核戦争によって人類は滅亡?

再び takeさんのブログ、人類がどんな形で終焉を迎えるか考えてみた!からです。

今度は、「3, 核戦争によって人類は滅亡!」からの延長? 脱線? です。

今までの中で、これが一番可能性が高い気がします。

今回のコロナで、つくづくそう思うようになりました。

我々人間とは、どれだけバカな生き物なのだろうかと…

実は何年か前、左寄りの知人と安倍政権の話になりました。

左寄りの人と、右寄りの人が一緒に話す内容としては、ちょっとリスキーです。😅

私は自分では「ど真ん中」だと思っています。

でも彼は私をきっと右翼だと思っているでしょう。

それでも、もう付き合いも長くてお互いに大人なので大丈夫です。

彼は、安倍政権の憲法改正の動きで戦争が起こりやすくなると言います。

私はそんなことはないと思いましたが、まずはそれ以前に、今どき戦争は始まらないと言いました。

特に先進国ではです。

これだけ世界が狭くなったので、平和を当たり前とする今の世論の力が強くて理性も働き、戦争など起こせないと思ったのです。

ところが今回のコロナで、その考えは吹っ飛んでしまいました。

オリンピックも含めた今回の政府やメディアの対応を見ていると、もし何かあって、一歩間違えば、核戦争が起こっても不思議ではないと思うようになりました。

でも、もし核戦争が起こっても、人類が1人残らず全滅してしまうことはないと思います。

人類が全滅してしまうには、もっと大きな脅威が必要そうです。

それこそ太陽が巨大に膨張するとか、あるいは逆に無くなってしまうとか。

恐竜が滅んだ理由のひとつとされている、惑星の地球への衝突とか…

むしろ逆に、今の地球が存在していることの方が奇跡です。

宇宙船で行ける範囲内、いえ、それ以上の広大な範囲に、生き物が生きていける条件を揃えた星は皆無です。

そんなに珍しい地球に生まれることが出来ただけでみっけものです。

そしてそれが続いていることは奇跡です。

だからそれだけで、十分に満足しなければならないと思います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

核戦争によって人類は滅亡?」に4件のコメントがあります

  1. 猿の惑星 のあの非常なラストが思い起こされました。
    今回のコロナの最も最初の中国ーーーと言われる重慶の
    研究所からのウイルスの漏れ、は一部では、アメリカの核の
    脅威に迎え撃とうという、細菌兵器としての中国研究とも言われてます。

    小松左京というSF作家の「復活の日」という小説が全くこの脅威を
    書いています。くだらなくて小松左京なんか嫌いでした。
    でも、今は震えながら読んでます。透視家みたい。

  2. 核戦争で人類が絶滅する可能性はあっても、私も少し大げさに書いていたかもしれません。

    核戦争で人類が全滅するかは、確かなの事は言えませんが、核戦争は絶対に避けなければいけないと思います。

    私のブログを取り上げてくれて、どうもありがとうございました。

    光栄です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。