ロシアに支配されるドイツ

左派メディアがいい加減な報道をするので、前トランプ大統領を嫌っていた人は多くいました。

ドイツの学校でもそう教えていたので、うちの娘もトランプ大統領が大嫌いでした。

ひどい例は次の写真です。

DER SPIEGEL は、ドイツのインテリが読む一流月間誌です。

これが左派メディアの偏向報道の実態です。

私も昔、ドイツ語学校の上級クラスでは、この雑誌のテキストで勉強させられましたが、まさか DER SPIEGEL が朝日毎日並だったとは…

実際の例で言うとメキシコとの国境の壁。

いい加減な左派メディアの報道 ➡︎ トランプは、メキシコとの国境に大きな壁を作り、メキシコ人がアメリカに入れなくした、非人権的、人種差別のとんでもない大統領だ。

メキシコ人がかわいそうだ!

正しい報道 ➡︎ メキシコからアメリカへの不法侵入者を防ぐ正しい判断と行動。

正規にビザを取得したメキシコ人は、普通にアメリカに入国できます。

壁で入国を防いだのは不法侵入です。

不法侵入は違法行為です。

それを防がないと、例えばアメリカ人の職が奪われます。

安い不法就労者が職を奪うのです。

虎ノ門ニュースによって、正しい情報を得ていた私には、トランプさんは無言実行、有言実行の素晴らしい大統領に見えました。

さて今回、そういうトランプさんを良く表した、とても興味深い動画を見つけました。

まるで今のロシアのウクライナ侵攻を、2018年の当時に予想していたかのようです。

ウクライナでとんでもないことをおこなっているロシアに対して、何もできないでいる、特にドイツの不甲斐なさについてです。

ドイツはロシアのエネルギーに頼っているので身動きが取れません。

ロシアに支配されているのも同然です。

元ドイツの首相が、そのロシアのエネルギー供給会社の幹部になっていることも指摘しています。

こういう“ド”まともなニュースは主要メディアでは報道されないようです。

元々ビジネスで成功する人ですから、有言実行のトランプさんは、やはりやり手だと言わざるを得ません。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。