人生で、最も大切なもの

それは自立?

自立とは、マニュアルや、時には法律さえにも頼らないことだと思います。

日本のように、親子が川の字で寝ないドイツ。

子どもが生まれると、幼児の頃から子ども部屋が用意されます。

そして自分の部屋で子ども1人で寝ます。

ドイツに限らず、イギリスもそうですが、多分ヨーロッパ大陸やアメリカでもそうではないでしょうか?

そして学校でも、子どもの頃から自己主張、自己アピールを求められます。

うちの次男などは、(昔の)私に似て無口なので、担任の先生に、「ひょっとして知的障害?」と疑われてしまいました…😅

そういった大陸の教育、躾が生み出すのが自立心です。

中国では、7割以上の親が子供に期待するのが、「リーダーになる」ことだそうです。

同じくらい多くの親が日本では、「迷惑をかけない人になって欲しい」…😅

そして、和を大切にする協調性が求められます。

日本の教育、躾は自立心、独立心を育みにくいと思います。

ですが、自立する、独立するという意味において最も大事なことは何でしょうか?

他に頼らないで済むようになることだと思います。

まず最初に来るのは勿論、親。

親に頼らない。

そして、

人に頼らない。

物に頼らない。

決まり事に頼らない…

それは例えば仕事において、マニュアルなどに頼らないで済むことです。

技術的なマニュアルは別としても、接客などの人間性を求められるマニュアルです。

以前、コンビニか何かのレジで働いていた若者と、小さい子どもを連れたお母さんとの間で起きたハプニングがあったと思います。

子どもの具合が悪くて、お店の電話を借りようとしたそうです。

マニュアルでは、お客さんに電話を貸さないことになっていたそうです。

レジの若者はマニュアルに書いてあることを守りました。

正しいと思えることをしました。

つまり電話を貸さなかったそうです。

それを、マニュアルの不備と言って片付けて良いものでしょうか?

マニュアルをもっと厚く充実させて、

「困ったお客様だけには例外的にお貸しする」??

などという例外も加えれば良いのかもしれません。

ですが、そういうことをしていると、文章の量が膨大になって、実用的ではなくなってしまいます。

文章の量が膨大になると言えば思い出すのが法律です。

色々なケース、例外も含めなければいけないので厚くなります。

そして、それを理解している専門家である弁護士が必要になります。

さらには、どれが正しいかを判断する裁判官まで必要です。

それでも裁判官がおかしい人(?)とか、冤罪、裁判の結果が間違っているなどという事例が出ます。

極端な例で言えば、これも昔あった事件だそうですが、海自の潜水艦と漁船がぶつかったそうです。

木造の(?)弱い漁船は壊れて船員が海に投げ出されたそうです。

潜水艦は浮上して、艦上には海自の自衛官たちが立っていたそうです。

ところが、「海に投げ出されている漁船の船員を助けよ!」という上官の命令がどういうわけか出なかったそうです。

そこで隊員は誰も海に飛び込まず、漁船の船員には怪我人だか死者も(?)出たそうです。

マニュアルや法律、上からの指示や命令を頼るとこういうことになります。

ではどうしたら良いのでしょうか?

マニュアルや法律、上からの指示や命令よりも、それ以上に大事、大切なものを自分自身で持つしかありません。

コンビニの例なら、気を利かせて自分の携帯を貸す、あるいは社則(?)を破ってでも店の電話を貸す。

潜水艦の例なら、上官の命令が出なくてもすぐに飛び込む…

人間が生きていく上、生活していく上ではさまざまなことが起こります。

それがどんなに分厚くても、法律という文章だけで全てを網羅することは不可能です。

しかも法律は、時と共に変わる社会の変化に合わせて変える必要があります。

つまり、20年前の法律は今日では間違っているということがあります。

技術の進歩があるので、道交法などは特にそうです。

マニュアルや法律でも完璧ではない…

上司も人間なので間違えることがある。…

マニュアルや法律、上からの指示や命令よりも、それ以前に大事、大切なものを自分自身で持てるようになりたいです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

人生で、最も大切なもの」に3件のコメントがあります

  1. 😭それは海の荒れ具合と海自の潜水艦の動力のせいで、勝手にぶつかってきた漁船の乗務員達を助けたくても助けられなかったからです。潜水艦で下手に近づけばスクリュー動力に巻き込まれてバラバラ死体になるし、潜水艦に阿保漁船用救助ボートが常備されていた訳ではありません。スチャラカ漁船乗務員達がミンチになって良い場合のみ、潜水艦は阿保船員達に接近ぐらいはできるかも😭

    1. 実はそのことに関する詳しいことが分からずにいました。そこで、知っているどなたかが教えてくださらないかと思っていた所に丁度コメントをいただけて嬉しいです。

      そういうことだったのですね。
      それは良かったです。いえ、犠牲者が出たであろう事故なので、良かったということはありませんが、実態が知れて良かったです。

      誠にありがとうございました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。