プーチンが核ボタンを押す確率

ウクライナの状況が、もしこのまま続くと、軍事クーデターでも起こらない限り、まずいことになってしまいます。

そこでとても悔やまれるのが、東京裁判という偽名の東京リンチです。

先の大戦で、日本各地の都市を空襲して、戦争に関係ない、罪もない一般市民、それも特に女性、子ども、老人、怪我か病気を持った男性、つまり、一般市民の中でも特に弱者を数万〜十数万人も都市ごとに殺害したアメリカ人は誰からもとがめられていません。

さらに、原爆によって広島と長崎の一般市民弱者も、同じように十数万人ずつ殺害した人間も、誰1人として咎められていません。

もし逆に、日本が勝っていたらヒーローになっていた人たちが死刑にされてしまいました。

もしあの時に、戦勝国側による一方的なリンチではなく、真の裁判が行われていて、空襲や原爆で一般市民を何十万人も殺害したアメリカ人が、正当な重い罰を受けていれば、プーチンさんも核使用をためらうかもしれません。

これを書いている時に、面白いニュースを見つけました。

バイデンさんが、プーチンさんを「戦争犯罪人! 人殺し!」みたいに批判したら、プーチンさんは広島、長崎の原爆の話しを持ち出して、それはお前ら(アメリカ人)の方だ! と言ったそうです。

プーチンが言うことは、全く正しいことです。

それでも今、プーチンがやっていることは許されることではありません。

このままでは本当にまずいことになってしまいます。

アメリカ軍も、NATO軍も、もし今この戦争に加われば、第三次世界大戦になってしまい、とんでもない被害になるのでそれは避けたいようです。

本当でしょうか?

第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、多くの国々が2つのグループに分かれてあちこちで複雑に戦ったから悲惨なことになりました。

ですが今回の敵はロシア軍だけ、いえ、プーチンほぼ1人です。

もしアメリカ軍とNATO軍が本気で一斉に現場に出て行けば、ロシア軍は劣勢どころか士気も最低なので、圧倒的な力の差であっという間に降参させられるのではないでしょうか?

これを良い機会と見たのか、安倍元首相が核共有の話しを持ち出しました。

ロシア・ウクライナの次は、中国・台湾、中国・尖閣諸島、中国・沖縄です。

法律で戦うことができない自衛隊、核を否定する日本で本当に大丈夫でしょうか?

もし日本が攻められたら、今の首相はすぐに逃げてしまうタイプでしょうか?

それともウクライナの大統領のように、自分の身を投げ出しても頑張ってくれる人でしょうか?

核も含めて軍備は最強にするべきです。

でもそれは使うためではなくて、相手から戦争を仕掛けさせないためです。

ウクライナは1990年代前半に世界第3位の核保有国で、1240発の核弾頭を持っていました。

それを欧米中露の説得で手放しましたが、もしあの時に手放していなければ、今回の侵略はあり得なかったと思います。

「たられば」の話しなので意味がありませんが、核を持っていれば、プーチンがそう簡単に手を出せないからです。

核を手放しても欧米が守ると約束したのですから、現在のマクロンさんの協力的な姿勢だけでは全く不十分です。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。