北朝鮮に拉致された同胞が戻れないワケ

ウクライナ軍の義勇兵に70人の日本人が応募したそうです。

その内の50人が元自衛官だそうです。

とても立派なことだと思います。

でも、人によっては「何を馬鹿な!」と思う人もいるのかもしてません。

個人的な考えですが、そういう人は、例の「電車の中での喫煙注意 ➡︎ ボコボコ中学生事件」で、危険だからそういう注意行為はやめましょうという人と同類に思えます。

日本の政府、林外務大臣は志願兵のことを知って妨害したそうです。

日本人はウクライナに行くなということのようです。

70人の志願者、もし行ったら政府として安全を保障できないからだそうです。

志願して戦争に行く人を政府が守れないのは当たり前のことでは?

確かに以前、中東の戦争が起きている地域に政府が行くなというのにもかかわらずに行って亡くなった人がいました。

日本の政府は北朝鮮の拉致被害者に何かしてくれているのでしょうか?

助け出す実際の行動はゼロと言えないでしょうか?

単に口だけで…

安倍元総理も含めて。

日本(人)は基本的には素晴らしいですが、欠点がないわけではありません。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

北朝鮮に拉致された同胞が戻れないワケ」に2件のコメントがあります

  1. 元自衛官といえどもただの民間人。渡航禁止のうちに含まれるのでしょうね。
    ウクライナにいる日本人も国外へ退去命令が出てしまいました。
    徴兵制もなく、今までの自衛官は戦争ごっこをしていれば済む存在に過ぎませんでした。
    戦闘訓練もないままの自衛官は札幌市内に出た熊すら撃てずに、銃を持ったまんま
    ひっくり返って、担架で運ばれたお粗末さです。実戦がないのです。
    そこが、徴兵制のある国と戦争ごっこの国との徹底的な差です。

    1. ホントにそんなヤワな自衛官がいるのですか?😅

      職業不適切ですね。
      このコメントに触発されて、「世界で一番危険な国、日本を書いてみました」近日中にアップ予定です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。