ウクライナの次は台湾。戦争が起きる確率の5大要素

国と国の間で戦争が起きる確率、あるいは起きない確率を理論的に出す5大要素というのがあるそうです。

同盟関係にあるかどうか

軍事力の差の大きさ

民主主義度

経済的依存度

国際組織加入度

以上の5つです。

両国がもし同盟関係にあれば、戦争が起こる確率は低くなります。

軍事力の差に大きな違いがあると、軍事力が強い方が戦争を起こす(= 大が小を飲み込む)可能性が高くなります

民主主義度が高いと、戦争を起こす可能性が低くなります。

経済的依存度が高いと、戦争が起こる確率が低くなります。

国連やEU、NATOなどの国際的組織に加入していると、戦争を起こす確率が低くなります。

戦争を起こす国は、過去の日本もそうでしたが、そういう組織から脱退します。

なるほど、とても理にかなっています。

この要素でロシアとウクライナを見た場合、いつ戦争が起きても(ロシアがウクライナを攻めても)おかしくないわけです。

そして全く似たような状態にあるのが、ロシアの南隣の似たような国と、沖縄の南西の先にある島国です。

いつ同じような状態になってもおかしくありません。

鍵となるのは、習近平が、今のプーチン(とその側近)が世界中から大批判を浴びていることをどう見ているかです。

習近平が常識を持ち合わせていれば、相手が小国でも落とすのが簡単ではなく、しかも世界中から大批判を浴び、経済的に孤立してしまうと思いでしょう。

でも彼にその常識があるかどうか?

北朝鮮と日本に関しては、前者の4つの国ほどは要素が当てはまらないことが幸いです。

では、中国と日本では?

かなりまずいと思います… 😰😰😰

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。