やっぱりおかしい、朝日新聞

戦前に、朝日新聞は散々国民を「対アメリカ開戦、参戦」に煽ったことをご存知でしょうか? 以前、虎ノ門ニュースでその新聞の実物が紹介されました。 戦前は、国民を開戦ムードに向けて散々に煽ったそうです。 さらに戦中後半には、日続きを読む “やっぱりおかしい、朝日新聞”

坐骨神経痛持ちはボケにくい?

という嬉しいニュースを聞きました。 万物に長短ありとは言いますが、まさか坐骨神経痛に長所があるとは… 神経が常にピリピリしているのでボケにくいそうです。 ひょっとすると神経痛なら、坐骨神経痛に限らず何でもそうなのかもしれ続きを読む “坐骨神経痛持ちはボケにくい?”

お母さん抜きの「家族会議」

ドイツの学校は夏休みに入りました。 お母さんは、早速夏休みの旅行計画に積極的です。 ところが、子どもたちはあまり乗り気ではありません。 出不精の父親似でしょうか? (デブ症ではありません…) (面白くない…😅) コロナで続きを読む “お母さん抜きの「家族会議」”

す〜ごい男がいたもんだ〜

という歌が昔、流行ったと思います。 妹の結婚式で、新郎とその仲間たちが最後に大声で歌っていました。 私にとって、ひとりすごい男がいます。 前の前の会社のひとりの先輩です。 日本の工作機械メーカーのドイツ子会社に勤務してい続きを読む “す〜ごい男がいたもんだ〜”

マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️

世の中には、とてもお節介な人たちがいます。 例えばマスク警察。 でも今は、マスクはもう世界中で当たり前。 今度はそろそろワクチン警察が現れるのでは? と思っていた矢先… 何と、とんでもない至近距離で現れました。 うちの家続きを読む “マスク警察に続き、今度はワクチン警察‼️”

コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題 – 3

AIによる自動運転に関して、期待したいものの、AIが人の命の決断する社会になったら、少し怖い気もします。 というコメントをいただきました。 AIが暴走する映画の影響もあるのでしょうか、確かに少し怖い気もします。 ですが、続きを読む “コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題 – 3”

コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題 – 2

トロッコ問題に関して、その後うちの家内と話しをしていました。 家内はそれに関するユーチューブ動画を見たばかりのようです。 自分が乗り、AIが運転する車が、狭い橋の上でトラブルを起こしました。 ブレーキの故障です。 スピー続きを読む “コロナとトリアージ、自動運転とトロッコ問題 – 2”

相手によって態度を変える?

田舎でダラダラ by Robeさんのブログで…: 以前、見た目がキツそうな人と話す時、話し方をじっくり考えていました。 つまり、「人によって態度を変える」ということです。 しかし、そういう考えは全く意味がありません。 相続きを読む “相手によって態度を変える?”

否定は良くない、肯定の方が良い = 反対デモはダメ?

「あなたは否定はダメで肯定が良い(例: お待ち下さいよりも、はい只今)と言いますが、じゃあデモもダメということ?」 と、聞かれました。 はい、デモも良くないと思います。 トランプ大統領を睨みつけるというあのグレタちゃん、続きを読む “否定は良くない、肯定の方が良い = 反対デモはダメ?”

人は女から始まる。女は人間のベース

デュッセルドルフで年に2回、日本の漢検(漢字能力検定)を実施しています。 私は主催者且つ、試験官の1人でもあるので、当然のことながら漢字に興味を持っています。 漢字は昔、中国から伝わりましたが、日本人に作られた、日本製の続きを読む “人は女から始まる。女は人間のベース”

味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…

ブログ仲間?の「mame58さん」さんのブログで気が付いたことがあります。 腸内環境を良くすると、免疫力が上がるのは今日ではもうかなり知れ渡ったことです。 そこで、その腸内環境を良くする食べ物を食べることが良いとされてい続きを読む “味方に来てもらうか、味方が来てくれる環境を整えるか…”

コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ

職業に貴賎なしと言います。 どんな職業も大切です。 どんな職業も、世の中から必要とされているからです。 必要とされていない職業なんてありません。 でも今、コロナでそれが一体本当なのかどうかが浮き彫りになりました。 スーパ続きを読む “コロナで分かった、「職業に貴賎なし」のウソ”

