世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人

日本人の特質である謙虚、謙遜、譲る、遠慮、謙り、卑下、気配り、気遣い、人に迷惑をかけない…

これらは、世界の物差しで計るととても珍しいです。

最近知ったのですが、ミャンマーやパラオの人たちも似ているそうです。

これらの特質を考えると、自己主張、自己表現が下手ということになります。

その証拠に、外交がめちゃくちゃに弱いです。

コミュニケーション能力が低いと言えると思います。

日本人の場合は「阿吽の呼吸」なので、長所は短所で表現力が乏しいのです。

それでは海外で通用しません。

海外では、考えていることを具体的に細かく説明できないと通用しません。

それもそのはず、大陸では多民族です。

民族の違いから来る文化や習慣、考え方の違いもあれば、

コミュニケーションの手段である言葉さえも違います。

それらの壁を超えて理解し合うには、何とかコミュニケーションを取るしかありません。

日本では太古の昔からその必要がありませんでした。

そこで言葉さえも不要になる「阿吽の呼吸」などが可能になってしまうのです。

日本の常識は世界の非常識。

世界の常識は日本の非常識…

それは仕事にも及びます。

海外にある日系企業でしばしば起こる問題。

各人の仕事の内容、範囲を厳密に明確化しておかないと、誰もやらない仕事が発生してしまいます。

日本でなら、そういう空白的な仕事が発生しても、誰かが自主的に行います。

ですが海外では、そういう仕事は誰も手をつけずに残ったままになってしまいます。

極端な例だと(これは実際にアメリカに駐在した友人が経験したことですが)、秘書的な役割に雇った人に、来客の際にコーヒーを頼んだら雇用契約書にそれは明記ないと断られたそうです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人」に2件のコメントがあります

  1. 私は契約にない仕事をどんどん片付けるドイツ人女性に会ったことが数度あります。
    誰もが、そういう仕事をした後、どうです!❓と言わんばかりに自分の腕を
    上司に報告していました。まあ、きちんとやるからには自分を認めなさいというとても強い
    アピールなんでしょうね。

    1. そういう指示待ちでないドイツ人は素晴らしいです。

      日本人にも求められます。

      ただ万物に長短ありで、それが「痒いところに手が届く」ことなら素晴らしいですが、もしそうでないと…😅

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。