日本の報道機関

数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。

そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。

コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日の人のようです。

お恥ずかしいながら私は、実はその時までこの世(の政治)に、左右が存在するとは知らないほどノンポリでした。

ビジネスまっしぐらだったので…😅

驚くような、その噛みつきコメントが入ったお陰で、この世には左右、反日が存在する事を知りました。

その結果…:

左翼・リベラル(反日)は…:

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、東京新聞系

右翼は…:

産経新聞、虎ノ門ニュース

であることが分かりました。

実はそのくらいの情報はインターネットでもすぐに出てきます。

最も困るのは、左翼系の報道機関はほぼ反日であることです。

朝日新聞はとても良い例です。

慰安婦問題や南京問題、徴用工に関する捏造報道がその良い例です。

慰安婦問題に関しては、数年前にそれが誤報であったことを自ら紙面で認めたようですが、世界中に広まってしまった、戦争当時の日本兵である私たちのおじいさん、ひいおじいさんたちは非道でとんでもない助平であったと世界中に思われてしまったことはどうするのでしょうか?

実は日本人は、西洋人が初めて日本に来た500年ほど前から、西洋人をポジティブに驚かせ続けてきました。

その詳しくは是非このサイトでご確認下さい ➡︎ www.ganbarenihon.com

その最後、最も最近の出来事が311の時の被災地の人たちが見せた態度に対する世界の評価です。

世界の物差しで測ると、日本人は飛び抜けて平和で人畜無害な民族です。

その民族が、第二次世界大戦の時だけ残酷で助平だったのでしょうか?

慰安婦問題にしろ、南京問題、徴用工、沖縄問題、アイヌ問題、それらを考える上で、常に基本にあるのはその点です。

日本人が悪者だったという嘘が罷り通ると政府はバカのようにお金を出します。

それが反日活動家をますますつけ上がらせてしまいます。

何しろ日本人の国民性は、過去の首相が言ったように、「人が嫌がることをしない」です。

それは勿論国内では良いのですが、海外に出たら通じないのです。

海外は自己主張、利己主義です。

そこで平和ボケは通じません。

1番怖いのは、左翼や反日の陰にいる、資金と野望を持った大国の存在です。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本の報道機関」に3件のコメントがあります

  1. 日本では虎ノ門ニュースは観られないことが多いです。
    テレビでも出演者は断られることが多いみたい。
    出ると、右翼だと言われ、テレビ局前でデモ行進までされることもあるようです。
    自由、とは難しい物ですね。テレビは微左翼を気取らないと
    観ないみたい。新聞然り。

    1. 微左翼?
      超左翼に見えます。😅

      タダで見れることもあって😅、ユーチューブで見れる虎ノ門ニュースは海外の日本人が多く見ているそうです。

      とにかくインターネットは世の中を変えつつあります。

      左に傾いて自虐史観に染まってしまっている人が多い日本も、少しづつ改善に向かっているのに期待をしています。

  2. 実は今週末、日本から来てまだ数年、自称やや右寄りと言いつつ、虎ノ門ニュースを一度見たら「あれは極右の番組です! 出ていないのは櫻井よしこさんくらい」と言った人がうちに遊びに来ます。

    当時私は彼に、「右翼の定義を調べてみると、櫻井よしこさんの発言、本の内容と一致しないのですが…」と返してからまだお返事をいただいていません。

    この週末はその点を彼と一緒に深掘りできると楽しみにしています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。