ついに「ユーチューバー」としてデビュー

このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む “ついに「ユーチューバー」としてデビュー”

恥の文化、恥じらいの国民、日本人

「菊と刀」という、アメリカの文化人類学者、ルース・ベネディクトが日本人の行動パターンのことを書いた本をご存知でしょうか? 第二次世界大戦の頃、大学を最優秀で卒業した彼女は、コロンビア大学の助教授をしていました。 当時のア続きを読む “恥の文化、恥じらいの国民、日本人”

ちょっとお茶目なドイツのゴミ収集車のスタッフ

ドイツ、デュッセルドルフの郊外に住んでいます。 そこではゴミの回収車が隔週で来てくれます。 毎回、朝の6:45〜7:15の頃。 その時間帯は丁度家族を起こしてストレッチをしている頃で、耳を澄ましていると、ごみ回収車の大き続きを読む “ちょっとお茶目なドイツのゴミ収集車のスタッフ”

あやまり過ぎ(?)る日本人

「すいません」は、日本人の口癖です。 「すいません」は、必ずしも「あやまり」を意味しているわけではないと思います。 単なる、話しかける時のかけ声でもあり得ます。 例えば道を尋ねる時です。 それでも、一歩引いた姿勢を示すこ続きを読む “あやまり過ぎ(?)る日本人”

「お母さんの仕事を減らせ!」プロジェクト

朝起きてから夜寝るまで、子どもがいる家庭の普通のお母さんは、「利他」で自分以外の家族のために働きっぱなしです。 父親のことを普通、大黒柱と言いますが、本当でしょうか? 今でこそ家事を手伝うお父さんも増えてきたようですが、続きを読む “「お母さんの仕事を減らせ!」プロジェクト”

迷わない、悩まないと、人生が楽になります。

迷う、悩むことがないと、生きていくのがとても楽になります。 ゼロとは言わなくても、迷い、悩みをかなり減らす方法があります。 迷わない、悩まないように、前もって決めておくのです。 前もって決めておくから、その都度で迷う、悩続きを読む “迷わない、悩まないと、人生が楽になります。”

人種差別に関する日本という国

つい先日の、人種差別が最も少ない国、日本というブログで、とても興味深いコメントをいただきました。 「じゃあ、日本政府がアイヌ人に対して行ったひどい行為はどうなの?」 という内容です。 何かの本でそういうことを知ったそうで続きを読む “人種差別に関する日本という国”

世界で最も人種差別のない国、日本

日本人は、世界の中でも最も人種差別が少ない国のひとつに間違いありません。 それは、日本は元々島国、単一国家で、人種差別をする相手となる他の人種がいなかったからだと思います。 在日外国人はいますが、遠い昔から人種で分け隔て続きを読む “世界で最も人種差別のない国、日本”

質問と答えに大切な、5W1H

中学の英語で習った、5W1Hというのを覚えているでしょうか? Who、When、Where、What、Which、How のことです。 何かを伝える時にとても大切なことは誰でも分かります。 緊急を要する時のコミュニケーシ続きを読む “質問と答えに大切な、5W1H”

とてもロジカルな、ドイツの住所システム

260年もの長い間の鎖国を終えた明治の日本は、遅れを取り戻せと、西洋からさまざまなものを取り入れました。 政治、行政、医療、軍事… どうしてその時に、住所のシステムを西洋のそれに見習わなかったのでしょうか… とても悔やま続きを読む “とてもロジカルな、ドイツの住所システム”

漢検デュッセルドルフ

昨日は、第13回目のデュッセルドルフの漢検でした。 漢検は、日本漢字能力検定の略です。 日本人向けの漢検を、ドイツ人相手に5年前からデュッセルドルフで始めました。 デュッセルドルフのVHS(ドイツの市民大学)に協力しても続きを読む “漢検デュッセルドルフ”

手を洗うのに、石鹸を使うか、使わないか?

