今の日本を作った薩長土肥 続き

過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。

260年間というとても長い日本の鎖国時代、

当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となってしまっていました。

日本は、そうなるのを防ぐために鎖国をしたようです。

鎖国をしても、もし国が弱ければ力ずくで侵略されてしまいます。

日本が鎖国を出来たのは、それなりに強かったからです。

西洋から伝わった鉄砲も、器用な日本人はすぐに自分たちで作り始めたそうです。

そして日本での鉄砲の大量生産が始まり、戦国時代の日本の鉄砲の数は、何とヨーロッパ全体のそれを上回っていたそうです。

しかもヨーロッパのそれよりも精度の良いものが作られていたそうです。

日本製品の良さは、こんな所にも表れています。

当時日本に来ていた西洋の宣教師たちが本国に送った報告書に、日本が強かったことが書いてあります。

「日本は何らかの征服事業を企てる対象としては不向きである。(中略) 国民は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服可能な国土ではない」

これはアレッサンドロ・ヴァリニャーノ、イタリアカトリック教会司祭(1539~1606)が残した言葉です。

昨日のブログで書きましたが、大名行列に入り込むと「無礼者‼️」と切られてしまったり、

日本に200以上もあった内のたった1藩だけで先進列強西洋諸国と戦争をしたり、

当時の在日公館や公人が襲われてしまうのですから、

「日本(人)は他のアジアの国々とは違う‼️」

と思われていたのは間違いないようです。

そういうお話しは当然のことながら、西洋諸国の間で広まるでしょう。

アレッサンドロ・ヴァリニャーノさんの言葉の信憑性が分かります。

さて日本の長かった鎖国も、結局は西洋の力(ペリーの黒船他)によってこじ開けられました。

徳川の時代に終わりが来て、明治維新で近代的な政府が誕生しました。

鎖国の間の遅れを取り戻せということで、多くの西洋先進諸国のシステムを取り入れました。

政治、行政、立法司法、軍事、医学…

多くの優秀な日本人が西洋に行ってそのシステムを勉強して持ち帰り、日本に導入しました。

その当時の洋書を一生懸命に和訳した1人が福沢諭吉です。

その頃に生まれた多くの純日本製の漢字は、日本に留学に来ていた中国人が本国に持ち帰りました

それら多くの日本製漢字は、今日の中国でも使われています。

ドイツ人医師ヨハン・アダム・クルムスの医学書を日本語で『解体新書』として翻訳したのは杉田玄白でした。

法律はドイツ、フランスから持ち込まれました。

そういった当時の日本の近代化、進歩、西洋化が果たして良かったのかどうか?

そのことに関して、昨日のブログに登場したヒュースケン殺害事件のヘンドリック・コンラット・ヨアンネス・ヒュースケンさん(1832年1月20日 – 1861年1月15日)の興味深いコメントが残っています。

彼は元々はオランダ人でしたが、アメリカに移って帰化しました。

そして当時、駐日アメリカ総領事館の通弁官(通訳)として日本に滞在中に、日本攘夷派によって暗殺されてしまいました。

「今私がいとしさを覚え始めている国よ、この進歩は本当に進歩なのか?

この文明は本当にあなた(日本)のための文明なのか?

この国の人々の素朴な風習とともに、その飾り付けのなさを私は賛美する」

ヒュースケンさんがこう言うように、当時の日本の鎖国が終わり、開国することを懐疑的に見ていた西洋人がいたのです。

ヒュースケンさんは、1856年、下田を台風が襲い1/3が破壊され、台風が去ったあとの日本人の態度を見てこうも言っています。

「日本人の態度には驚いた。

泣き声ひとつ聞こえなかった。

絶望なんてとんでもない!

彼らの顔には悲しみの影さえもなかった。

それどころか、台風なんてまったく関心がないという様子で、嵐のもたらした損害を修復するのに忙しく働いていた」

当時日本を訪れた西洋人は、開国前の日本(人)のことを知っていました。

道徳心が高くて礼儀正しい。

謙虚で識字率が高くて教養がある。

西洋式の法律や弁護士などがなくても治っている…

彼らは間違いなく日本ファンであったと思います。

現在も日本ファン外国人は多くいますが、それは当時から変わりません。

医学に関していうと、特に外科に関しては西洋医学が間違いなく日本のためになったと思います。

ですが、明治時代に取り入れた西洋のシステムは、本当に日本のためになったのでしょうか?

間違いなくためになっていないのは、西洋(大陸)式の利己主義だと思います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。