生まれてきたのか…」が、そもそもの間違い?”

カンタンに痩せる(太らない)方法。

食事中の後半に入ったら、一口毎に自分のお腹と相談する方法です。 でもそれは、お腹が空いていて食事を取り始めた時のことです。 実際には、食事を食べる前からも同じことが言えます。 朝だから、昼時だから、夕食どきだから… とい続きを読む “カンタンに痩せる(太らない)方法。”

普通は捨ててしまう、和牛の脂身。それを普通の牛肉と合わせて一緒にミンチにするという方法

和牛とは、日本の黒毛牛のことです。 日本の黒毛牛とはつまり、神戸牛、松坂牛、飛騨牛などの霜降り肉のことです。 そのブランド牛の銘柄は何と320以上あるそうです。 日本の和牛 = 黒毛牛 = 霜降り肉は、世界で唯一の美味し続きを読む “普通は捨ててしまう、和牛の脂身。それを普通の牛肉と合わせて一緒にミンチにするという方法”

日本からドイツに来る日本人で分かる、日本人の弱さ

最近気が付きました。 日本からドイツに来る日本人は弱いと… 世界の物差しで測ると、超安全な国、日本。 そんな日本で生まれ育つと、どうしても弱くなります。 いわゆる、温室育ちというわけです。 デュッセルドルフには、置き引き続きを読む “日本からドイツに来る日本人で分かる、日本人の弱さ”

分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人

先日、デュッセルドルフの駅を歩いていた時です。 駅の構内、駅前及び駅裏は現在、ドイツではマスク着用の義務があります。 でも私のように、メガネをしていてマスクをすると、メガネが曇って前が見えません。 そこで時々鼻の部分だけ続きを読む “分かってない人たち… マスクをしていない人が近くと退く人”

「言いたい欲」その2

以前、「進化が示す、健康法則・言いたい欲が邪魔するコミュニケーション」というのを書きました。 会話を支配しているのは、1人1人の正に「言いたい欲です」 人の話を聞いている時も、何か自分が言いたいことが頭に浮かぶと、今、目続きを読む “「言いたい欲」その2”

再び、パッチングワーカーさんのブログ内でのコメント投稿の場にて…

パッチングワーカーさんが、スピリチュアルに近づいた内容が少し出ている話題を投稿された時です。 私がコメントを投稿しました。 「末期癌が、すっかりと消えて無くなるケースがあるそうです」 それに対して、読者の1人から入ったコ続きを読む “再び、パッチングワーカーさんのブログ内でのコメント投稿の場にて…”

コロナで、ドイツのクリスマスはとんでもないことに…

西洋では当然のことながら、クリスマスは大事なお祝いです。 あのマルティンルターのお陰で、プロテスタントも結構いるドイツでも、クリスマスの意味は大きいです。 ところが、今年のドイツのクリスマスはとても悲惨な状況になりそうで続きを読む “コロナで、ドイツのクリスマスはとんでもないことに…”

昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント

パッチワークさんという、最近見つけたブロガーさんがいらっしゃいます。 かなり苦労をされた方のようで、かなりの理解力です。 苦労をすると理解力が高まる? はい! のほほ〜〜〜としているよりは、間違いなくはるかに高まります…続きを読む “昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント”

左翼の人(今、日本に住む日本人の大半)にも簡単に分かる、今の日本の現状: GHQの呪い ➡︎ 日教組の歪み ➡︎ 今の日本の状況

を、本日の武田邦彦教授は中国の地図を用いて簡単に説明してくれました。 虎ノ門ニュースや自分の持論を用いて、少しでも多くの人たちを間違った左側から、そしてフェイク系ニュースに騙されてしまっている人たちを救い出したいと思って続きを読む “左翼の人(今、日本に住む日本人の大半)にも簡単に分かる、今の日本の現状: GHQの呪い ➡︎ 日教組の歪み ➡︎ 今の日本の状況”