外から帰ったり、ちょっと手を使った後に、石鹸や液体ソープで手を洗うのが当たり前になっています。 それを疑ってみます。 石鹸で手を洗うと当然きれいになります。 水やお湯だけで洗うよりもきれいになります。 ですが、毎回、毎回続きを読む “手を洗うのに、石鹸を使うか、使わないか?”

頭で分かる苦労と、身体で知る苦労の違い。子どもは必ず作って下さい。

家内が病気になると、その代わりをして初めて家事の大変さがわかります。 子どもを持ってみて、初めて親の苦労がわかります。 頭で理解する大変さと、実際に身をもって体験するそれとの違いです。 子どもを持った友人が、急に付き合い続きを読む “頭で分かる苦労と、身体で知る苦労の違い。子どもは必ず作って下さい。”

IBMの、「Think..!」と、「Don’t think..!」

初老エンジニアさんからいただいた、日本人の仕事の質に関するコメントで思い出しました。 だいぶ昔の話しですが、IBMの本を読んで印象に残ったことがあります。 IBM社では、創造力が必要とされる管理職の仕事部屋の壁には「Th続きを読む “IBMの、「Think..!」と、「Don’t think..!」”

迷コロナ対策と、経営者がやる気をなくすほど税金を取られるだけの、今の先進国の納税システムとの共通点

虎ノ門ニュースのメイン解説者のひとり、ミリオンセラー作家の百田尚樹さんが言います。 今の日本の政治家、与党議員の80%〜90%はクズ、野党は100%クズ… とてもうなずけるものがあります。 殆どの国会議員がサラリーマン化続きを読む “迷コロナ対策と、経営者がやる気をなくすほど税金を取られるだけの、今の先進国の納税システムとの共通点”

太らない方法があることをご存知ですか?

その方法とは、基礎代謝を上げることです。 基礎代謝とは、身体を動かさなくてもエネルギーを消費することです。 例えば寝たきりの状態。 基礎代謝は、普通の生活のエネルギー代謝の6〜7割だそうです。 つまり寝たきりでも、6、7続きを読む “太らない方法があることをご存知ですか?”

この職業を選ばなかった、人生最大のミス😅

知人のドイツ人が、グラビアのグルメ雑誌をドイツで出しています。 1年に1回だけ出版されています。 いくつものレストランと、そこで出されている料理が紹介されています。 どのレストランも、例外なくミシュランの(1〜3個の)星続きを読む “この職業を選ばなかった、人生最大のミス😅”

ドイツの食事事情

ドイツ人の食事はとても質素です。 あんなに質素な食事で、どうしてあんなに身体がでかくなるのか… 病院に入院すると、その国の一般的な食事が分かります。 栄養士がカロリー計算などをするでしょうが、基本的にはその国の代表的な食続きを読む “ドイツの食事事情”

日本とドイツのコロナ事情

情報元は、武田邦彦教授他、コロナの恐怖を煽る大手メディアとは正反対の人たちの意見です。 日本では、コロナによる死者数は、例年のインフルエンザのそれより少ないそうです。 しかも、お亡くなりになるのはかなりご高齢の方が多く、続きを読む “日本とドイツのコロナ事情”

奥さんにするのなら、日本人女性が世界一!

その昔、私がまだ独身で考え方が未熟、浅はか(?)だった頃(今も?😅)、日本人女性が外国人と結婚したと聞くと、とても残念に思えました。 自分の結婚相手となり得る人の数が減るからでしょうか?😅 さて、今日ではそのことをどう思続きを読む “奥さんにするのなら、日本人女性が世界一!”

Corona situation in Japan

In Japan, politicians decided to postpone the economical restriction for restaurants for Corona until end of J続きを読む “Corona situation in Japan”

ドイツの(オレオレ)詐欺は、”Enkeltrick”(孫のトリック)と呼ばれています。

ドイツにも詐欺はあります。 日本で「オレオレ詐欺」と呼ばれるものもあります。 その多くは、息子を装うのではなくて、孫を装います。 そこでドイツでは、”Enkeltrick”(孫のトリック)と呼ばれ続きを読む “ドイツの(オレオレ)詐欺は、”Enkeltrick”(孫のトリック)と呼ばれています。”

