党ではなく、人に投票できるように

武田邦彦さんが次の参議院選挙に立候補するようです。 「小選挙区制をなくして、全国区だけに」とか、「党ではなく、人に投票できるように」と主張されているようです。 武田邦彦さんについては賛否両論が大きく分かれるようです。 私続きを読む “党ではなく、人に投票できるように”

世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店

注文を間違える料理店? 注文の多い料理店?😅 不思議なタイトルに釣られてつい見てしまいました。 店員さんが認知症なのです。 よって、注文を間違えてばかり。 それでも店長さんがとても出来た人で、しっかりとカバーしてくれます続きを読む “世知辛い世の中で、ホッと出来る料理店”

「何々様」と「何々さん」

最近の若い人の中には時々、SNSに慣れたせいもあってか、初めての相手に出すメールでも、いきなり要件から入る人がいます。 そういう人から問い合わせが入った時は、理由をつけて丁寧にお断りしています。 そんな事くらいで相手を見続きを読む “「何々様」と「何々さん」”

日本にやっと、まともな政党が生まれた?

武田邦彦さんが次の参議院選に立候補することを聞きました。 参政党というところからの出馬だそうです。 そして偶然に次の参政党の動画を見つけました。 普段あまり政治に興味がないので、この手の動画はすぐにスルーなのですが、つい続きを読む “日本にやっと、まともな政党が生まれた?”

天災と貯蓄癖

江戸時代に日本に来て住んだ、アメリカ人、シルベスター・モースさんが書いた本、「日本その日その日」に書かれていました。 「商売人たちは、毎年一定の金額を建築費として貯金する習慣を持っている。 これはどうかすると広い区域を全続きを読む “天災と貯蓄癖”

コントレックス、ゲロルシュタイナー、サンペレグリノ、ペリエ… 硬水で治る足のつり、ふくらはぎのムズムズ

それらのミネラルウォーターは、フランス、ドイツ、イタリア、フランスの硬度が高いものです。 日本でも、こだわったレストランに行くと、それらは置いてあると思います。 軟水と硬水の長短所の比較を今まで何度も書きました。 日本の続きを読む “コントレックス、ゲロルシュタイナー、サンペレグリノ、ペリエ… 硬水で治る足のつり、ふくらはぎのムズムズ”

今こそ日本式経営

戦後のアメリカナイズで、日本の古き良き「年功序列」、「終身雇用」の制度が崩れました。 アメリカの個人主義、実力主義が取り入られて、結果を出す人には高給を払う、出来高制というか、成果報酬型が採用されました。 会社は簡単に社続きを読む “今こそ日本式経営”

「暇」は「日間」

「大言海」によると、「暇」な時は、日の光が差し込む間、「日間」だそうです。 つまり暇の時は、お日様の光を目一杯受けて応援してもらっている時です。 そしてそれは、お日様から見つめられている時でもあります。 だから単に無駄に続きを読む “「暇」は「日間」”

日本人の味方、アルベール・ダネタン公使

アルベール・ダネタン男爵は、1883年から1910年まで在日ベルギー公館で、17年間も日本に滞在して特命全権公使を務めました。 当時、国際舞台に遅れて登場した日本に対する誤解や偏見がヨーロッパで大きい中、その是正に努め、続きを読む “日本人の味方、アルベール・ダネタン公使”

世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人

日本人の特質である謙虚、謙遜、譲る、遠慮、謙り、卑下、気配り、気遣い、人に迷惑をかけない… これらは、世界の物差しで計るととても珍しいです。 最近知ったのですが、ミャンマーやパラオの人たちも似ているそうです。 これらの特続きを読む “世界で最もコミュニケーション能力が低い日本人”

雨とドイツ人と日本人

先日、明治時代前半に日本に来てしばらく滞在していたアメリカ人のモースさんをご紹介しました。 詳しく言うと、モースさんではなくモールスさんで、あのモールス信号のモールスさんの子孫の1人だそうです。 そのモー(ル)スさんが日続きを読む “雨とドイツ人と日本人”

「あなた、日本人?」

海外にいて、そう聞かれたことはないでしょうか? 私は何回もあります。 最近だと数年前、ドイツ人と思われる車椅子に乗ったお婆さんに聞かれました。 デュッセルドルフの町中を歩いていた時です。 天気予報で夕立になると知っていた続きを読む “「あなた、日本人?」”

日本人とは?

日本に住む日本人は普通、「日本人とは?」の答えを知りません。 なぜなら日本人を計ることが出来る「世界の物差し」を持っていないからです。 世界の物差しを持つためには、海外を知らなければなりません。 そして海外を知るには、海続きを読む “日本人とは?”