日本のサービスのクオリティーの高さ

以前、JCMという金銭処理機器のメーカーに勤めていた時のことです。

日本の女子大生に、「川崎さん、それ日本じゃアウトですよ!」

と言われてしまいました。

いい年をこいた経営者が、20歳も年下の女子大生に…

ダサい…😅

北欧の販売代理店の数人の技術者が、泊まりがけで製品の技術研修に来ていました。

週末にかけて来たので、日曜日は観光案内をしたのです。

丁度その時、日本から知人の娘さん、女子大生が2人遊びに来ていたので、一緒に連れて行った時でした。

9人乗りのバンを借りて、デュッセルドルフから車で1時間半ほど南に走りました。

そこには森に囲まれたニュルブルグリングというサーキットがあります。

ニキラウダがあの顔の火傷を負う事故を起こしたサーキットです。

そこに案内しました。

レースをしていなければ、普通の車で一周約20kmもあるサーキットに入って走れるのです。

ところが運悪く、閉まっていました。

そこで前述の女子大生のきつい一言でした。

前もって調べておかなかった私のミスです。

彼女の言う通りです。

でも周りには他にも色々と訪問できる所があるので誤魔化せましたが、どうやら私もドイツボケして来ているとつくづく感じた次第でした。

日本でならそういう時は、当然前もって調べておくのが普通です。

ですがこちらでは意外といい加減で、調べずに行ってみて、もしやっていなかったらプランBに移すという方法が取られます。(⬅︎ 言い訳😅)

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本のサービスのクオリティーの高さ」に4件のコメントがあります

  1. 面白い話ですね。思いだしたのですが、わたしは元妻と初デートした日、美術館に行ったのですが、行ったら、閉まっていました。すごく恥ずかしかったのを覚えています。一般的な日本人だったら、アウトですね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。