目には目を、歯には歯を

島国日本、その特殊な国民性と、大陸の国民性との大きな違いがとても興味深いです。

例えば、「騙すより騙されろ」に対する「騙される奴が悪い」あるいは「人を見たら泥棒と思え」… 等です。

「騙すより騙されろ」は、いかにも日本的です。

語源を調べましたが分からず…

仏教からでしょうか…

そういえばキリスト教に、右の頬を打たれたら… というのがあります。

宗教はやはり道徳的です。

それに比べて「騙される奴が悪い」あるいは「人を見たら泥棒と思え」は、いかにも大陸的な現実の世界のように感じられます。

宗教は元々何のためにあるのか?

その存在はとても大きいと思います。

やる気を無くした人間、打ちのめされた人間を救ってくれます。

そしてどの宗教も道徳を説いています。

善い考え、善い行いが自身を救うと言います。

日本人のほとんどは無宗教です。

100年も前の新渡戸稲造の言葉でもあります。

日本は、宗教がなくても道徳が行き届いている、類稀な国です。

それは各家庭での躾から来ていると思います。

それは武士道や仏教から来ています。

実際には日本にも、神道、仏教、キリスト教、各種の新教宗教など、宗教はいくらでもあります。

ですが、「あなたの宗教は何ですか?」と聞いた時に、以上のどれかをあげる人はとても少ないのではないでしょうか?

そして、「無宗教」と答える人がほとんどではないでしょうか?

「目には目を、歯には歯を」なども、大陸的な発想では?

と思い至り、調べてみました。

ラテン語から来ているようです。

やっぱり…

でもその意味は、その言葉から受ける印象とは違うようです。

これだけやられたら、同じだけ返しなさい。

それ以上はやってはいけない。

ということだそうです。

例えば、目をやられたら目に仕返しする。

目をやられて心臓に仕返ししてはいけないということだそうです。

やられたのと同じだけ仕返ししなさい。

それ以上はダメです!

というものだそうなのです。

分かるような、分からないような…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

目には目を、歯には歯を」に2件のコメントがあります

  1. 目には目を、は中学の時の歴史の教師から教わった。
    ハンムラビ法典から来てるみたい。たしかに諌める言葉です。
    目をやられたら目をやれ、という意味ではなく、それ以上のことを敵討ちとして
    やってはいけないという法典らしい。
    ハンムラビ法典ってでもなんだっけ?調べてみます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。