ロシアのウクライナ侵攻の後は、中国の台湾併合

一部の見識者によると、ロシアがウクライナを攻めると、中国が台湾に攻め込む確率が高まるそうです。

とてもロジカルな考え方です。

プーチンさんも、アメリカ、バイデンさんの動き、発言を常にチェックしながら動いています。

アメリカ、バイデンさんが何もできないと分かったことによって、今回の侵略です。

習近平さんは、まさにそれを見ています。

習近平さんにとっても、今が絶好のチャンスです。

トランプさんなら、(軍事的に)何をするか分からないところもありましたが、バイデンさんは何もしません。

ポーランドやドイツに何千人ものアメリカ軍人を送っても意味がありません。

2年後にはトランプさんが返り咲く可能性があります。

今このチャンスを習近平さんが逃すわけがありません。

つまり現在、台湾はとても危険な状態にあるといえるわけです。

ということは、日本もとても危ない状態です。

そして今の与党、政府は親中派で占められています。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。