東京オリンピックでの日本人選手の活躍

東京オリンピックでの日本人選手の活躍が目覚ましいです。

一体、どういうことでしょうか?

今日の若い日本人は、豊かさが当たり前になり、温室育ち(= もやしっ子)の平和ボケになってしまっていると心配していました。

オリンピックに出場するトップレベルにはハングリー精神が必要だと…

中国や東欧、昔の東ドイツなど、貧しい中でオリンピックで活躍すると、一生お金に困らないとか…

ドイツが(再)統一して早くも30年がたち、以前は強かった旧東独出身者も目立たなくなりました。

ドイツは参加者数は多くても、上位に現れません。

長女が15年間ピアノを続け、とても良い先生のおかげで、いくつものコンクールを見てきました。

その先生は日本人で、生徒もほとんど日本人でしたが、コンクールの度にそこの生徒たちが年齢別で上位を独占してしまいます。

審査の先生たちも驚いて、

「どうやって教えているの?」

日本人以外では、いつも決まって中国人、ロシア人、東欧人、韓国人が上位を占めています。

ドイツ人は滅多にいません。

子ども〜若いドイツ人には、厳しいというか、根気のいる練習はもう無理のようです。

そんな中でオリンピックの日本人選手の活躍。

まだまだ日本も大丈夫だと、妙に安心してしまいます。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

東京オリンピックでの日本人選手の活躍」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。