楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)

スペインはバルセロナの Minibox Bar という酒類の通販から、スパークリングワインらしき物が3本宅急便で届きました。

見るからにワインが入ってそうなボックスで、受け取る覚えのない私は、家内の注文か何かと思って放っておきました。

翌日、「そのワインらしき物は、な〜に?」と、家内。

「さぁ〜?」と私。

「あなた宛よ」

「えっ? 僕宛??」

開けてみると3本の、蓋とアルコール度から察してスパークリングワインらしき物。

送り主をインターネットで調べてみると、バルセロナの酒類通販業者。

全く覚えがありません。

そこで私、「やった〜! 誰かがスパークリングワインを贈ってくれた!」と喜んで、早速その晩にでも飲む気です。😅

そこで家内、「誰から届いたのか分からないんでしょ! 詐欺だったり毒が入っていたらどうするの!」

そこで私は、「きっとファンの1人が贈ってくれたんだよ!」とウソぶくものの(⬅︎ ファンなどいません😅)、その次の家内の言葉で反省しました。

「何かの間違いで届いたのなら、送り返してあげないとかわいそうでしょ!」

確かにその通り。😰

でもよく見ると、箱にはドイツ語で「宛先」と書いてあり、その下に私の名前と住所が書いてある紙片が印刷後に切り取られて貼られています。

そこで推測できるのは、誰かがドイツから注文した?

そしてそのメールの送り先部分を印刷して貼り付けた?

それにしても思い当たりがなくて謎です…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。