日本の軟水と、ドイツの硬水

日本の水道水は普通、軟水です。 そしてドイツは硬水。 軟水と硬水の違いは、水に含まれるミネラルの含有量です。 日本は島国で国土が狭く、山に降った雨水が地中を流れる時間が短いので、地中に眠る多くのミネラルを水に吸収できない続きを読む “日本の軟水と、ドイツの硬水”

ドイツ政府のコロナ補助は詐欺と一緒

個人事業主、法人に対する当時のドイツのコロナ補助金対応は日本でも評価されました。 例えば10人以下の零細企業には100万円以上があっという間に配られました。 その速さが評価されたのです。 ですが、万物に長短ありで、早いが続きを読む “ドイツ政府のコロナ補助は詐欺と一緒”

幸せになれる方法があります。

その方法を教えてくれている人たちがいます。 世界的に有名なところでは、 「自助論」のサミュエル・スマイルズ 「思考は現実化する」のナポレオン・ヒル 「マーフィーの成功法則」のジョセフ・マーフィー 「人を動かす」のデール・続きを読む “幸せになれる方法があります。”

挨拶の意味 5、笑顔

挨拶の意味 4 で、Tomoさんからいただいたメッセージで再び思い付きました… たま〜に、見ず知らずの人が笑顔を見せてくれることがあります。 挨拶代わりみたいな笑顔です。 ついつい、こちらも笑顔を返してしまいます。 それ続きを読む “挨拶の意味 5、笑顔”

101際の現役サラリーマン

偶然見つけました。 123歳までピンコロ(*)で生きようと思っている私には(実は半分は冗談なので…😅)、驚愕とともに、とても励みとなる人です。 * 寝たきりではなく、ごく普通にピンピン生きて、その時が来たらコロッと逝くこ続きを読む “101際の現役サラリーマン”

挨拶の意味 4

「挨拶の意味 3」で、よく見かける少年に手を振っていたら、相手も手を振りかえしてくれて、それがしばらく続いたら、相手のおうちに夕食に招かれたお話しを書きました。 すると、Wildsumさんから「素敵な体験ですね」 Tom続きを読む “挨拶の意味 4”

ドイツで起業する新社長さん

ドイツで会社を設立するサポートを行っています。 既に日本など、ドイツ以外の国に存在する会社が親会社となり、ドイツの子会社を作る場合と、個人が起業する場合の2つのケースがあります。 前者の場合は、本社のやり手社員の1人など続きを読む “ドイツで起業する新社長さん”

社長になることの勧め

前の会社で雇われ社長、今は零細ながら自分の会社で社長。 でもそれは、自分が選んだ道ではありませんでした。 他に方法がなくてそうなりました… 社長には2種類あります。 雇われ社長とオーナー社長です。 雇われ社長の場合は、サ続きを読む “社長になることの勧め”

挨拶の意味 3

挨拶に関してのブログを挨拶の意味 1、 2と書いていますので、是非そちらも合わせてご覧下さい。 1、2を書いた後に、その昔に南ドイツで実際に私が体験した、ちょっと変わった思い出があります。 それはドイツに来てまだ間もない続きを読む “挨拶の意味 3”

天皇の美談

最も感心するそれは、70年以上前に第二次世界大戦で日本がアメリカに負けて、日本を占領した占領軍、GHQの指揮を取るマッカーサーが昭和天皇に初めて会った時のお話しです。 当時、日本がアメリカ軍に6年以上も占領されていたこと続きを読む “天皇の美談”

日本人の、どうしようもない短所

私は自他共に認める日本(人)ファンです。 日本ファン日本人です。 知人から、「あなたはまるで日本ファン外国人だから…」と言われます。 それを言うのであれば、「日本ファン」という言葉についてもう少し深く考えて欲しいと思いま続きを読む “日本人の、どうしようもない短所”

我が家の年齢は、ほぼ私と一緒

デュッセルドルフの郊外に、15年ほど前に今の一軒家を買いました。 買ったと言うと聞こえが良いですが、持ち出し自己資金はゼロ。 100%、銀行ローンです。 公証人費用や登記費用、家の査定費用など、何から何までローンに組み込続きを読む “我が家の年齢は、ほぼ私と一緒”

