物忘れをしない方法

家内に、「最近歳を取ったせいか、物忘れがひどくならない?」

と聞かれました。

私の答えは…

「全然…」

でした。

その理由はまず、

物忘れは若い頃からひどかったこと。

そして今、物忘れをしても、物忘れをしたこと自体を忘れているからです。

冗談のようにも聞こえますが、半分本当です。😅

家内の場合、例えば何かをどこかに置き忘れることが最近になって時々起きるそうです。

どこに置いたか忘れてしまうので、探さなくてはなりません。

いくら探しても出てきません。

私の世代だと、そういう時についつい口ずさんでしまうのが…

「探し物は何ですか〜」

そう、井上陽水です。😅

ついつい本気で歌ってしまいます。

私の場合は、財布以外は何かをどこかに置き忘れて出てこない場合、探さないことにしています。

そういう時は、探しても出てこないと諦めて探さないのです。

それなしでも何とかやり過ごし、自然に出てくるまで待ちます。

自然に出てくるというのはおかしな表現ですね。

偶然に見つかるまで待ちます。

「そんなとこにいたのね〜」

じゃなくて、

「こんなとこに置いたのか〜」

「そういえばそうだった!😅」

そうすると、探す時間を費やすのもゼロですし、イライラもありません。

井上陽水も歌っています。

「探すのをやめた〜 時〜
見つかることもよくある話で…」

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

物忘れをしない方法」に2件のコメントがあります

  1. 共感しました。わたしの場合、子供の子供の時がいちばん物忘れがひどかったです。大人になってからもけっこうひどかったですが、年を取るに連れて、あまり物忘れをしなくなりました。それと、ものが見つからなくても焦りません。探さなければ、自然に見つかると思っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。