悲しい過去を持つ直線の国境

世界で最も長い、真っ直ぐな直線の国境は、カナダとアメリカの間にあります。

その長さは何と8.891km。

日本とドイツの間の直線距離にもほぼ匹敵します。

なぜそんなにも長い直線の国境があるのでしょうか?

地図を見ていると、他にも気が付くのがアフリカと中東です。

直線の国境がある所には、実は悲しい歴史があります。

それは戦争や植民地収奪戦などの、国の利権争いで生まれたからです。

特にひどいのは、アフリカ、中東、アジアです。

つまり、白人から植民地支配を受けていた地域です。

例えば1884年、ドイツのビスマルクが西洋諸国に呼びかけて、ベルリン会議を開きました。

その会議で、誰(どの西洋諸国)が、どのアフリカの部分を植民地として取るかを決めようというものでした。

各西洋諸国は、自国の取り分を主張し合って、現地に住む人たちの民族性や地域性、文化の面を考慮しませんでした。

単に西洋諸国の欲の張り合いの結果に直線の国境が生まれました。

国境が生まれるということは、国の範囲が決まるということです。

その結果、民族間での争い、つまり内乱や戦争が起きて、多くの死傷者が今日まで出続けています。

つまり、アフリカでの悲惨な戦争や内乱の元になっているのは、西洋諸国の白人たちの欲の突っ張り合いなわけです。

中東も同じです。

1915年、第一次世界大戦で負けたオスマン帝国の分割を決めるために、イギリス人のマーク・サイクスと、フランスのジョルジュ・ピコによって、秘密協定が結ばれました。

サイクス・ピコ協定と呼ばれています。

その協定で、アフリカのように中東の取り分が決められました。

すぐその後に起こったアラブ反乱を始め、今日まで続く中東での争いごとも、元はと言えば西洋人たちの支配欲からきています。

例えばスリランカ、元セイロンは1948年に独立しました。

独立後、元々の民族であるシンハラ人と、インド南部から来たタミール人とで内戦が続き、凄まじい殺し合いが繰り広げられました。

その責任はイギリスにあると言えます。

人口の15%ほどがタミル人ですが、イギリスはタミル人にのみ高等教育と銃を与えてシンハラ人を当時支配させました。

白人の植民地政策の基本パターンである、自分たちで直接現住民を支配するのではなく、そこにいる少数民族によって主民族を統治させる方法が民族対立を起こしました。

独立後、自分たちの国を取り戻そうということで、シンハラ人優遇政策が取られ、タミル人の追い出しが行われたのです。

その民族対立が26年間も続く内戦となり、それが集結した2009年までの間に多くの命が失われました。

タミル人に対するシンハラ人の憎悪は今日でも消えることがなく続いています。

アメリカは戦争を起こす時には世論を味方につけるために、必ず大義名分の理由を作ります。

それはインディアンの迫害から始まり、イラク進行、フセイン大統領の殺害まで続いています。

大量破壊兵器などという、ありもしない疑いをかけて、フセイン大統領を死に追いやっています。

私にはイラク人の親しい友人がいますが、彼はフセイン大統領の肖像画が書いた腕時計をしています。

どういうことかというと、フセイン大統領は国民から親しみ愛されていたのです。

西暦1500年頃から約500年もの長い間、西洋の白人たちが、世界中で日本を除くほとんど全ての有色人種の国々を植民地にして貪っていました。

日本は植民地にはならなかったものの、都市爆撃と原爆で何十万人もの女性、子ども、お年寄りの命が奪われました。

有色人種に対する白人のとてもひどい仕打ちは、そのあまりの酷さや、過去の著名な白人たちの発言から、白人にとっての有色人種は家畜や物と同じと考えられているフシがあります。

有色人種は、白人と同じ種類の人間の部類には入らないというわけです。

アメリカでは昔、若い娘さんが着替えをしている時に、召使いの黒人男性がそばにいても気にしなかったそうです。

それがもし白人の男性だったら娘さんは恥ずかしくて着替えなど出来ません。

一般市民が普通に生活している日本の各都市に集中爆撃を行ったり、

広島や長崎に、原爆のような恐ろしいものを落とせるというのもそこから来ているのではないでしょうか?

当時は、元気な若い日本人男性はみんな戦地に行っていたので、残っていたのは女性、子ども、年寄り、病気や怪我の男性しか残っていませんでした。

普通はそんな所に原爆などを落とせるわけがありません。

哀れな有色人種の宿命なのでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。