匿名希望

日本人の悪い癖の一つに、匿名希望があります。

それも、自己主張が善の西洋、悪の日本の国民性と関係があると思われます。

自己主張自体が良くないと言う日本で、主張はしたいけど名前は伏せると言うのでは困ります。

うちと関係のある組織で3ヶ所、各個人が独自のメールアドレスを持つのではなく、ひとつのメールアドレスを複数人で共有しています。

例えば、soumu@組織名.co.jp とかです。

さらにその3社の内の2社は、そのメールを誰が書いたかが分かりません。

メールを書いてくる人が、文末に自分の名前を書かないので、それが誰から来たメールなのかが不明です。

その人の所属する部署の名称だけ明記あり、本人の名前が書いてないのです。

人間には誰にでも天使と悪魔が共存しています。

良いことをする時は天使がささやき、ついつい悪いことをしてしまう時は悪魔が囁いています。

大陸式の「騙される奴が悪い」に対して、日本では「騙すより騙されろ」ですが、それでも「人がいるところに泥棒あり」です。

財布をしまっておくのと、テーブルの上に置いておくのでは、それがなくなってしまう確率が全く違ってきます。

メールでも同じです。

名乗らないと、どうしても悪い方に流れる可能性が出てきます。

前述の2つの組織の内、ひとつの方は退社と中途入社でしょっちゅう人が変わります。

勤続年数平均が極端に低そうです。

もうひとつの方は、以前トップの大きな不祥事が出ました。

もったいないと思うのは、そういう匿名式のメールのやり取りをしているところでも、素晴らしい対応の人がいることです。

隠蔽するという?組織の体質に染まらずに頑張って欲しく思います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

匿名希望」への1件のフィードバック

  1. 殆どのテレビ局や周知のメーカーは、匿名を許していません。
    愛称でもいいから、名前は書け、という方針です。匿名で褒めることは
    よしとしても、匿名という名前に隠れて人の悪口を書き込んだりする人は
    やはりダメですよね。卑怯です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。