良いことも言うプーチン

プーチンが日本を批判したそうです。

よくぞ言ってくれました。

ウクライナ侵攻の戦争犯罪者のプーチンですが、日本への批判と言われるこのコメントに関しては、まさに彼の言う通りなのです。

日本人全体に対する批判ではなく、一部のおめでたい平和ボケ、お花畑思考の日本人に対しての批判です。

より正確に言えば、GHQに洗脳されてしまった、根が良過ぎる日本人たちです。

何を言ったのか?

広島と長崎に原爆を落とされた日本は、誰がそれを落としたのかについて黙っている。

そしてアメリカが、日本の一般市民に対して空襲虐殺をおこなったことを、日本の教科書では無視しているというものです。

広島の原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれています。

過ちは誰が起こしたのか?

誰が過ちを繰り返さない(繰り返してはいけない)と言っているのでしょうか?

その点が最も大事なのにも関わらず、(この広い世界でも稀に見る)日本人的に曖昧にぼかしています。

プーチンは、その点をついているワケです。

こればかりは「良く言った、プーチン‼️」

それはまさにその通りで正しい意見です。

但し、人殺しのあなたには何もいう資格がない‼️

第一、あなた(の国)が今までしてきたことは?

と、反論しなければいけません。

1945年8月15日に日本は先の大戦で降伏しました。

その日をもって、戦争は終了したことになります。

ところが、ソ連はなんと、当時もう完全に弱まっていた日本に対して、終戦のわずか5日前に宣戦布告をして、

終戦後にも日本の北部に攻めて来たのです。

とんでもない連中です。

今日のウクライナ侵攻と一緒です。

そこで機転を効かせたのが樋口季一郎中将(= 最終階級)です。

敗戦となった日本軍は武器を捨てなければなりません。

ですが、樋口季一郎中将はその時、ロシアはこのまま日本の敗戦を認めずに(日本は武器を捨てて降伏、相手側は攻撃をストップする)攻めてくると予想して、徹底抗戦をおこないました。

降伏した後に抵抗する行為は許されていません。

それは戦争犯罪にも匹敵します。

ですが、降伏した相手を攻撃し続けることも勿論許されていません。

樋口季一郎中将のその機転により、今日の北海道は日本の領土であると言われています。

当時の樋口季一郎中将の機転がなければ、今日の北海道はロシア領土になっていたというのが、今日の見識者たちの意見です。

世の中には面白い調査があります。

飛行機の中で、もし隣の人が自分のスペースに入ってきたらどうするかのアンケートです。

特にエコノミー席。

狭いので、手足の自分のスペースは限られています。

それにもかかわらずに、ずうずうしい人間は、隣のスペースにまではみ出て来ます。

その時に、「無視して我慢する」という回答をする世界のトップが日本人なのです。

日本人特有の謙遜、謙虚、謙譲、相手に譲る、和を大切にするはとても美しいものです。

でもそれは国内だけにしてください。

国外でそれをすると、とんでもないことになります。

プーチンはそこを突いているのです。

目を覚ませ、日本人!

頑張れ日本ドットコム

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。