ドイツ政府のコロナ補助は詐欺と一緒

個人事業主、法人に対する当時のドイツのコロナ補助金対応は日本でも評価されました。

例えば10人以下の零細企業には100万円以上があっという間に配られました。

その速さが評価されたのです。

ですが、万物に長短ありで、早いがゆえに審査が甘く、プロの詐欺集団に巨額の資金を奪われました。

結果、一時ストップとなって申し込み方法が強化されたりとかいうハプニングがありました。

そして本題です…

当時、コロナの補助金を受けられる条件はかなりシンプルでした。

前月比較、前年同月比較で売り上げが半減していればOKという条件でした。

弊社も、昨年の3月〜5月は売上が見事にゼロとなったので、その条件を軽くクリアーしたので申し込みました。

すぐに支払いが届きました。

苦しい時の素早い助けで本当に感心、感謝しました。

ばらまき(= 返済の義務がない)であろうと予想して、条件を満たしていないにもかかわらずに申し込んですぐに受け取っていた所もかなりありました。

そして今、当局から連絡が来ました。

先日の補助金ですが、次の条件を満たさない場合は返金して下さい。

そしてその条件とは驚くことに、最初の時とは違って複数で厳しいもの。

それって詐欺ではないでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。