AI、ロボットの現状

再び takeさんのブログ、人類がどんな形で終焉を迎えるか考えてみた!

からの脱線です。

いえ、脱線というよりは、その中の

「2, AIの暴走によって人類が絶滅する!」

からの延長です。

日本のロボットは優れていることで世界中で知られています。

でも実は、アメリカも凄いのです。

そして、開発の仕方が過激(?)です。

ロボットが、人間のようにちゃんと歩けるようになるのは至難の技だと言われたのはもう、ふた昔、み昔も前のお話しです。

ホンダのアシモがそれをやってのけて素晴らしいことになっていますが、

ボストンダイナミクスという会社のロボットの動画を見ていると、少し背筋が寒くなってきます。

もうSFそのままです。

「ここまで進んでいる!」

もうすぐ警官や兵隊は、本当にロボットになってしまいそうな勢いです。

もし、最後の犬ロボットを抱えたジャンプが本物であれば、アシモは足元にも及ばないでしょう。

これでもう1年前ですから、今ではどうなっていることやら…😰

そのボストンダイナミクス社は以前グーグルの子会社でした。

その後、ソフトバンクグループが買収しました。

ですが昨年の暮れ、80%の株を現代自動車グループに売ったそうです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。