人間はなぜ生きているのか?

毎朝見ているユーチューブの虎ノ門ニュースで、ここしばらく高橋洋一さんという人が出ています。

高橋洋一さんは元大蔵・財務官僚で学位は博士。

多くの人によると天才だそうです。

凄い人たちがそう言うので、かなりなのでしょう。

今日の虎ノ門ニュースの特集として、その高橋洋一さんを質問攻めにするという特別コーナーがありました。

虎ノ門ニュースは日本時間の朝8:00〜10:00まで、2時間ぶっ続けの番組を、日本時間の昼の13:00時頃からドイツで見ています。

2時間と長いのですが、早朝のストレッチの時間に丁度ピッタリです。

地上波TV番組のような左寄りの誘導、捏造報道がなく、専門家による説明もあるので、海外に長い者にとってはためになります。

さてそのコーナーでの質問ですが、経済的な難しい問題なども多い中、いとも簡単に即答されていました。

そして質問の中に、表題のようなものがありました。

天才、高橋洋一さんなので、シンプルで明快な答えが出てくると思ったのですが、それは分からないそうです。

多分、難しく考え過ぎてしまったのだと思います。

人間はなぜ生きているのか?

それは生まれてきたからではないでしょうか?

屁理屈でしょうか?

生まれてきた以上、死ぬのは怖いし痛いだろうから、あの世からお迎えが来るまでは生きるしかありません。

ではなぜ生まれてきたのでしょうか?

それは分かりませんが、それも屁理屈を言えば、種の保存のために選ばれたからではないでしょうか?

もし宜しければ、「なぜ生まれてきたのか?」の方をご覧ください。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。