日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?

今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。

みんなが食事をしているレストランなどは別です。

なぜでしょうか?

それを思ってからよく観察してみると、例えば仕事中に自分(だけ)が食事をする時は、多くの人がそうなるようです。

まるで食べている顔を見られたくないように。

韓国人の後輩が酒を飲む時のように。

ドイツ人(大陸の人間)は全く構いません。

電車の中でも平気でリンゴやニンジンをかじっています。

ドイツでは面白いことに、リンゴと同じくらい、生のニンジンを外で食べています。

小腹が空いた時に食べます。

日本にマクドナルド一号店が出来た時、「外で食べるスタイルが成功するわけがない」という批判的な意見が多く出たそうです。

いざフタを開けてみると、実際にはそうならず、一号店から大ヒットしたそうです。

食べている姿を人に見せたくない…

「菊と刀」のルース・ベネディクトが言うところの、日本人の「恥の文化」から来るのでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。