「Yes」か「No」の返事を求めた質問に、長い説明を始める人

が時々います。

プライベートな会話の最中ならまだ問題はありません。

単調な会話が、逆にそれで華やかになり得ます。

「Yes」か「No」の返事を求める質問をするのは合理的な人が多いと思います。

合理的に、ことの次第を分析したい人です。

それにもかかわらずに「Yes」か「No」以外の返事、長々と説明などを始めるのは、あまりお利口さんではないか、「言いたい欲」が強い人ではないでしょうか?

逆な例で冴えない質問をするアナウンサーが時々います。

たった今、スポーツの試合に勝ったばかりの勝者へのインタビューをする時。

英語の専門用語で言うと、そういう質問をクローズドクエスチョンと言うそうです。

その答えが、「Yes」か「No」などの、限られた答えに限られた質問です。

勝利したばかりのスポーツ選手に聞く質問で、クローズドクエスチョンは賢くありません。

「今日の試合のために、かなりハードなトレーニングをされたようですね?」

選手: 「はい」

としか答えようがありません。

相手がよほどのおしゃべり好きでもない限り…

視聴者は、勝者の詳しいコメントを求めているのであって、単なる「Yes/No」ではありません。

気の利いたアナウンサーなら…

「今日の試合に勝つために、かなりハードなトレーニングをされたそうですが、それはどのようなものでしたか?」

こう聞かれれば、その選手は何をしたかを具体的に説明するしかありません = 発言量が多くなります = 視聴者は興味をそそります = 視聴率が上がります = その放送(曲)にプラスになります。

仕事においては、上司が部下に聞く質問にはクローズドクエスチョンが多いと思います。

答えは「Yes」か「No」のどちらかだけを求められています。

ところが、あまり賢くないか、あるいは「言いたい欲」が強い( = 言い訳がある?)部下だと、「Yes」、「No」の代わりに…

相手にとっては聞きたくない話し、説明が出て来ます。

KYと言えるかも知れません。

いずれにしても、そこには「言いたい欲」が隠れています。

「言いたい欲」に関しては、過去に何度も書いているので、是非検索してみて下さい。

人は誰でも、食欲、睡眠欲、性欲、物欲などの大きな欲を持っていますが、この「言いたい欲」が意外と忘れられています。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス

コメントを残す

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
home左
テキスト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。