パッシブワードとアクティブワードのとてつもない大きな差

パッシブワードとアクティブワードというのは聞いたことがあるでしょうか? パッシブワードというのは、聞いて理解できる単語です。 アクティブワードは、自分で自由に使いこなせる単語です。 パッシブワードの場合は、自分で表現する続きを読む “パッシブワードとアクティブワードのとてつもない大きな差”

意外と脆い巨木

木は、大きくなると根を地中に深く広く広げるものだとばっかり思っていました。 ところが、あまり深く広げずに、このように浅く広げる木が結構あります。 そうするとどうなるか… 強風で倒れてしまいます。 数年前にデュッセルドルフ続きを読む “意外と脆い巨木”

弁護士、税理士…etc. などの専門家。どうしてこの人たちの話は長くて的を得ないのか?

長年お世話になった税理士が、早期退職で引退することになりました。 昔、勤めていた会社の税理士が彼だったので、その後もお付き合いが続いてもう30年以上たちます。 彼が勤める会計事務所はViersenという所にあり、デュッセ続きを読む “弁護士、税理士…etc. などの専門家。どうしてこの人たちの話は長くて的を得ないのか?”

こだわりドイツ語、Treppenhausとは?

間違いなく、ドイツ語(英語も含めて)よりも日本語の方が奥が深くて複雑な表現が可能で優れていると思います。 それでも次の単語は日本語にはなく素晴らしい表現だと思います。 TREPPENHAUS 直訳すると、 階段+踊り場 続きを読む “こだわりドイツ語、Treppenhausとは?”

いよいよ、我が「デュッセルドルフ」もコロナ蔓延

近所に住む、薬局に勤める知人の同僚がコロナで陽性となりました。 その結果、同じ薬局に勤める全員がコロナ検査必須。 ところが、薬局は医療関係なので、仮に陽性でも熱とかが出なければマスクをして仕事を続行だそうです。 今までは続きを読む “いよいよ、我が「デュッセルドルフ」もコロナ蔓延”

ドイツでは珍しい譲り合い

譲り合いは、昔と比べて酷くなったという日本でも、世界の物差しで測ってみれば、東日本大震災などが示すようにまだまだ健在だと思います。 過去数十年の間で、日本人も自己中心的になってきているそうですが、それでも世界にみればまだ続きを読む “ドイツでは珍しい譲り合い”

米大統領選挙予想で分かる、メディアによる騙され度 (5)

GHQアメリカ軍が、どれほど日本を怖がっていたか… 特攻隊でアメリカの軍艦に突っ込んだ飛行機は5千機以上だそうです。 特攻は、空に限らず震洋、回天などと海上、海中まであったそうです。 それによって、アメリカの軍艦に乗って続きを読む “米大統領選挙予想で分かる、メディアによる騙され度 (5)”

米大統領選挙予想で分かる、メディアによる騙され度 (4-2)

明日はいよいよアメリカの時期大統領選挙の結果が出ます。 トランプ氏が勝つのか、バイデン氏になるのか… いずれにしてもそれで分かるのは、誰が、どのマスコミが嘘をついているのかです。 この世を支配しているように見える左翼、リ続きを読む “米大統領選挙予想で分かる、メディアによる騙され度 (4-2)”

IYIとは、つまりインテリバカ

ケント・ギルバートさんから知った単語ですが、インテリバカのことをアメリカではIYIと言うそうです。 Intelligent yet idiot だそうです。 つまり高学歴で知識は豊富でもアホ。 ここで言うアホとは知恵の無続きを読む “IYIとは、つまりインテリバカ”

日本は世界で一番安全な国

今日、女性が1人旅をするのに世界で最も安全な国はどこでしょうか? 答えは「日本」だと思います。 でもそれが、150年も前の1870年代でもそうだったというのは驚きではないでしょうか? 時は明治11年。 イザベラ・バードと続きを読む “日本は世界で一番安全な国”

