今こそ日本式経営

戦後のアメリカナイズで、日本の古き良き「年功序列」、「終身雇用」の制度が崩れました。

アメリカの個人主義、実力主義が取り入られて、結果を出す人には高給を払う、出来高制というか、成果報酬型が採用されました。

会社は簡単に社員の首を切り、社員も何か気に食わないと簡単に会社を辞めます。

その結果、少しでも給料が高いところへ、少しでも条件が良いところへと転職が当たり前の世の中です。

でもちょっと待って下さい。

転職するだけで、本当にお給料は上がり続けるのでしょうか?

首を切って中途採用すれば、次に来る社員の質は必ず良くなるのでしょうか?

そんなことはないと思います。

まずは労働者側から見てですが、転職とお給料のアップに関しては、お給料の法則みたいのがあると思います。

転職する度にお給料が上がり続けるということはあり得ません。

自分のスキルを上げれば別です。

雇用者側から見た場合、社員を簡単に辞めさせたら、次に来る人は必ずより良い人なのでしょうか?

会社の仕事とは、どこでも同じではありません。

むしろその逆で、会社ごとにやり方が違います。

仕事に慣れるのには時間がかかります。

社員は長くいてくれれば、いてくれるほど、仕事に対する熟練度は高まり、効率が良くなります。

それなら条件を良く会社の雰囲気を暖かくして、定着率を上げた方が良いことになります。

会社も人間が集まる組織。

だとしたら、人間が集まる最高の姿である家族のようになるのが1番ではないでしょうか?

実際に、心ある経営者が社員を家族と思って手厚く扱い成功している企業もあります。

定着率は高ければ高いほど良いと思います。

会社にとっても、社員にとっても。

だとしたら、終身雇用は正しいシステムではないでしょうか?

年功序列に関しては、少し手を入れる必要があると思いますが、日本式の終身雇用は良い制度だと思います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

今こそ日本式経営」に4件のコメントがあります

  1. コメント失礼します。

     良く団塊の世代の方が、すぐ辞める人達を「根性なし」の罵る事がありませ。

     でも、日本人の古き良き年功序列や終身雇用を先に壊したのは、日本の経団連です。

     まず最初に責められるべきは、労働者の最大のメリットだった終身雇用を壊した、大企業の経営者達だと思います。

    1. すいません‥
      「罵るしる事がありませ」の部分間違ってました。

       「罵るしる事があります」でした‥

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。