世界で唯一、複雑、平和なゲーム、「将棋」

チェスや将棋などの世界のボードゲームは、古代インドのチャトランガというものがそのオリジナルだそうです。

それが時代とともに各国に伝わって、その国々独自のボードゲームに進化発展したようです。

西洋ではチェス、中国では象棋(シャンチイ)、日本では将棋。

それらのボードゲームの中で、取った相手の駒を、自分のコマとして活用できるルールになっているのは将棋だけだそうです。

よって、局面展開の複雑さがチェスとは100桁も違うそうです。

チェスのゲームツリー探索は10の120乗オーダーで、将棋は10の220乗だそうです。

そういえば、開発が急ピッチに進むスーパーコンピューターに、将棋の名人も既に負けていますが、

その数年前にチェスのチャンピオンも負けていました。

この世界で唯一の、取った駒の再利用について思い浮かぶことがあります。

それは戦国の時代からの日本人の戦いです。

当時の日本人同士での戦闘は、勝利した方が、負けた方の大将の首を取ります。

ですが、首を取られた大将以外の兵士は、勝った方の味方になったりします。

大将を慕って自害してしまう幹部兵などは例外です。

将棋の駒の再利用と似ています。

それとは対照的に、大陸での戦いは、負けた方の兵隊は皆殺しにされる傾向があると思います。

中国では、負けた方の大将の家系のお墓まで暴かれて滅茶苦茶にされるそうです。

過去の西洋の戦いでも、負けた方は皆殺し、あるいは奴隷にされて、その陣地には大量の塩を撒いたなどというのがあります。

大量の塩を撒いて、食用の野菜などが育たないようにしたわけです。

駒の再利用という考え方はありません。

だから城壁の作りも違います。

日本での城壁は、殿様と家来、兵隊のいるお城の周りだけです。

ですが大陸では、町ごと城壁で囲ってしまいます。

戦争になった時に命の危険があるのは、日本の場合は殿様とその家来のみでも、大陸では街の住民全てということがあらわれています。

そう言えば大陸では、お店の中などですぐにケンカが始まりますが、日本では「表に出ろ!」と言います。

お店や他のお客さんに迷惑をかけないようにです。

日本人の気遣い、心配りって凄くないでしょうか?

参考出典: 井沢元彦著「人類を幸せにする国・日本」祥伝社

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

世界で唯一、複雑、平和なゲーム、「将棋」」に2件のコメントがあります

  1. このボードゲーム、AIすらも読めないって凄すぎます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。