何かを選ぶ時の方法

誰でも日常頻繁に、いくつかある選択肢の中から、どれかを選ぶことが求められます。

どうでもよいことで言えば、今日のお昼に何を食べるか…

どのお店に入るか…

何を注文するか…

どこを選んでも、何を選んでも大したことはありません。

にもかかわらず、何を食べるかを決めるだけでも、とても時間がかかる人を時々見かけます。

決断を求め続けられるリーダーには向かないタイプです。

でもそれは、トレーニングで克服できます。

どのお店にするか、メニューを見たら、数秒で何を選ぶかを決めることにしておくのです。

数秒で決まらない時は、適当に目に入った物を無理矢理でも選びます。

昼食に何を食べるかなどは、取るに足らないことであり、それを選ぶのに時間をかけるのが、いかに馬鹿らしいことかを前もって良く認識しておくことが大事です。

ではそれが、ある程度長く使う物で、値が張る物だとします。

例えば車です。

さすがにその時は、数秒で決めるのは難しいかもしれません。

車などの高額な物の購入などの場合は、比較チャートを作ることをお勧めいたします。

フィーリング、勘に頼るのではなく、なるべく数値化します。

縦軸に、候補となる品を列記します。

例えば、車の場合は上から欲しい順にモデル名を書きます。

プリウス

カローラ

シルビア

サニー

…等です。

そして横軸に、自分にとって気になる点を列記します。

価格、燃費、スタイル、馬力…等です。

そして、それぞれの点で、大事なものの満点を大きくします。

例えば、スタイルが1番大事で、その次が燃費だとします。

その場合のスタイルの満点は500点。

燃費は300点。

他は全て満点を100点にします。

各コマに点数を入れてゆき、1番右のコラムに各車の合計点数を出します。

最も高得点な車を選びます。

そうやって少しでも評価を見える化すると、間違いなく選びやすくなります。

ちなみにいくつかある選択肢の中から、取る行動を決めるのも、自分のポリシーを前もって色々と決めておけば簡単で迷いません。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。