恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)

恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。

ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。

日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。

実は彼、私と同じ村に住んでいます。

デュッセルドルフの郊外、人口僅か1万3千人の小さな村です。

彼と知り合ってまだ間もない頃、私にとっては「ユーチューバー」って一体何?

でした。

その頃、彼の家のBBQに招かれました。

頻繁に動画をアップしていました。

中には邦人紹介というコーナーもあり、キャベツで健康の私も紹介されました

彼の動画の再生回数は、数千〜1、2万回前後のようです。

ところが、数本出したあるシリーズが、50万回のヒットになりました。

彼もそれには驚いて言っていました。

どうして日本人はこんなにも自分(達)のことを気にするの?

そのシリーズは、道を歩くドイツ人へのインタビューでした。

日本という国を知っている?

地球のどの辺にあるか知っている?

日本人って、どんな人たち?

日本について、日本人について、ドイツ人がどう思っているかのインタビューだったのです。

日本人とは、一言で簡単に、そして良く言えば「名誉を重んじる」、悪く言えば「世間体を気にする」と言えるようです。

正に、ルース・ベネディクトが言うところの「恥の文化」です。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。