普段は閉じておき、必要な時のみに開ける踏切。

ドイツ、デュッセルドルフの郊外、メアブッシュという田舎には、こういう踏切があります。 踏切は普通、普段は開いていて、電車が来ると閉まります。 でもここの踏切は逆。 普段は閉まっていて、人や自転車、車が通る時だけ開きます。続きを読む “普段は閉じておき、必要な時のみに開ける踏切。”

わざと罪を犯して日本の刑務所に入る人たち…

という事実があることを以前、虎ノ門ニュースで知りました。 半信半疑で聞いていましたが、偶然に見つけた次のYouTube動画、あの桑田佳祐が網走刑務所を慰問した時の動画で納得がいきました。 無料の家(ベッド)付き、食事付き続きを読む “わざと罪を犯して日本の刑務所に入る人たち…”

悩みが多いのは、お節介な証拠?

悩みが多い人がいます。 そこで、その悩みの内容を聞いてみると、「誰々が何々なので…」 自分のことではありません。 人のことなのです。 足が短いとか、毛髪が薄くなってきたとか、自分のことならまだ分かります。 但し、それらも続きを読む “悩みが多いのは、お節介な証拠?”

白身さえもプリプリな卵

以前もお勧めとしてご紹介していますが、ドイツのメアブッシュ(正確にはKaarst、デュッセルドルフの郊外)の農家での肉、野菜、鶏卵販売所で売っている卵は本当にお勧めです。 Bauer Berrisch Broichers続きを読む “白身さえもプリプリな卵”

デュッセルドルフでは、レストランへの入場人数制限が10人から5人へ。オランダではレストラン営業停止令…

コロナ感染が再び増えているそうです。 マドリッドでは緊急事態宣言、ICU、集中治療室が一杯だそうです。 虎ノ門ニュース、特に武田邦彦教授は、決して朝日や毎日のようにフェイクニュースを流していないという前提で… コロナで亡続きを読む “デュッセルドルフでは、レストランへの入場人数制限が10人から5人へ。オランダではレストラン営業停止令…”

ベルリンの慰安婦像撤去に、ドイツの元首相が怒っているそうです。

ということは、Schröderさんは日本軍が当時そういうことをしたと本気で信じているようです。 一部の極左や反日の人たち、そしてそういう人たちの捏造話をいまだに信じ込んでいる人たちを除き、日本ではもうその事実が明らかにな続きを読む “ベルリンの慰安婦像撤去に、ドイツの元首相が怒っているそうです。”

左右のターンの際のウィンカー

ドイツで生活をしていると良く気がつくことのひとつですが、車が曲がる時にウィンカーを出さない人がいます。 都会では少ないのですが、地方においては周りに他の車や自転車がいてもです。 面倒くさいのでしょうか。 でも周りにとって続きを読む “左右のターンの際のウィンカー”

ドイツ人はせっかち?

ドイツで街を歩いていてよく気がつくのがクラクション音です。 ドイツ人は何かあるとすぐにクラクションを鳴らします。 信号待ちで信号が青になってもちょっと「もたもた」すれば、すぐに後ろからクラクションを鳴らされます。 日本な続きを読む “ドイツ人はせっかち?”

再び警察から手紙が届いて「ドキッ!…」

ドイツに住んだことがあり、駐禁やスピード違反で罰金のお手紙をもらったことがある人は多いと思います。 その場合、そのほとんどの差出人は「市」からなので「ドキッ」とはしません。 このように、大きくPolizei と書かれた封続きを読む “再び警察から手紙が届いて「ドキッ!…」”

デュッセルドルフも、もうすぐ市長を選ぶ選挙戦

人口約60万人の、デュッセルドルフ市長から手紙をいただきました。 以前、デュッセルドルフでボランティアによる掃除やゴミ拾いをしているグループがいくつか市役所に集められたことがあります。 その時に出た提案を、市長が実行に移続きを読む “デュッセルドルフも、もうすぐ市長を選ぶ選挙戦”

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動

を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参加してくださる方々のお陰です。 いつもは数人、今日は最終的には10人いたので、駅前も駅裏も綺麗さっぱりになりました。 活動の後の昼食(実際は続きを読む “月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動”

迷った時はやってみる!

