日本人夫婦の間なら「I love you..!」は不要?

と思ったら、大きな間違いだと思います。

アメリカ人の夫婦の間では、(仲が良ければ?)ちょくちょく「I love you」と言い合うと聞きました。

日本人の夫婦の間では、それは不要でしょうか?

日本人の間では、阿吽の呼吸があるので、そんなのは不要?

「I love you」と表現する必要はないと思います。

でも、それとなく態度や別の表現で表した方が良いと思います。

「いつもありがとう」くらいは時々言った方が良くないでしょうか?

阿吽の呼吸の有無は、確かに日本と西洋で差があると思います。

日本では、相手の気持ちを察する、相手がどう思っているかを気配る習慣があります。

物事をズバリと言う代わりに、気を遣って遠回しに表現したり、あるいは言わずじまいにしてしまいます。

だから気を遣って相手が何を考えているのか、思っているのかを察知しなければなりません。

それが出来ないと、KYとか言われてしまいます。

ところが西洋ではそういうことがありません。

思ったことをストレートにズバリと言います。

人によって表現方法には差があるものの、遠回しにはしません。

だからきっと夫婦の間でも I love you が必要なのかも知れません。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本人夫婦の間なら「I love you..!」は不要?」に2件のコメントがあります

  1. そうですね。何かしてあげたり、とかは必ずありがとうとか
    夫婦間でも言うようにしたほうがいいです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。