日本人の、どうしようもない短所

私は自他共に認める日本(人)ファンです。

日本ファン日本人です。

知人から、「あなたはまるで日本ファン外国人だから…」と言われます。

それを言うのであれば、「日本ファン」という言葉についてもう少し深く考えて欲しいと思います。

なぜ「日本ファン」という言葉が存在するのか?

他の国にもあるのか?

例えばドイツ

ドイツサッカーファンはいます。

ドイツは住みやすいという人もいます。

でも、ドイツファン日本人や、ドイツファン外国人というのはまだ聞いたことがありません。

その国がファンの対象になり得るのか?

日本ファンという単語が存在するほど、日本は魅力的な国なのです。

そのことに最初に気が付いたのが、日本の戦国時代から日本にやってきた外国人たちです。

それはその後の幕末、明治以降ずっと続いているのです。

その辺の詳しいところは、詳しく次のサイトにまとめてありますので、是非一度ご覧下さい。

www.ganbarenihon.com

↪︎真の日本の姿

    ↪︎海外から見た日本

ゆえに日本ファン外国人の存在があります。

ですが悲しいことに、当の日本人でそのことに気が付いている人はごく僅かです。

ですが今回は日本(人)の長所は置いておき、短所の面です。

森会長の引きずり下ろしにそれが現れました。

言わなくても良いことを言った事実はありますが、事実を言って引きずり下ろすのは明らかにやり過ぎです。

そうなんです。

日本人の悪い癖は、そういったリンチ、イジメがひどい点です。

単に朝日新聞他や、左翼、反日や人権何とかの人たちだけの問題ではありません。

なぜなら、結果的にリンチ、イジメがまかり通ってしまっているからです。

「それはおかしい」という声は上がっても、その勢力でそういう愚をやめさせるまでにいきません。

それもサイレントマジョリティーなのでしょうか?

悲しい習性です。

そしてそれを放っておくと、それが事実として残ってしまいます。

イジメやリンチは、正に日本人の長所に結びついていると思います。

表裏一体。

和を尊重する、日本人の長所の裏返しです。

国際客船が沈む時のジョークがあります。

乗客に、船を捨てて早く海に飛び込むことを促すアナウンスです。

アメリカ人の場合は「今飛び込めばヒーローです」

ドイツ人の場合、「決まりなので飛び込んで下さい」

イギリス人の場合、「ジェントルマンならすぐに飛び込んで下さい」

フランス、イタリア人の場合、「今飛び込むと女性にモテますよ」

そして日本人の場合です。

「もう皆さんとっくに飛び込みましたよ」

そうなんです。

日本人の悲しい習性は、皆んなに合わせてしまうことなのです。

金太郎飴です。

生まれてからずっとそういう中で生きてくれば、どうしてもそうなってしまいます。

事実を、口に大にして言えないことが玉に瑕(きず)です。

万物に長短ありです。

バイデンさんの息子が中国とあんなでも、アメリカでは引きずり落とされません。

日本ならすぐに非難、ヤジがごうごうで引きずり下ろされます。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

日本人の、どうしようもない短所」に3件のコメントがあります

  1. そうですね、私にも人に合わせるところあります。つまり、私自身筋が通ってないってことなんでしょうね。

  2. 森 事実? あれは ハラスメントって言うんです。 日本はハラスメントの国 あれで良いと思っいるし あれだけで済むから無くならない  許される特に思っている 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。