人に迷惑をかけない = 相手に気を使う = 戦いで不利

多くの日本人は、「人に迷惑をかけるな」と躾けられていると思います。

私も子どもの頃、父に、「人に迷惑をかけさえしなければ、何をやっても良い」と何度も言われました。

日本人的で、私はそれがとても好きです。

最近のお客様で、40代の人から、「今はもうそうでもないのでは?」

と聞いて心配になりました。

なぜなら、日本ファン日本人の私が美しいと思う日本人像は、それが元になっているからです。

何かのアンケート調査で、いまだに70%以上の日本人の親は、子どもに対してそう思っているそうです。

「人に迷惑をかけない人間になって欲しい…」

そしてそれが中国人の場合、「リーダーになって欲しい」が、7割以上の親の願いだそうです。

強くあって欲しいということだと思います。

その願いは中国に限らずに、大陸ならどこでも似たような感じだと思えます。

日本人の場合、迷惑をかけるだけではなく、「相手の立場になって考える」ことも、躾のように教えられると思います。

そしてそれが「おもてなし」に繋がります。

ところが、それらの美しく思える国民性は、海外に出ると不利になります。

海外(大陸)では考え方が全く違うからです。

はたしてどっちが良いのか…

その答えはどちらとも言えませんが、私は日本式の方が好きです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。