長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっちが良いのでしょうか? 頻繁に取り上げられるテーマです。 結論を先に言うと、「Go..!」です。 どうしてでしょうか? それは生き物が生まれ続きを読む “迷った時はやってみる!”

デュッセルドルフでコロッケが一番美味しいお店

は何と言っても、アルトシュタットのCarlsplatzマーケットにある、故郷(Furusato)ではないでしょうか? 他にも日本食レストランで何店かコロッケを置いていますが、特にコロッケに関してはここが一番だと思います。続きを読む “デュッセルドルフでコロッケが一番美味しいお店”

どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ

死亡者数が、例年のインフルエンザよりも少ない… 死亡者年齢が、ほぼ寿命に近い… それでもこの経済制限… この騒ぎ… 何かおかしくないでしょうか? マスコミが煽っているだけ? それでもなぜ? 騒がれると視聴率が上がるから?続きを読む “どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ”

やっぱり日本食は凄い!

海外旅行をするたびに思うことがあります。 例えばイタリアに行った時。 美味しい海産物が食べられる! 美味しい本場のスパゲティーが食べられる! …など、など、美味しいものが食べられるので、心ウキウキです。 でも… そのウキ続きを読む “やっぱり日本食は凄い!”

対コロナのマスクの是非

オランダでは既に、店舗内等でのマスク着用義務がなくなりました。 1.5 – 2m の間隔を空ければ良しということだそうです。 それについて、ある知人のドイツ人が私に、「ドイツは遅れている。ドイツもオランダのよ続きを読む “対コロナのマスクの是非”

ドイツのばらまきコロナ支援

一社につき、社員数により約100万円強〜300万円弱の間で配られた、ドイツのNRW州のコロナ支援。 支援を受けられる条件として、売上が半分以下に下がったことなどがありました。 でもこれはひょっとして「ばらまき」というフシ続きを読む “ドイツのばらまきコロナ支援”

オランダではもうマスク無し…

車でオランダに出張しました。 走り出してから… 「あっ、今はまだコロナ。国境は大丈夫だろうか?」 と、一瞬思ったものの、そう言えば先日EU内は、国境での行き来が始まったとニュースで言っていたから大丈夫だろう… いざ国境ま続きを読む “オランダではもうマスク無し…”

暴動が起きる国と起きない国

人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… と思っていたのですが、それが起こってしまいました。 先月、Stuttgart という、日系企業がいくつかあって、日本人が数百人住む街です。 続きを読む “暴動が起きる国と起きない国”

デュッセルドルフで邦人女性が襲われる…

デュッセルドルフで日本人が最も多く集まる地区で起きた事件です。 ですが、置き引きや詐欺は日本人が狙われて、この付近でほぼ毎日のように起きています。 安全・平和ボケした我々日本人は絶対に要注意です。 詳しくはこちらを ➡︎続きを読む “デュッセルドルフで邦人女性が襲われる…”

コロナで分かった、「学校」の存在の偉大さ

普段、学校の存在は軽く考えられています。 「何のために学校に行くのか?」 とか、 「詰め込み教育だ!」 とか、 「学校で習うことなど、ほとんど社会に出て必要ない!」 とかです。 でも、今回のコロナで学校の偉大さが嫌という続きを読む “コロナで分かった、「学校」の存在の偉大さ”

トランプさん、メルケルさんに対して「バカ!」の批判。大賛成!

さて、7月1日になりました。 我々のような事業者にとって、とても気になっていたのが、19%の消費税が16%に下がることです。 この消費税の3%減税、実のところは安くなる3%以上に仕事が増える厄介者なのです。 「やめてくれ続きを読む “トランプさん、メルケルさんに対して「バカ!」の批判。大賛成!”

