「暇」は「日間」

「大言海」によると、「暇」な時は、日の光が差し込む間、「日間」だそうです。

つまり暇の時は、お日様の光を目一杯受けて応援してもらっている時です。

そしてそれは、お日様から見つめられている時でもあります。

だから単に無駄に時間を過ごすのではなくて、有意義な時間を使わなければなりません。

各人が持っている時間は、自分の命(の時間)とも言えます。

自分の時間がなくなった時が、この世を去る時です。

そう考えると、暇な時間が本当に日間に思えてきます。

そして、暇がないほど忙しい時は、忙しいの漢字が示すように、心を亡(ほろ)ぼしている時だと言います。

忙しくて必死に頑張っているというのは、そういう意味では最低ではないでしょうか?

心を亡くして必ず死ぬのですから…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。