海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法

その国で恋人を作るのが1番だと言われます。

でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。

恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。

実はもっと良い方法があります。

スポーツなどのチームに入ってしまうことです。

自分以外は全て現地人。

容赦なく現地の言葉での会話です。

遠慮はありません。

チームの中には優しく賢い人もいて、マンツーマンなら丁寧にゆっくり話してくれる人もいるかもしれませんが、集団になるとそうはいきません。

勿論その場合は、超初心者では最初から全然ついていけないので、初級レベルはマスターしておいた方が良いかもしれません。

そういうチームの中で現地の言葉で揉まれれば、短期間でかなりのレベルに達せられます。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法」への1件のフィードバック

  1. アメリカでMVPを取った大谷翔平さんは
    英語には自分で選んだ通訳をつけています。殆ど英語が話せないのですが
    アメリカ人を任し、前会一致でMVPです。
    スポーツはクリアしますね、言葉を。
    ドイツでは幼稚園でもサッカーをしますよね、男女とも。
    駐在員の園児は、言葉がわからないので作戦に加われず、いつもサッカーは
    キーパーでした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。