中米の日本と言われるエルサルバドル

ひょんなことから、日本がポジティブにとんでもない国だと気付かされました。

気付いたのは、反日左翼の人たちがきっかけでしたが、それは置いておき…

日本人は普通、そのことに気が付きません。

なぜならそれはごく当たり前のことだからです。

それに気がつくのは日本ファン外国人です。

そして、その日本ファン外国人というのが、とんでもなく大勢います。

ありがたいことです。

その中の一部の人たちが、ユーチューバーとなって動画をアップし続けてくれています。

その数だけでもものすごいです。➡︎ 日本ファン外国人

そして、その日本ファン外国人たちにも、いろいろとレベルがあります。

先日、その中でもかなりのレベルのお二人を紹介しました。

言ってみれば、トップのレベルです。

日本人以上に日本を知っています。

そして、自虐史観に染まってしまっている日本人に「目を覚ませ!」と言ってくれているのです。

まあそれもさて置き、今回は、ではなぜ日本(人)はそうなったのかです。

そのヒントが、今回のタイトルにあります。

中米のエルサルバドルの存在です。

エルサルバドルは、中米の日本と言われるそうです。

エルサルバドルは、国土が狭くて山がち、人口密度が高く、地震や台風などの自然災害が多く、国民は勤勉で忍耐強いそうです。

なるほど…

「苦労は買ってでもしろ」とは言いますが、その国に住んでいることによって、自然に鍛えられてしまっているわけです。

ちなみにエルサルバドルも親日国です。

トヨタなどの日系企業は既に1950年代から進出して、海外青年協力隊も、中南米では最も早く派遣されたので、現地の人たちは日本(人)を良く知っています。

日本人の国民性から、日本人が多く行っている国々はみんな親日になってくれます。

エルサルバドルのワルテル・ベネケ駐日大使は、「自国を日本のように発展させたい」と思ったそうです。

そして NHK 教育テレビをモデルにした、国営のテレビ局「カナル10」を立ち上げました。

エルサルバドルで放送教育の普及に力を入れ始めたのです。

そのカナル10で、2003年から毎週放送されたのが、NHKの「プロジェクトX」でした。

プロジェクトX を見たエルサルバドルの人たちは、日本人の仕事にかける情熱や努力、そして責任感に共感し、日本人をますます好きになってくれているそうです。

親日国って、こんなにたくさんあるのをご存知でした? ➡︎ 親日国

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。