最高の老化防止法とは?

老化とは、色々と失っていくことだと思います。

記憶力

体力

毛髪

活気、元気、勇気、覇気

柔軟性

かゆい背中に手が届かなくなる…etc…😅

最後には、同級生を失う(寿命で亡くなる)…😅

あるいはその前に自分がいなくなる…😅

老化防止に良いのは趣味を持つことだそうです。

何か熱中できるものがあると、老化が遅れるようです。

趣味も良いかも知れませんが、それ以上に良いと思えるものがあります。

チャレンジです。

老化で色々と、今まで出来たことができなくなってくるので、その逆を行くのです。

今まで出来なかったことを練習して、出来るようになるものを増やすのです。

出来なくなることと、出来るようになることのプラスマイナスで、プラスにするのです。

失うものより、得るものを増やすのです。

後者を増やして前者を凌げば、寂しさ(老化)が軽減されるどころか、嬉しくなります。

今出来ないことを出来るようになるためには練習が必要です。

練習の継続には、とても厄介な根気というものが必要ですが、上達の喜びはそれを打ち消してくれてさらにお釣りが来るほどです。

私の場合は、ジャグリング(お手玉)や、一輪車などです。

今までできなかったことに挑戦して練習します。

根気さえあれば、誰でも出来るようになります。

私はいくつか同時進行させていますが、欲張らずにひとつでも良いと思います。

なぜならそれぞれのひとつづつがとても奥深いからです。

例えばジャグリング。

誰でも出来るのは両手で2つ。

そして最初のトライアルは両手で3つとなります。

両手で3つは、しばらく練習すると意外と簡単に出来るようになります。

その次は片手で2つ。

そして両手で4つ、

片手で3つ、

両手で5つなどと増えていきます。

世界のトップクラスになると、確か両手で10個を超えていると思います。

私は現在片手で2つをマスター中、両手で4つを練習中です。(← 聞かれてもいないのに、自分のことを言い出す奴が世の中には多い。😅)

そのレベルで既に苦労しています。(練習好きな方ではないので、毎日練習しないからです。😅)

目標は、一輪車に乗ってジャグリング。

そこまで出来るとサーカスのレベルになります。

繁華街に行って、帽子を前に置いてやると稼ぐことさえできます。

でも、お墓に入る前までには無理かもしれません。

それでも、目標は高く!😅

最高の(?)老化防止 = 今まで出来なかったことに挑戦して練習する。

他にも、勉強という手もあります。

例えば漢検。

1級合格に挑戦し続けている老人もいます。

以下は、何でもプラス思考、国家資格&検定:最高齢合格者調査(ご老人のパワーに驚嘆!)というサイトからです。

この方は戦争を体験しており、学徒出陣して朝鮮に行きソ連と対戦されています。

勉強したい時間を戦争に奪われてしまったようです。

しかも2年のシベリア抑留から帰国した後は、80歳まで働き通しだったようです。

そんな中、75歳から漢字の勉強を始めて78歳で1級合格。

更にそれだけに留まらず、78歳から継続して漢検1級を受け続けているようで、何と22回合格!

この方はこんな事をおっしゃっています。

「人間、最期の瞬間まで挑戦し続けなければ。僕にはそれが漢字なのです。強制収容所で死んだ仲間を思えば、今は幸せ。孫に負けられない。100歳で1級に合格してみたい」

すごいとしか言いようがありません…

心に刺さりました。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

最高の老化防止法とは?」に2件のコメントがあります

  1. なるほどねーーー、顰に習うとはこのことですね。
    漢字や国字は私も苦手。
    どうやら私に場合は、小学校の中学年程度が苦手。
    その時代は、書き取りも読み方も日不真面目でした。
    多分、。マトモに学校に行ってなかった。面倒くさくて。
    そのつけを払わされてます。

    1. 難しい言葉をご存知です!
      調べてしまいました…😅

      大嘘つき!
      とても優秀な学歴をお持ちなのは覚えています!😅

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。