こだわりドイツ語、schön (美しい)の使い方

ドイツ語の Schön の代表的な和訳は「きれい」や「美しい」です。 ところが、この単語は様々な場面で登場します。 良い仕事ができた時の「良くやったね」の代わりなどもそうですが、マッサージをしてもらったり、お風呂のお湯に続きを読む “こだわりドイツ語、schön (美しい)の使い方”

ドイツの消費税減税は本当に最低最悪の愚作! その3

バカは日本の政治家だけではありません。 今回つくづく思ったのはドイツの政治家のバカさ加減。 ドイツの政治家の大代表であるメルケルさんの、当時の難民受け入れに対する「私たちなら出来る!」と言って無制限のように受け入れて、自続きを読む “ドイツの消費税減税は本当に最低最悪の愚作! その3”

ドイツの消費税減税は本当に最低最悪の愚作! その2

この案は、6月30日に決定されて、7月2日から施行だそうです。 つまり、6月30日になるまでどうなるかは不明。 でも(ドイツの)世の中はもうそのことで多くの人たちがてんやわんや。 今の世の中、どんな請求書もほぼ全てシステ続きを読む “ドイツの消費税減税は本当に最低最悪の愚作! その2”

コロナは今後消えていく職業の対応準備期間?

AI により今後は多くの職業がなくなるようです。 それでも今日明日からとか、来月からというほど急なものにはならないと思います。 その点、今回のコロナは様々な業界でいきなり多くの仕事を奪いました。 徐々に解除には向かうもの続きを読む “コロナは今後消えていく職業の対応準備期間?”

ドイツではプールが再オープンしたものの…

ドイツではプールがオープンしました。 身体のために週一で泳ぐ身にとっては嬉しいニュース。 でも調べてみてがっかり。 ほんの一部の屋外プールのみです。 気温もまだ外で泳ぐほど高くありません。 しかも前もっての予約制。 イン続きを読む “ドイツではプールが再オープンしたものの…”

ドイツはついに消費税減税

ドイツの消費税は現在多くの物品が19%、書籍や飲料水などが7%です。(ちなみに家賃は0%) それが、今回のコロナで 19% ➡︎ 16%、7% ➡︎ 5% になるそうです。 ニュースで知ったのではなく、法人向け請求書を発続きを読む “ドイツはついに消費税減税”

世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1

コロナ騒ぎが始まってからというものの、様々な経済活動をストップするような接触を避ける措置が取られています。 でも本当にそれがベストでしょうか? それだけで良いのでしょうか? 接触を避けて菌(厳密にはウィルス)をもらわない続きを読む “世界中で全く不十分な対コロナ対策 その1”

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか?

さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサダム・フセインさんです。 サダム・フセインといえば、私たちにとっては独裁者の悪者というイメージがあります。 でもそのイメージは、どうやら政治続きを読む “あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか?”

IKEA の功罪

イケアと言えば、今日では言わずと知れた世界的な家具のメーカーで、発祥の地はスウェーデン。現在の本社はオランダだそうです。 創業は1943年と、意外とまだ若く、創業者である初代がまだ健全です。 IKEAの名称は、本人のイニ続きを読む “IKEA の功罪”

コロナウィルスとスペイン風邪

コロナウィルスが広がりつつあります。 広範囲に広まるウィルスと言えば、100年ほど前にスペイン風邪というとんでもないインフルエンザが流行したのをご存知でしょうか? 第一次世界大戦の最中でもあったそうですが、当時の世界人口続きを読む “コロナウィルスとスペイン風邪”

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし…

昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 そこで今度はビザ取得です。 早速、朝早くに(とは言っても8:00時)、外人局に並びに行きました。 並んでいる人数は15人ほど。 待ち時間は1続きを読む “デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし…”

暖冬のドイツですが、それでも気温1桁で寒い… 暖房の調子はどうですか?

ドイツも近年にない暖冬です。 観測史上、最も暖かい冬だそうです。 デュッセルドルフでは雪がゼロ。 人間ラッセル車(別名、雪の天使)の私としては物足りなくてしょうがありません。 尊敬してやまない武田邦彦教授の、「温暖化はウ続きを読む “暖冬のドイツですが、それでも気温1桁で寒い… 暖房の調子はどうですか?”