新番組「ドイツビール探検隊」フランクフルト近郊のバート・ホンブルクより

ろ過前のフレッシュな地ビールが飲めるのが 、ドイツ暮らし最大の恩恵ですよね! 自称「ドイツビール大使(大師)」である黒須寛之が、ドイツ各地のビール醸造所を巡る番組のスタートです。   今回の訪問先はフランクフル続きを読む “新番組「ドイツビール探検隊」フランクフルト近郊のバート・ホンブルクより”

出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: ハンブルク編

人口180万人を誇る、ドイツ第2の都市ハンブルク。世界有数の港町です(ドイツ1位、欧州2位)。運河の街でもあります。ミュージカルを見に行かれる方も少なくないかもしれません。何でも、ニューヨークとロンドンに次いで、世界3位続きを読む “出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: ハンブルク編”

「チャイナタウン効果」について

パリやローマに行くと、同じ土産物をゴザを並べて売っている人たち、いますよね。どうして、同じものを同じ場所で売って平然としていられるのか、同じ商人として信じられません。 レストランでこれをやると、チャイナタウンの出来上がり続きを読む “「チャイナタウン効果」について”

出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: フランクフルト編

さて、州都ヴィースバーデンを先に取り上げてしまいましたが、世界に名だたる金融とメッセの街、フランクフルトについて書かないわけにはいきますまい。   正直なところ、欧州大陸2位の大空港があるがゆえに、ストップオー続きを読む “出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: フランクフルト編”

出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: ヴィースバーデン編

ヘッセン州の州都はご存知ですか? フランクフルトではありません。ヴィースバーデンです。 フリードリッヒ2世の避暑地にして、温泉(カイザー・フリードリッヒ・テルメ)とカジノの街。お金持ちの多い保養地として有名です。街の美し続きを読む “出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: ヴィースバーデン編”

出張者必読!ガイドブックの書かない旅行ガイド: ベルリン編

「不思議な市場・ベルリンの謎を紐解く」で自分なりにベルリンを解剖してみましたが、今回は観光旅行ではあきたらない方に、見ていただきたい地域をまとめさせてもらいました。 ベルリンは懐が深いので、観光以外では初めて訪問される方続きを読む “出張者必読!ガイドブックの書かない旅行ガイド: ベルリン編”

「繁華街2乗の法則」について

「繁華街2乗の法則」を聞いたことがありますか? たぶんないでしょう。私が考えたばかりですから(笑)。 ベルリンの繁華街のホットなこと。人気のベトナム料理屋やカリーヴルストの店に、寒空の下にも関わらず並ぶ人たちを見ながら思続きを読む “「繁華街2乗の法則」について”

不思議な市場・ベルリンの謎を紐解く

ベルリンに来ています。商売目線で見ると、ここは本当に不思議な街です。人の流れや消費行動が全然違うのです。 午後の3時や夜中の12時に、ケバブ屋で行列ができる街です。 旧東側中心に、この街は訪れる度に成長しています。 しか続きを読む “不思議な市場・ベルリンの謎を紐解く”

ポケット・ティッシュに見る日独文化の違い

日本文化研究家の吉田喜貴先生という方の著書が、ドイツのKindleでも読めるようになりました。吉田先生と言えば、「世界地図を90度回転させると」や「ちいさきものはみなうつくし」など、「目から鱗」の面白い話が盛りだくさん。続きを読む “ポケット・ティッシュに見る日独文化の違い”

ドイツ人の「日光欲」とビジネス

(こちらは、Deutsch-Asiatischer Wirtschaftskreis《ドイツ・アジア経済同友会》への寄稿文を抜粋・加筆したものです。) 私のいますフランクフルト界隈では、先週あたりに歩道や広場に出ていたレ続きを読む “ドイツ人の「日光欲」とビジネス”

ドイツで使ってはいけない番号

歴史や文化は、海外でのマーケティングにおいて、基本中の基本です。知っていたからと言って自慢にもならないことでも、知らずに使うと大ヤケドをすることがあります。 ドイツで「18」や「88」など、使ってはならない番号やアルファ続きを読む “ドイツで使ってはいけない番号”