ドイツでの、日本のアニメの影響力

「捧げよ〜、捧げよ〜…」

という歌の日本のアニメ、「進撃の巨人」をご存知でしょうか?

うちの子どもたちはドイツ生まれのドイツ育ち。

幼稚園からずっと現地の学校に行っています。

つまり一応、バイリンガルと呼ばれる存在です。

でも、いくら両親共に日本人でも、彼らにとってより得意な、強い影響を受けている母語はドイツ語です。

家では、ドイツ語禁止、日本語のみOKとしていても、放っておくと彼ら同士はすぐにドイツ語で話してしまいます。

そんな中で長男がよく口ずさむのが、前述の歌です。

何と、ドイツ語ではなくて、日本語の歌を歌っている…

そして実はこのブログを書いた理由…

とても驚いたのが、先日、デュッセルドルフの街中を歩いている時でした。

公園の横を通りがかった時、何と同じ曲をドイツ人の子供が歌っていたのです!

しかも日本語で!

日本のアニメはそこまで海外で流行っている…

ドイツでも日本のアニメの影響力は凄いのですが、それはドイツに限ったことではありません。

ジタンなど、過去の数多くの世界のトップサッカープレーヤーが、キャプテン翼の影響を大きく受けたことをご存知でしょうか?

世界の有名バレーボールプレーヤーが、 アタックNo1の強い影響を受けたことをご存知でしょうか?

スポーツアニメだけではなくて、日本の謙遜、謙虚、謙譲を美徳として、和を大切にする心が世界に広まれば、必ず争い事は激減して世界は平和になると思うのですが…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

ドイツでの、日本のアニメの影響力」に2件のコメントがあります

    1. ありがとうございます。
      息子に言われて限定公開にしているので、見ていただけるのかどうか分かりませんでした。

      一般公開にすると怒られるので、ここだけの内緒(?)でお願い致します。😅

      15年続けたお姉ちゃんは比べ物にならない程うまいのですが(← 手前味噌の親バカ)、ピアノをやめ、入学できたばかりの音大もやめるそうです。😰

      進む道の変更だそうです…

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。