母の偉大さ

女は弱し、されど母は強し… どうしてでしょうか? お母さんは、朝起きてから家族みんなのことで頭が一杯。 「学校に遅れないように子供を起こさなきゃ!」 「宿題はやったのかしら?」 「お父さん、今日はお弁当いるんだっけ?」 続きを読む “母の偉大さ”

空気を読むことが、気配り、気遣いにつながる

アスペ父親の自閉症育児日記さんのブログ、「空気を読む」で気が付きました。 日本は、空気を読まないと生きてゆくのが大変な社会です。 古くは聖徳太子の「和を以て貴しとなす」 日本の、自分を抑えて協調性を重んじる横並び、金太郎続きを読む “空気を読むことが、気配り、気遣いにつながる”

ドイツで働く日本人

にも色々な人がいます。 でも、一般論に日本人はよく働きます。 勤勉、礼儀正しく謙虚です。 ドイツ人に普通それはありません。 あくまで一般論です。 稀にその点で素晴らしいドイツ人もいます。 そういう人は、かなりのキリスト教続きを読む “ドイツで働く日本人”

心が洗われるお話し… 究極の、罪を憎んで人を憎まず

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。 元々は孔子の言葉だそうですが、似たことが聖書にも出ているそうです。 そして、月刊誌「致知」5月号 「誰かのために生きる時、人間の命は輝く」 の記事の中に、その究極とも思える続きを読む “心が洗われるお話し… 究極の、罪を憎んで人を憎まず”

挨拶の意味

挨拶とは元々、(大陸では?)お互いの存在を確認し合うのが始まりだったそうです。 お互いが、敵同士ではないことを確かめ合うのです。 戦争、争いが絶えなかった大陸ではとても納得が出来るものです。 隣の地域と戦争をしていれば、続きを読む “挨拶の意味”

「おはようございます」の意味

「いただきます」や「ご馳走様」の意味、奥深さを知って、ひょっとして他にもそういうのがあるのでは? と思って調べてみると… ありました! 朝の「おはようございます」から、寝る時の「おやすみなさい」まで。 4つとも全て意味が続きを読む “「おはようございます」の意味”

「ご馳走様でした」は、誰に対して言うのでしょうか?

一般的な辞書等によると… 「馳走」という漢字には、どちらも「はしる・はしらせる」という意味があり、もともと「奔走」をあらわす言葉だそうです。 今のように豊かではなかった時代、大切な客人をもてなすためには、材料を揃えたりす続きを読む “「ご馳走様でした」は、誰に対して言うのでしょうか?”

「いただきます!」は、誰に対して言う言葉でしょうか?

「いただきます」の意味をまだ知らなかった頃、ヨーロッパ人が食事をスタートする時に言う言葉、 「美味しく召し上がれ!」 が、素敵だな〜 と思っていました。 自分が食べる時に、相手に対して「美味しく召し上がれ」 自分ではなく続きを読む “「いただきます!」は、誰に対して言う言葉でしょうか?”

「苦労は買ってでもしろ」と、天災が多い日本の地理的位置の関係

歳を取ると、「苦労は買ってでもしろ」の意味、正しさが分かる様になります。 別な言い方で言うと、温室育ちと雑草です。 苦労せずに、温室のような環境で「のほほ〜ん」と育つと、見てくれは美しくても弱くなります。 逆に、自然に野続きを読む “「苦労は買ってでもしろ」と、天災が多い日本の地理的位置の関係”

人が生まれ、生きていくのに大事なこと

以前、「女の子は2人の子供を作ることが、仕事のキャリアより大事」と発言した日本のある学校の校長が辞任に追い込まれました。 校長の発言内容は、人間のごくごく基本的な当たり前のことだと思うのですが、うちの家内によると引っかか続きを読む “人が生まれ、生きていくのに大事なこと”

再び怪我…

和牛をさばいていて、左手の親指を切りました。 どうも私はそういう星の下に生まれたとしか考えられません。 幼児の頃から怪我が付き物で、身体中に骨折跡が十数ヶ所、縫い跡は20針以上。 今回のように、縫うまでに至らない、それで続きを読む “再び怪我…”