漢検デュッセルドルフ

昨日は、第13回目のデュッセルドルフの漢検でした。

漢検は、日本漢字能力検定の略です。

日本人向けの漢検を、ドイツ人相手に5年前からデュッセルドルフで始めました。

デュッセルドルフのVHS(ドイツの市民大学)に協力してもらっています。

私は主催者兼試験官です。

受験者は毎回僅か20人〜30人なので、10級から2級までの全員を、同じ教室で同時に行います。

日本語を勉強しているドイツ人の受験者が1番多いですが、毎回数人、日本人の子どもたちもいます。

VHSの日本語コースと英語コースの責任者、Dr. Roos がいつも手伝ってくれています。

いつもなら9級と10級の受験者が圧倒的に多いのですが、昨日は2級の受験が多くて5人もいました。

2級というと、一般的な日本人の大人でも、前もって結構真剣に勉強しておかないと受かりません。

日頃全く使わない漢字が出てくるのです。

それを受験するドイツ人は立派です。

1年に、2〜3回しか行わないので、

「えっ、もう13回?」

正に光陰矢の如しです。

最近、ユーチューブ動画の作り方を覚えたので、早速アップしてみました。

www.kankenkanjitest.de

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

漢検デュッセルドルフ」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。